ニュース
» 2010年04月27日 11時45分 公開

Facebookは「Open Graph」でWebを征服するのか (2/2)

[Clint Boulton,eWEEK]
eWEEK
前のページへ 1|2       

5. 気味が悪ければオプトアウト

 こういったことを気味悪く感じる人もいるかもしれない。その場合、サービスをオプトアウトすることは可能だが、一筋縄ではいかないようだ。Facebookによると、オプトアウトしてもアプリケーションをブロックしないかぎり、友達がこれらのパートナーサイト上で自身のエクスペリエンスをパーソナライズするために、あなたに関する公開Facebook情報をまだ共有している可能性があるという。

 パートナーサイト上でFacebookの通知に対して「No Thanks」をクリックすると、パートナーはあなたのデータを削除する。友達があなたの情報をインスタントパーソナリゼーションパートナーと共有できないようにするには、そのアプリケーション(Docs.com、Pandora、Yelpなど)をブロックしなければならない。

6. Facebookの狙いとは

 共有環境を拡大し、広告ターゲティングを改善するためだ。とはいえ、Facebookはソーシャル広告をWebサイトに掲載する方法については、計画をまだ明らかにしていない。

 Altimeter Groupのアナリスト、ジェレマイア・オーヤン氏は、FacebookがWebの植民地化を目指していると考えており、次のように指摘する――「このように集約されたすべてのソーシャルコンテンツは、ユーザーとその友達の好みに関する強力なデータベースを創出させる。これは、Webエクスペリエンスとソーシャル広告のカスタマイズ化に道を開くものだ」

7. Facebookの支配力

 Fast Companyのロバート・スコーブル氏は、多数の著名なギークや専門家が懸念している問題点をまとめている。数年後には、Likeボタンを組み込んだWebサイトが例外ではなく標準になるとスコーブル氏は指摘し、「これはWebに対する強大な支配力をFacebookに与えるだろう」と語る。

 わたしが懸念するのは、Facebookが邪悪な存在になり、その立場を競合企業に対して利用するのではないかということだ。Appleが競合企業に対してアプリの提供を許可しないのと同じだ(Google VoiceをiPhone上で動かしている人がいるだろうか)。Facebookが、例えばNew York Timesを遮断したいと思えば、それは可能なのだ。これほど強大な権力を1つの組織に与えるのは危険だ。たとえ、わたしが信頼しているFacebookのような企業であってもだ。わたしがGoogleにこの問題の打開の手掛かりを期待しているのもそのためだ(同社はまだ期待に応えていないが)。

8. Googleの立場はどうなる

 GoogleはFacebookのようなソーシャル指向の企業ではなく、多くの人々は、Googleではなく、新しいソーシャルWeb計画を打ち出したFacebookが主要な検索・広告手段になると考えている。

 Deep Focusのアイアン・シェイファーCEOはAdvertising Ageに「人間関係、好み、場所、仮想インタラクションなどから収集した情報はいずれ、広告主にとってクリックスルーや検索傾向よりも貴重なものになるだろう。これはFacebookがやがて、広告分野でGoogle AdWordsやAdSenseをしのぐ存在になる可能性があることを意味する」と書いている。

9. Open Graphは邪悪

 GoogleでWebのオープン化を推進するクリス・メシーナ氏は、FacebookのOpen Graph APIはあまりオープンではないと考えているようだ。

 すべての好みがFacebookにつながり、好みを示すためにはFacebookのアカウントが必要になり、人々とコンテンツとの間のインタラクションをめぐるメタデータや好み情報のすべてをFacebookが取り込むようになれば、エコシステムから可能性と混沌(こんとん)が奪われる。この2つの要素がIT業界を面白く、競争に満ちたものにさせているのだ。セマンティックレイヤーとアイデンティティーレイヤーがWeb上に出現することと、これらのレイヤー上のすべてのインタラクションが1社のプロバイダーを経由するようになるのとは、まったく別の話だ。

10. Facebookに対抗するOpenLike

 FacebookのユニバーサルなLikeボタンに対して、オープン標準推進論者の多くが批判的だ。Hunchの共同創業者のクリス・ディクソン氏は、FacebookによるソーシャルWeb推進の動きに反発し、Webサイト間でソーシャルデータを共有するための標準ベースのアプローチとして「OpenLike」をほかのプログラマーたちと共同で開発した。

 「FacebookとTwitterがWebを支配しようとしているのに、皆、居眠りしているように見える」とディクソン氏はGigaOmで述べている。OpenLikeは影響力を及ぼすことができるだろうか――Googleがそれを採用して後押しすれば、恐らく可能だろう。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

前のページへ 1|2       

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

注目のテーマ