ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソーシャルメディア広告」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「大復活」のインバウンド消費 取りこぼさないために重要な「MEO」とは?
ようやく「復活」といっても良さそうなインバウンド市場。2023年12月は19年比で110%近い成長を見せた。このチャンスを生かすために、知っておくべきポイントを有識者が解説する。(2024/1/31)

「生成AI」で広告制作はどう変わるか【前編】
Amazonが「画像生成AI」を提供する狙い “映える”イメージ作成が可能に
Amazon.comは2023年10月、広告用画像を自動生成できる生成AIツールを発表した。広告制作は具体的にどう変わるのか。Photoshopなど他ツールとの比較する際に注意すべきポイントとは。(2024/1/18)

グッドパッチとUXの話をしようか:
ユーザー調査の「使いたいと思います」を信じてはいけない、3つの理由
新商品の発売前などに「ユーザー調査」を実施する企業もあるかと思います。その中で「使いたいと思いますか?」という設問への回答は信頼すべきではないようです。なぜかというと……(2024/1/17)

広告はAIでどう変わるのか【後編】
YouTubeでも開始 SNS広告は「AI」で考えるのがトレンドに?
YouTubeは新しい広告AIサービスの提供を発表した。マーケティング担当者にとってどのようなメリットが期待できるのか。他のSNSの動向と併せて紹介する。(2023/12/19)

Marketing Dive:
TikTok、CTV、ゲーム Z世代の心をつかむ最適解は?――Forresterの2024年広告業界予測【後編】
米国のB2Cマーケティング幹部の8割がZ世代とミレニアル世代を重要視している。彼らにリーチするためにトップブランドが狙う場所は。(2023/12/14)

Marketing Dive:
史上最も裕福な「X世代」がなぜかマーケターにガン無視されている件
Z世代攻略はマーケティングに携わる者の重要テーマだ。しかし、彼らの親の世代の消費ポテンシャルを見落としてはならない。(2023/11/22)

廣瀬涼「エンタメビジネス研究所」:
“実写にしか見えない”伊藤園「AIタレント」の衝撃 なぜ注目されたのか
伊藤園が公開した、新商品「お〜いお茶 カテキン緑茶」のCMが話題だ。登場する女性が、AIで生成されたキャラクターだったからだ。人々はなぜAIタレント(架空の人間)にそこまで注目するのだろうか。(2023/10/29)

ネット広告にだまされやすいのは20代男性──消費者庁調べ
消費者庁は19日、ネット通販やSNS広告で見られる「大幅値下げ」や「期間限定」といった宣伝文句にどのような人が影響を受けやすいか調査した結果を発表した。(2023/9/20)

ITmedia マーケティング用語集:
【用語解説】デジタル広告
サードパーティーCookie廃止でデジタル広告はどうなる?(2023/9/30)

グッドパッチとUXの話をしようか:
生成AIには作れない、「文字だけ」の防災広告 足りないのはUXデザインの視点
インターネット広告業界で生成AIが重宝されている。大量のパターンの画像や文言を瞬時にアウトプットできるからだ。「生成AIがあれば怖いものなし」にも思えるが、そんな生成AIにもまだ「作れない」広告はある。そこで足りないのは「UXデザイン」の視点だ。(2023/9/8)

今日のリサーチ:
外資系マーケ担当者の4分の3以上が「日本のPR・マーケティング戦略は海外と異なる」と回答――IDEATECH調査
日本市場のニーズの把握、日本市場に特化した戦略の立案の重要性がますます高まっています。(2023/8/22)

今日のリサーチ:
2023年上期におけるインターネット広告費は「横ばいまたは減少」が64.4%――CCI調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象に実施した、2023年上期のインターネット広告市場動向およびこれからの広告指標に関する調査の結果です。(2023/8/18)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
生成AIが変える動画広告の未来は明るい? 暗い?
デジタルマーケティングやCXに関する気になるニュースを最近のリリースからピックアップして紹介する。今週は、生成AI技術を活用した映像生成サービスなどに注目。(2023/6/3)

1947年から、過去最高:
2022年のネット広告費、3兆円を突破 23年はどうなる?
CCI、電通デジタルを含む5社は「2022年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」を発表した。インターネット広告は年々伸長しており、今後もこの傾向は続きそうだ。(2023/3/14)

Marketing Dive:
不況下で注目を集める新興ソーシャルメディアの「意外な名前」
不況下の米国では広告予算の再配分が重要な課題となっている。調査会社Advertiser Perceptionsのレポートによると、かなりの数の広告主が最近ソーシャルメディア予算を増やしている。(2023/2/6)

偽サイト被害の相談が前年度の約2倍に 国民生活センターが注意喚起 「価格だけに目を奪われないで」
国民生活センターは30日、ネット通販サイトを装った偽サイトについて全国の消費者センターに寄せられた相談が22年度は前年の約2倍に増えているとして注意喚起した。(2023/1/31)

「勝手にTikTokコンサルの資料に掲載された」焼き鳥店が困惑のツイート コンサル会社は「言い訳できることはありません」と謝罪
資料は削除したとのこと。(2022/11/20)

