ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GT-R」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GT-R」に関する情報が集まったページです。

「泡で消す」モリタの消防車「Miracle CAFS Car」、納入2000台突破 国内74%以上の消防本部で活躍
Miracle CAFS搭載車両の無料巡回・点検サービスを開始。はたらくクルマの機能美・信頼です。(2021/6/15)

「GT-Rの検査です、久しぶりに乗ったけどいいですね」 間寛平、愛車「R34」をTwitterで公開 「渋い」「かっこいい」と好評
ガチのカスタムR34!(2021/6/1)

ついにきたぁぁ! 鬼滅の刃×SLプラレール「プラレール 鬼滅の刃 無限列車」が発売、キャラ5体のプラキッズ付き
「鬼滅の刃トミカ 第二弾」も登場〜。悲鳴嶼行冥イメージのランクルなど。(2021/5/11)

「鬼滅の刃トミカ」に第2弾 義勇は「スープラ」、煉獄「GT-R」、しのぶはテントウ虫こと「スバル360」
タカラトミーは、「鬼滅の刃」に登場する5人の“柱”をイメージしたトミカを7月中旬に発売する。価格は各880円(税込)。(2021/5/10)

ハコスカGT-RとS30Zのアレだぁぁ! 旧車ファン涙の渋すぎる「椅子」がすごい、しかも日産公認
ガレージにあったら渋く決まりすぎちゃうるやつ〜。(2021/4/30)

「NFC」内蔵だと!?!? トミカがハイテク超進化「スーパースピードトミカ」登場 何かSUGEEEE!
スマホ連動の新世代トミカですよぉぉ。昭和世代涙の「ドライビングターボ」も!(2021/4/20)

電子ブックレット(メカ設計):
食品3Dプリンタ/2ステップ金属造形/旧車パーツ復刻生産
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2021年1〜3月に公開した3Dプリンタ関連のニュースをまとめた「3Dプリンタニュースまとめ――2021年1〜3月」をお送りします。(2021/4/19)

日産「GT-R NISMO」22年モデル、トミカになってハッピーセットへ 実は「ひみつのおもちゃ」
日本マクドナルドは、日産自動車の「GT-R NISMO」(22年モデル)のトミカが「ハッピーセット」のおまけになると発表した。4月30日から販売する。(2021/4/14)

日産、「GT-R NISMO」2022年モデルを公開 さらに本気モードの“ワークスチューン”エンジンを搭載
やっぱりハンパない徹底っぷり。気になるお値段は……?(2021/4/14)

特別仕様も:
日産、「NISSAN GT-R NISMO」2022年モデル先行公開 マックとのコラボも発表
日産自動車が「NISSAN GT-R NISMO」と「NISSAN GT-R NISMO Special edition」の2022年モデルを先行公開した。(2021/4/14)

やっちゃえ! 今年は「GT-R」コラボ マクドナルドのハッピーセットが“また”GWのオトーサン狙い撃ち♪
毎年恒例。また買い集めちゃうやつです。(2021/4/14)

“ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
コンディションは「フルオリジナル」のバリ極上。(2021/4/9)

旧車・歴史的名車の祭典「オートモビルカウンシル 2021」が開幕
幕張メッセで4月11日まで、旧車好きの人はぜひ〜。(2021/4/9)

「FR」にピクンと反応クルマ好き トラックやハイエースも「FR」、路線バスは「RR」、そのワケは?
どの駆動方式が好きですか?(2021/4/8)

軽自動車にあって高級セダンにない…… 不思議な装備「リアワイパー」って必要?
使っていますか? リアワイパー。(2021/4/6)

自動車業界の1週間を振り返る:
素材メーカーが指摘する「ナイロン不足で慌てない会社」の特徴
土曜日です。1週間、おつかれさまでした。週末でものびのびするどころではないという人もいらっしゃるかもしれません。年初から車載半導体の供給不足、航空便や船便といった物流網の逼迫(ひっぱく)、2月の米国テキサス州での大寒波の影響を受けた素材メーカーのフォース・マジュール宣言といったイレギュラーな出来事が続いていました。(2021/3/27)

