世界で勝つ 強い日本企業のつくり方
ニュース
» 2010年01月07日 08時00分 公開

10年後では遅い――アジア進出を図るECナビの狙い世界で勝つ 強い日本企業のつくり方(2/2 ページ)

[聞き手:怒賀新也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ネットリサーチを本格展開

ITmedia 今後のアジアでの事業展開を教えてください。

宇佐美 中国向けのネットリサーチサイトを2009年10月30日に開設しました。ポイント特典により1カ月で1万人の会員を獲得しました。さまざまな企業にリサーチ基盤として広く提供します。

 11月27日から30日に実施した「快速問答」には、5353件の回答と1903件のコメントが寄せられました。

 ちなみに質問は例えば「中国に“成家立業”という諺があります。“成家”は“家庭を築く”、“立業”は“仕事に専念する”ことで、仕事に専念したければ家庭を先に築かなくてはならないという意味です。では実際に“家庭に専念すること”と“事業を始めること”のどちらを優先するべきでしょうか」というもの。

 回答は、「事業を先に始めてから家庭を築く」が51%で1位、以下、「家庭を先に築いてから事業を始める」が29%、「どちらともいえない」が16%、「独身主義です」が4%だった。コメントには「事業を築けなければ結婚できない。お金がなければ何もできないから」など、現実的な声が寄せられています。

 この事業を運営する100%子会社「Research Panel Asia」を10月30日に設立しました。リサーチ機能をすべて提供するのではなく、基盤機能に特化します。その上で、中国だけでなくベトナムなどアジア全体に水平展開していきます。今後のアジア経済の成長を見据えた場合に、2013年には世界のオンライン人口が22億人に達し、その43%がアジアになると見込まれています。欧米など海外企業のアジアへの投資意欲が強まっています。われわれが培ってきたリサーチ事業のノウハウを生かし、海外企業が求めるアジア市場のリサーチニーズに対応していく考えです。

【ITmedia エンタープライズ『世界で勝つ 強い日本企業のつくり方』連動アンケート実施中】

お勤め先の海外進出状況などについて、ご意見をお聞かせください。

抽選で10名様に、『Amazonギフト券(3000円相当)』をプレゼント!

アンケートフォームへ。


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連ホワイトペーパー

ソニー | Amazon(アマゾン)


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