企業のSNS運用担当者に聞く:
企業公式アカウントとして力を入れているプラットフォーム Twitter、Facebookを抑えて1位になったのは?
Webマーケティングメディアを運営するニュートラルワークス(神奈川県茅ケ崎市)は、「企業の公式SNSアカウント運用に関する意識調査」を実施した。(2022/11/11)

今日のリサーチ:
2023年のソーシャルメディアマーケティング市場は1兆899億円、前年比117%の見通し――サイバー・バズ調査
サイバー・バズはデジタルインファクトと共同で、企業によるソーシャルメディアを活用したマーケティング目的の年間支出額を推計、予測しました。(2022/11/2)

自宅写真が勝手にSNS広告に使われていた……家主「驚きであ然」 ツイート拡散し住宅会社と素材販売会社が謝罪
(2022/10/18)

Marketing Dive:
InstagramとTikTokをインフルエンサー目線で比較、勝者は?
2022年もInstagramがインフルエンサーマーケティングの王者となる見込みだ。TikTokとの競争が激化する中でInstagramをはじめとする各社はどのような施策を打つのか予測する。(2022/10/18)

今日のリサーチ:
ソーシャル広告に対する消費者の意識 不適切な広告の配置は商品の購入意向にマイナスの影響――IAS調査
ソーシャルメディア上のコンテンツの文脈に沿ったインフィード広告に対して消費者の意識がどのように変化し、それがブランド・広告主企業に対する見方や購買意欲にどう影響を与えているのでしょうか。(2022/4/5)

全マーケターに告ぐ!:
PR:トランスコスモス事例に学ぶ、DX時代の救世主・アドエビスの“効果が見える”Webマーケティングとは
近年、PCをはじめスマートフォンやタブレットの個人所有は当たり前になっているが、それに加えてコロナ禍により消費者行動のデジタルシフトが一気に加速。広告戦略の主戦場はいまやデジタルであり、リスティング広告、ディスプレイ広告、SNS広告に動画広告など多様化が進んでいる。散在するデータを一元管理し、費用対効果を正しく見極め、より有用なマーケティング施策を打つためにはどうすればいいのか?(2022/2/18)

今日のリサーチ:
世界の広告費成長率がV字回復 2021年は17%成長で2019年の水準を上回る
電通グループは、世界59市場から収集したデータに基づき取りまとめた「世界の広告費成長率予測(2021〜2024)」を発表しました。(2022/2/1)

Marketing Dive:
いっそ「Amazonシフト」もあり? 広告主を直撃する“サプライチェーン危機”をうまく切り抜ける方法
需要の急増や労働力の減少、ロジスティクスの諸問題の中で、広告主は幾つかの打ち手を模索する必要がある。(2022/1/7)

リアルとネットの相乗効果:
旅客激減の羽田空港が、ECの売り上げを“1年で100倍”に キーワードは「デパ地下客」
コロナ禍で羽田空港の航空旅客数とともに、空港での商品売り上げも減少──。しかしECに注力し、1年間で月別最大5倍ほどアクセス数を伸ばした日本空港ビルデング。急成長の鍵は「デパ地下客」だった。(2021/10/22)

ヒットの秘密はマーケティングにあり:
400万食を突破した一蘭のカップ麺、なぜ「具ナシ」なのか?
一蘭が20年かけて開発したカップ麺が400万食を突破した。4秒に1個売れている計算だという。そんな「一蘭 とんこつ」だが、実は具が入っていない。なぜ具ナシを採用したのだろうか? また、カップ麺にかけたこだわりや販売のマーケティングについても聞いてみたところ……(2021/9/7)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
Googleアナリティクス最新バージョン「GA4」はWeb解析業務をどう変えるのか
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパートが毎月リレー形式で解説。初回は「GA4」をテーマにお届けします。(2021/9/1)

「購買」が起点:
楽天が本気で進める「オムニコマース」 1億超のIDがオンラインとオフラインの体験をつなぐ
楽天グループが広告事業の領域をオンラインからオフラインまで拡大させている。1億を超える楽天IDのデータを集客と顧客エンゲージメントの向上にどう活用できるのか。担当者に聞いた。(2021/7/15)

広告コピー生成、効果予測、チャットbot他:
電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学習したAI技術をモジュール化し、ニーズに合わせて組み合わせてWebアプリとして提供するものだ。開発の狙いについて聞いた。(2021/6/16)

広告による新規獲得の効率が悪化している今だからこそ:
EC企業が今、UGCを活用すべき理由
さまざま企業がECへの取り組みを加速させる中、新規顧客の獲得はますます重要になっている。一方で、そのための手段として重要なデジタル広告は、期待されるほどの効果を出しにくくなっている。この困難な状況をどう乗り越えればいいのか。デジタル広告のエキスパートが解説。(2021/4/14)

