ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

  • 関連の記事

「UGC(User Generated Contents)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新時代」のマーケティング教室:
デジタル時代、顧客の参加で変わる「4P」 ユーザーのハッキングまでも認める「共創」とは?
マーケティング理論として知られる「マーケティング・ミックス」(4P)。デジタル時代にどう変わっている? 東京都立大学経済経営学部の水越康介教授が解説する。(2020/8/19)

企業SNS「中の人」がいま考えるべきこと:
SNS活用から紐解く、コロナ時代の企業コミュニケーション
社会を大きく揺るがした新型コロナウイルス。これにより、消費者のSNS利用時間は増加するする傾向に。この傾向や、新型コロナは企業のコミュニケーションにどう影響を与えたか? 新進気鋭のメディアリサーチャー・天野彬氏が解説する。(2020/7/15)

広告プラットフォームをリブランディング:
「TikTok For Business」誕生 中小企業支援やクリエイターとのマッチングで新展開も
TikTokでブランドの声を広げるための新しいプラットフォーム「TikTok For Business」が誕生。運営会社のBytedanceで広告事業のトップを務める西田真樹氏が詳細を語った。【訂正あり】(2020/7/13)

安倍首相の「うちで踊ろう」動画、”事前確認なし”は問題か?
星野源さんの「うちで踊ろう」動画とコラボした安倍晋三内閣総理大臣の動画が批判を浴びた。首相が投稿したのは星野さんのオリジナル動画を使った動画で、著作権侵害だとの声もある。法的にはレッドカードが出そうな案件だが、今回の投稿に問題はあったのだろうか。(2020/4/23)

エキスパートが語り下ろすモダンマーケティングの論点:
訪日インバウンド施策はなぜうまくいかないのか
2019年は訪日外国人数が過去最多となった。2020年はオリンピックイヤーとして成長がさらに加速すると期待される。しかし、多くの企業や自治体が「訪日インバウンド」に向けて打つ施策には、何かが欠けていないか。(2020/2/7)

企業SNS「中の人」がいま考えるべきこと:
SNS担当者は「中の人」から「そばの人」へ? そのために知っておくべき「3つのM」とは
SNSは、今や必要不可欠な存在となっている。企業側も、マーケティング手法の一環として活用するのが当たり前の時代になってきた。消費者との新たな関係性を築ける一方で、いわゆる「中の人」がトラブルになったり反感を買ったりしてしまうケースも。電通メディアイノベーションラボ主任研究員を務め、SNSに詳しい天野彬氏は、これからの企業SNSは「中の人」よりも「そばの人」になるべきだと解説する。そのために必要な「3つのM」とは。(2020/1/15)

「TikTok Ads Annual Marketing Event 2019」レポート:
「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads」の現状とこれからについて、「TikTok Ads Annual Marketing Event 2019」で明らかになった内容をまとめた。(2019/12/8)

2019年の振り返りと2020年の抱負を幹部が語る:
Twitterにあって他の動画プラットフォームにない提供価値は「話題化」と「話題に乗る」
令和への改元やラグビーワールドカップ2019日本大会をはじめとする大イベントをはじめ、2019年も日本で圧倒的な存在感を示したTwitter。現況と2020年に向けたビジネス展開について幹部が語った。(2019/11/28)

コンテクストをつかむ:
TikTokをマーケティングに活用する企業がショートムービーでユーザーの心をつかむためにやっていること
TikTokをマーケティングプラットフォームとしての可能性に注目している企業は多いだろう。TikTokにはどのような特徴があり、どう活用できるのか。運営会社の中の人が語った。(2019/4/19)

TikTok Ads、クリエイター育成プログラムなど:
TikTokはコミュニケーションプラットフォームとして2019年の日本でどう進化するか
スマートフォン動画を軸にした新しいコミュニケーションプラットフォームとして若者に浸透する「TikTok」。マーケターが注目すべき進化について、最近発表された内容をまとめた。(2019/2/5)

今日のリサーチ:
「食べログ」推奨者はUIを評価、批判者は何が不満?――テスティーが飲食店検索サービスに関する調査を実施
飲食店検索サービス、そしてその中で最も利用率の高い「食べログ」に関する調査レポートを紹介します。(2019/1/29)

