ITmedia NEWS >
レビュー
» 2015年12月04日 08時00分 公開

「FUJIFILM X-T10」のレンズ選び 標準単焦点レンズ編 (2/2)

[三井公一,ITmedia]
前のページへ 1|2       

XF35mmF1.4 R

XF35mmF1.4 R 絞り優先AE(F8、1/1250)、ISO200、WBオート、-1.67EV

 このレンズの重厚で濃厚な写りが好きだ。ハイライトからシャドウへの連続感、品のある発色など、一度はX-T10に装着してシャッターを切ってみてほしいものだ。

XF35mmF1.4 R 絞り優先AE(F1.4、1/1700)、ISO200、WBオート、-2EV

 装着時約50ミリという焦点距離はオールマイティーに使える長さだ。初めての単焦点レンズとしてX-T10に迎え入れるのもいいだろう。F1.4と明るく、レンズ本体の仕上げも美しく、写りもとてもいいものだから。街中でのシーンを印象的に捉えられるだろう。

XF35mmF1.4 R 絞り優先AE(F1.4、1/680)、ISO200、WBオート、+0.33EV

 絞り開放でのボケ味もたまらない。やや柔らかめの描写となるが、それがポートレートには向いている。やや絞ってやればたちまちシャープさが増し、切れ味鋭い描写となる。F2の新しいモデルもいいが、この感じも捨てがたい。じっくり撮り比べてX-T10に迎え入れてほしい。

画角比較

 X-T10はAPS-Cフォーマットなので、1.5倍した数字が実焦点距離となる。開放F値、レンズとボディのバランス、撮影する被写体に応じてレンズをチョイスしよう。

XF23mmF1.4 R XF23mmF1.4 R
XF27mmF2.8 XF27mmF2.8
XF35mmF1.4 R XF35mmF1.4 R

(モデル:沖本光希 オスカープロモーション)

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.