Twitter、ソーシャルPodcastのBreaker買収 アプリは数日後にシャットダウンの予定
Twitterが、ソーシャルPodcastアプリのBreakerを買収した。Breakerの創業者でCTOのリア・カルバー氏は「Twitter Spaces」チームに参加する。アプリは1月15日にシャットダウンの予定だ。(2021/1/5)

ローソン、短期人材採用サービスを全国導入 人手不足解消を目指す
ローソンは、短期人材採用サービス「matchbox(マッチボックス)」の導入実験を開始した。(2020/12/22)

新生活に対応:
売れたのは「マスク」だけではない 想像していなかったヒット商品は?
新型コロナの感染拡大を受けて、マスクが爆発的に売れた。その一方で、思いがけないモノが売れている。それは……。(2020/12/2)

今日のリサーチ:
2020年のソーシャルメディアマーケティング市場は5519億円に――サイバー・バズ/デジタルインファクト調べ
ソーシャルメディアマーケティング市場は順調に成長しているようです。(2020/10/15)

今日のリサーチ:
2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインターネット広告市場の動向に関する調査結果です。(2020/8/7)

有料画像を購入前に加工できる「PIXTAエディター」 4800万点以上の素材に対応
デジタル素材サイト「PIXTA」で、有料画像を購入前に編集・加工できる機能が登場。4800万点以上の素材に対応し、編集した画像をそのまま購入、ダウンロードできる。(2020/7/20)

今日のリサーチ:
コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティング施策について不安やノウハウ不足を感じる」と回答しています。(2020/7/1)

今日のリサーチ:
コロナ禍のマーケティング活動 今後注力する取り組みの最多は「SNS活用/SNS広告」――AMN調査
新型コロナウイルス感染拡大がマーケティング活動へ及ぼした影響について、約160社に調査しています。(2020/6/5)

今日のリサーチ:
「2019年 日本の広告費」におけるインターネット広告媒体費の詳細――電通グループ4社が分析
媒体の種別でみると動画広告が飛躍的に伸長しており、取引手法では運用型広告が全体の約80%を占めるに至りました。(2020/3/18)

「チャイボーグ」「ピープス」「病み加工」「タトゥーシール」:
「JKトレンド予測」ランキング 2020年は「オタク」と「病み系」がけん引
「現役女子高生の2020年トレンド予測および2019年下半期トレンド」に関する調査。有名人は「オタク」、アイテムは「病み系」がそれぞれ2020年のJKトレンドをけん引するようになると分析している。「2020年に流行しそうな人・アイテム」の具体的な内容は?(2020/2/14)

今日のリサーチ:
OTT、アドベリフィケーション他 インターネット広告関係者が予測する業界トレンド――IAS調査
IASがまとめた世界8カ国の業界関係者への意識調査「Industry Pulse 2020」の結果です。(2020/2/4)

今日のリサーチ:
購入動機となるSNSは「YouTube」が全体で最多、若年層では「Instagram」が断トツ――Macbee Planet調べ
SNS投稿で重視するもの。10〜20代は「投稿の見た目」で50〜60代は「投稿の内容」だそうです。(2019/12/20)

新規獲得をどうしている?:
「スタディサプリ」「メチャカリ」「BASE FOOD」「THEO」 サブスク型ビジネスにおける広告戦略
サブスクリプションビジネスにおける広告戦略や新規顧客獲得について注目サービスを展開する企業のマーケティング責任者が語った。(2019/11/19)

今日のリサーチ:
B2B企業のWebマーケティング、「自社の施策は効果的」と考える担当者は6割以上――ネオマーケティング調査
B2B商材を扱う企業のWebマーケティング担当者573人の活動実態を調査。(2019/10/4)

訪日客向けプロモーションにInstagram:
ANAの「インバウンド×インスタ」施策、海外では認知度の低い日本ブランドをどう訴求する?
日本では知らない人がいないナショナルブランドでも海外で同様の認知を獲得できているとは限らない。訪日需要をつかむためANAが展開するグローバルマーケティング施策について、担当者に話を聞いた。(2019/9/9)

今日のリサーチ:
「企業のマーケティングのために個人情報を参照されたくない」人は53.5%――アドビと電通デジタルが調査
「消費者のデジタル体験に関するインサイトリサーチ」の結果です。(2019/7/29)

デジタル広告費のシェア、総広告費の4割超に テレビ広告との差が開く 電通が予測
2019年には、世界のデジタル広告費が広告費シェアの41.8%を占める――電通イージス・ネットワークが、そんな予測を発表。(2019/6/13)

炎上の予兆を未然に検知
“ネット炎上”対策を自動化 SNSへの書き込みを解析するツールが充実
従業員のSNS投稿やユーザーの口コミが“ネット炎上”のきっかけとなることがある。ネット炎上が企業に及ぼす影響が大きくなる中、その対策を目的としたツールが充実しつつある。(2019/5/21)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「Taboola」「Adblade」「Innovid」 ネイティブ広告&ビデオアドネットワーク市場の世界動向
他社はどのツールを導入しているのか。営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」のデータから今月はネイティブ広告とビデオアドネットワークの市場動向を探る。(2019/3/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。