「第2のワンピース見つけたい」 ジャンプ編集部がデジタル事業に懸ける思い
「もっと才能ある新人作家と出会いたい」――今や誰もがWeb上で漫画を公開できる時代になったが、少年ジャンプ編集部はそのような漫画業界の変化を受け、デジタル事業への積極的な取り組みを続ける考えだ。(2018/5/12)

ブロッキング対象、なぜ「漫画村」「Anitube」「MioMio」なのか 権利者団体・CODAに聞く
「漫画村」「Anitube」「MioMio」について、政府がISPにブロッキングを促した問題。「権利者はどこまで対策を採ったのか」など疑問の声も上がっている。対象がなぜこの3サイトなのか、また、権利者はどこまで対策したのか。CODAの後藤代表理事に聞いた。(2018/4/26)

航空券を売って終わりではない:
ANAはなぜデジタルでの顧客体験向上を重視するのか
27万ページ超の巨大Webサイトを「動的」なものにするために何が必要なのか。ANAの担当者に、その考え方を聞いた。(2018/3/6)

【連載】ワンイシューで語り下ろすデジタルマーケティング:
インフルエンサーの強みはフォロワー数にあらず
SNSで影響力のある投稿者「インフルエンサー」の力を借りたマーケティング活動に高い関心が寄せられている。インフルエンサーが企業にもたらす価値とは何か。サイバー・バズ代表取締役社長の高村彰典氏が語る。(2018/2/8)

データで振り返るInstagramマーケティングの2017年【前編】:
「インスタ映え」企業アカウントの2017年、共感される投稿のポイントは?――小売&自動車業界
2017年は若者を中心にInstagramが大ブレイク。企業のマーケティング利用も進みました。年の瀬の総まとめとして、Instagramで人気のある企業の最もエンゲージメント数が多い投稿をピックアップして紹介します。(2017/12/27)

Instagramへのユーザー投稿を企業のマーケティングに活用:
SNS広告クリエイティブプラットフォーム「Letro」がリニューアル、UGCを広告以外にも活用可能に
アライドアーキテクツは、Instagramにおけるユーザー投稿を広告に活用するためのプラットフォーム「Letro」をリニューアルしたと発表した。(2017/12/18)

UGCから手軽に動画広告クリエイティブを生成:
UGCを活用したSNS広告クリエイティブプラットフォーム 「Letro」が動画変換・動画収集機能を搭載
アライドアーキテクツは、UGC(ユーザー生成コンテンツ)を活用したSNS広告クリエイティブプラットフォーム「Letro」に、UGC静止画を動画に変換する機能やUGC動画を収集する機能を新たに搭載したことを発表した。(2017/12/7)

【短期集中連載】SNSのフィードになじむ広告 後編:
ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じているのだろうか。今回は実際にUGC広告を展開している企業の担当者に話を聞いた。(2017/11/21)

【短期集中連載】SNSのフィードになじむ広告 前編:
広告はなぜ嫌われるのか? クリエイティブの視点から考えてみる
SNSは今や企業とユーザーを結ぶ重要な接点だが、最適なターゲティングに基づき配信された広告が利用者に快く受け取られるとは限らない。このギャップをどう埋めるか、専門家が解説する。(2017/11/7)

上場に必要なチーム力:
はてなの新規上場を支えた「コミュニケーション」
新規上場を実現するまでには、企業の成長性や健全性などをステークホルダーに証明することが必要だ。2016年2月に東証マザーズに上場した、はてなの取り組みとは? キーワードは「コミュニケーション」だ。(2017/9/22)

24時間で消える期間限定の広告も:
Instagram Storiesに対応、ユーザー投稿を活用したSNS広告クリエイティブプラットフォーム「Letro」が機能追加
アライドアーキテクツはSNS広告クリエイティブプラットフォーム「Letro」が「Instagram Stories」における広告に対応したことを発表した。(2017/9/1)