モータースポーツ超入門(5):
GRスープラやNSX、GT-Rが競うスーパーGT、共通化と競争領域を使い分け
最高峰のGTレースにして、世界でも類を見ないコンペティティブな環境が整うレースカテゴリーが日本に存在する。それがスーパーGTだ。上位クラスのGT500ではトヨタ自動車、ホンダ、日産自動車が三つどもえの戦いを展開し、下位のGT300ではポルシェやランボルギーニ、フェラーリといった世界の名だたるスーパースポーツカーが参戦する。(2021/3/23)

自動車業界の1週間を振り返る:
“避けられない不可抗力”が増えていく時代にどう備えるべきなのか
これまでMONOistでは「いまさら聞けない」というタイトルで、製造業にかかわるさまざまな物事を解説してきました。つい最近、私自身にも「いまさら聞けないけど常識っぽいぞ……」という言葉との出会いがありました。その言葉は「フォース・マジュール(Force Majeure)」です。(2021/3/20)

「シーマ一筋30年」伊藤かずえさんのシーマ、日産がガチレストア 「新車時と同じ状態に戻す」
「やっちゃえ、日産!」でやっちゃいます。(2021/3/17)

3Dプリンタニュース:
3DプリンタでR32型スカイラインGT-R用の補修部品を復刻生産
SOLIZEと日本HPは、日産自動車の生産終了となったヘリテージ車両の補修部品の共同開発とオンデマンドによる製造を開始する。3Dプリンティング技術「HP Multi Jet Fusionプラットフォーム」を用いて、R32型スカイラインGT-Rのハーネス用プロテクター(樹脂部品)を3Dプリンタで生産可能にした。(2021/3/17)

「たんと積めるからタント、ではない」 ダイハツが公式Twitterで明かした「車名の由来」が面白い
岩石って。(2021/3/16)

金ピカ&彫刻のド派手仕様 日本生まれの激ヤバカスタム「GT-R」がドバイで売りに出される 価格は約6000万円
派手オブ派手。(2021/3/12)

香港警察、迷惑スーパーカー軍団を一斉検挙 フェラーリ、ポルシェ、ランボルギーニなど45台を一網打尽に 違法改造されたGT-Rの姿も
騒音で現地住民を悩ませていました。(2021/3/9)

シーマ一筋30年の伊藤かずえ、日産の“新車”に興味? ファンからは初代シーマとの2台持ちを勧める声も
手入れをしながらシーマに30年以上乗っている伊藤さん。(2021/3/8)

メカメカしいルックスがイイ感じ レクサス「IS350 スポーツセダン」をモチーフにしたオリジナルスニーカーがかっこいい
レクサスのロゴもしっかり配置されています。(2021/3/2)

「GTOをEVのドリ車仕様に鬼改造……本気ですか?」 バーチャルオートサロンでド目立ち「魔改造&すげークルマ」
2021年もSUGEEEやつたくさん……でも、ほんの一部です。(2021/1/28)

はたらくクルマと大人の皆さん「カックイ〜!」 乗りもの大好きキッズの日常に「こちらこそありがとう」「がんばるよ」の声あふれる
キッズのキラッキラなお目々を見たらもう。(2021/1/22)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
リニアリティって何だ?
おそらく2020年は日本の自動車のビンテージイヤーになると思う。20年のクルマたちは、もっと総合的な能力で世界トップといえる実力を持っている。その総合力とは何かといわれると、それはおそらくリニアリティの圧倒的な向上だ。(2020/11/30)

「ランフラットタイヤ」はなぜパンクしても走れるの?
タイヤの側面に秘密があります。(2020/10/27)

デカい! 迫力の怖い顔に変身、日産が「エルグランド」を刷新 最上位グレード「VIP」で789万円から
広々後席でふんぞり返りたいな。(2020/10/12)

広報課の新人は伝説のパトカー!? 愛知県警のスーパーパトカー「GTO」が異動、県警の「顔」としてTwitterに登場
GTO「愛知県警の顔としてがんばっていく所存」(2020/10/10)

GT-Rの次はレクサスかよ! 栃木県警、新スーパーパトカー「レクサス LC500」採用 会社役員男性が寄贈
ちなみにレクサスLC500のお値段は1400万円ほどです。(2020/9/22)