メディアクラウドプロジェクト:
映像データ処理、従来の10倍以上に効率向上
ソシオネクストは、データセンターにおける映像データ処理の効率を、従来の10倍以上に高めるためのプロジェクト「メディアクラウド」を推進している。2017年秋以降にはパートナー企業と協力し、高効率のサーバ製品を開発、供給していくという。(2017/8/15)

マストドンつまみ食い日記:
アニメ自動録画とマストドンを組み合わせる「foltia ANIME LOCKER 5.0 [with Mastodon]」がすごい
foltiaという、知る人ぞ知るアニメ自動録画システムがある。そこにマストドンサーバが組み込まれる。一体どういうことなのか?(2017/5/27)

オイシックスがInstagram広告施策で導入:
ユーザー投稿を広告に活用できるSNS広告クリエイティブプラットフォーム「Letro」にセルフサーブ型プラン
アライドアーキテクツは、SNS広告クリエイティブプラットフォーム「Letro」で、企業の広告担当者自身がユーザーの投稿を収集してSNS広告に活用できる「セルフサーブ型プラン」の提供を開始した。(2017/5/16)

「SnapDish」と共同で:
アライドアーキテクツ、ユーザーの料理写真を活用したSNS広告サービスを提供
アライドアーキテクツとヴァズは、ヴァズが運営する料理写真投稿専用アプリ「SnapDish」を軸に、ユーザーの料理写真やレシピなどのコンテンツを広告に活用するサービスを提供開始した。(2017/4/24)

「動画は1本40秒、1トピック」――動画配信サービス「C Channel」が実践する制作テクニックとそのビジネス
C Channelの「今」を聞いてきた。(2017/4/14)

Go AbekawaのGo Global!〜Abhijit Shanbhag編:
映像解析技術で世界をより良くする――エンジニア出身社長を突き動かすたった1つの想い
イメージや動画の解析技術を提供し、シンガポールの犯罪減少に寄与するソフトウェアを開発しているテクノロジー企業の代表が常に持ち続けている“純情”な想いとは――。 ※日本のエンジニアへのアドバイス動画付き(2017/2/15)

中国コンシューマー向け直販モデルを確立:
Inagora、中国向け越境ECショッピングアプリ「豌豆公主」で鯖江眼鏡の販売を開始
Inagoraは2016年12月27日、同社の中国向け越境ECショッピングアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」で「鯖江眼鏡」の販売を開始したと発表した。(2016/12/27)

食に特化したソーシャルメディアマーケティング支援を加速:
アライドアーキテクツが料理写真共有アプリ「SnapDish」の運営会社へ出資
アライドアーキテクツは、料理写真共有アプリ「SnapDish  料理カメラ」を運営するヴァズへ出資したと発表した。(2016/9/7)

コンテンツ収集から利用許諾、広告配信までワンストップで:
ユーザーが作成したコンテンツをFacebook広告へ利用可能に、シャトルロックジャパンが支援サービスを提供
シャトルロックジャパンは、ユーザーコンテンツの収集から活用までワンストップで提供するシステム「Shuttlerock」に新サービス「Shuttlerock for Facebook Ads」を提供開始すると発表した。(2016/7/28)

自社の顧客がクリエイター:
Instagramに投稿されたユーザーの写真を広告に利活用、アライドアーキテクツがサービス提供
アライドアーキテクツは、ユーザーがInstagramに投稿した写真や動画などをSNS広告運用に利活用するサービス「Letro(レトロ)」の提供を開始したと発表した。(2016/6/30)

VR市場、立ち上がりは期待外れ? 海外VRベンチャーが語る、ビジネスの課題
16年は「VR元年」とも言われるが、市場の確立にはまだ時間がかかりそうだ。VRビジネスの現状と課題は――海外のVRベンチャーのトップなどが語った。(2016/5/11)

ドコモ、一般クリエイターのECサイト「dクリエイターズ」終了
NTTドコモが、一般ユーザーが作るハンドメイド雑貨を販売するECサイト「dクリエイターズ」を終了する。(2016/3/30)