きたぁぁ! 日産「次期フェアレディZ」発表、V6ツインターボ+6MT搭載のピュアスポーツ
プロトタイプですが「デザインはほぼ決定」とのことです。【画像74枚】(2020/9/16)

こ、これがボルボー!? 「ボルボ P1800 シアン」登場、1960年代の名車が現代技術で衝撃の復活
かっこよすぎる……! 「ただ者じゃない」感ハンパないです。(2020/9/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
シトロエン・ベルランゴ 商用車派生ミニバンの世界
商用車と商用車ベースのクルマにはまた独特の良さがあって、筆者もそういう世界は聞きかじり程度に知っている。こんな世界にこの8月、ニューカマーとして日本市場にやってきたのがこのシトロエン・ベルランゴである。いろいろ覚悟ができる人にとって、ノア/ボクシーを避けつつ、家族をもてなすクルマという意味での存在価値はそれなりに高い。さらにいえば、運転することの楽しさも放棄しないで済む。(2020/9/7)

うそ、だろ、なんじゃこりゃあああ! あの「プリウス」をまさかのキャンピングカーに魔改造
初見の後載せ異物感すごい。でも、超いい……!(2020/8/27)

最大出力2200馬力オーバー!? 日産「GT-R」を徹底的にチューニングしたモンスターマシンがやばい
時速60マイルから130マイルまで2.55秒で到達します。(2020/8/17)

デコトラ風ガルパン痛車からかわいい痛カブも 「エビス痛車祭り2020」で見かけた痛車まとめ第2弾
スポーティな痛バイクもサーキットに集結!(2020/8/9)

「かっこよすぎ」「これは映える」 夏の北海道で撮影した初代フェアレディZ(240Z)の写真が素敵すぎる
これはドライブしたくなるわ……!(2020/8/3)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ダイハツ・タフトのターボが選ばれそうな理由
スズキのヒットモデル、ハスラーのライバルと受け止められるであろう、ダイハツのタフト。キャラクター面で見ても、デザインコンシャスなスタイルでどちらも道具性を押し出したデザインだ。最終的な印象ではタフトはかなり良いクルマだと思う。ただし、ターボモデルに限る。(2020/8/3)

見た目はあのクラシックミニ、でも実は……!! 「オートモビルカウンシル 2020」で見つけたビックリ新型車
すごいクラシックミニが販売されていました!(2020/8/1)

昔はこんなガチなマシンが結構安く買えた メーカー直系のぶっ飛びコンプリートカー5選
みんな知ってる伝説のクルマから、知る人ぞ知るやりすぎマシンまで、「あの」5台を振り返ります。(2020/7/30)

ディスカバリーのDplayで「トップギア」“ほぼ”全エピソードを配信
うぉぉー! あの伝説番組ですよぉぉ。(2020/7/29)

「絶対止まる」 鈴鹿サーキットの「検温ピットストップ」がめっちゃいいと話題に
よろこんでピットインします!(2020/7/20)

SUVスタイル+航続距離610キロのツインモーター四駆! 日産本気の新型EV「アリア」、気になるスペックは?
「日産」のブランドロゴも一緒に変更です。(2020/7/15)

怪獣王の名は伊達じゃない GT-Rをオフロード仕様にカスタムした「Godzilla 2.0」発表
高めの車高と太いタイヤがゴツくてカッケぇ!(2020/7/13)

さすがにレアすぎ!? 50年前の名車オブ名車「トヨタ 2000GT」の純正部品が復刻再生産
何台残ってるんでしょうか……。でも取り組み自体が熱いです。(2020/7/8)

旧車、ピカピカに再生します ホンダ、伝説バイク「VFR750R」のリフレッシュサービスを開始
うぉぉー! VFR750R、プロアームがかっこよすぎ〜。(2020/7/2)

ついに出るぞぉぉ! 日産、“本気"の新型EV「アリア」チラ見せ 7月15日発表
「GT-R譲り」のツインモーター四駆なEVですよぉぉ。(2020/7/1)

つまみはハコスカ、日産が「新型柿の種」マジ開発 先端加工技術で「種の抜型」製作
フィガロもいいよね。(2020/6/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。