パックマン美少女擬人化も“公認” バンダイナムコが「カタログIPオープン化」で模索するファンとの新しい関係
バンダイナムコの80年代の名作ゲーム「パックマン」「ゼビウス」などのIPを法人や個人クリエイターに開放し、2次利用や創作を公認する「カタログIPオープン化プロジェクト」が4月に始動した。これからのコンテンツホルダーはUGC文化とどう向き合っていくべきか――チャレンジの成果は。(2016/1/22)

「はてなダイアリー」で“楽曲の歌詞”の無断転載に削除依頼 回答しないと公開停止
対象記事は2000本以上。1月12日〜15日に削除依頼メールを送付。(2016/1/8)

バンダイナムコ、「パックマン」「ゼビウス」など17キャラをクリエイターに開放へ
「パックマン」「ゼビウス」「マッピー」などバンダイナムコの17キャラクターが国内のクリエイターに開放へ。簡易的な企画審査だけで、スマートフォンゲームなどのコンテンツに利用できるようになる。(2015/3/31)

海賊版は許さない――日本のアニメ・マンガを守るMAG PROJECTが始動
8月1日からアニメ・マンガの海賊版削除を実行するほか、正規版リンク集サイト「Manga-Anime-here」の公開、啓発動画の配信も実施している。(2014/7/30)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
新規事業創出で注目されるクラウドストーミング、利点とリスクは何か
不特定多数からアイデアを募る「クラウドストーミング」への関心が高まっている。ビッグデータ関連の新規事業の開発で企業がクラウドストーミングを活用する際のベネフィットとリスクにはどのような点があるのだろうか。(2014/7/16)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
ソーシャルメディアで加速するビッグデータ利活用とガバナンス課題
インターネットを介した情報流通の拡大と利活用の広がりは、様々なイノベーションと新たな課題を生じさせてきた。今回はソーシャルメディアを中心に、ビッグデータの利活用や課題を掘り下げる。(2014/6/18)

ドワンゴとKADOKAWA、経営統合を発表 新会社「KADOKAWA・DWANGO」10月設立
ドワンゴとKADOKAWAが経営統合を正式発表した。ドワンゴのプラットフォームとKADOKAWAのコンテンツを融合、「“世界に類のないコンテンツプラットフォーム”確立を目指す」という。(2014/5/14)

進撃の巨人「社会現象と化している」 AMDアワード大賞/総務大臣賞に
「ネットに根ざした文化とユーザーに多大なる影響を与えたことは大いに評価したい」として選ばれました。(2014/3/18)

DREAMS:
Tokyo Otaku Mode、ANAが展開する訪日キャンペーン「IS JAPAN COOL?」とコラボレーション
アニメ、マンガ、コスプレなど日本のオタクカルチャーを世界に発信するTokyo Otaku Modeを運営するTokyo Otaku Mode(TOM)は7月23日、全日本空輸(ANA)が展開する訪日キャンペーン「IS JAPAN COOL?」とのコラボレーション企画を実施すると発表した。(2013/7/23)

こうしてWebは改ざんされた(1):
古くて新しい脅威、Web改ざん
この連載では、数あるサイバー攻撃の中でも一般ユーザーに大きな影響を及ぼしている「ドライブ・バイ・ダウンロード攻撃」の手口の変遷と対策について紹介していきます。(2013/6/7)

CMT CONNECTIONレポート:
電子出版でコンテンツ・ビジネスの未来はどう変わる?
漫画家の赤松健氏と、講談社から独立し作家のエージェント会社を設立した佐渡島庸平氏がパネルディスカッション。その未来を語った。(2013/3/4)

圧倒的ではないか:
初音ミクを知っている人は95%!? ボーカロイドに関する調査結果を公開
知ったきっかけ1位は動画共有サイト。(2013/2/26)

いち投稿者が2億円作家に:
ドコモ、創作市場に注目 “小説から家具まで”カバーする「dクリエイターズ」開設へ
ドコモがハンドメイド作品を販売できるサービス「dクリエイターズ」を発表。小説・コミックなどの投稿サービス「E☆エブリスタ」とも連携し、“総合UGCサービス”を目指す。2億円作家も生み出したE☆エブリスタの運営ノウハウを生かし、クラフト系の作家支援を進めていく。(2013/2/18)

ドコモ、一般クリエイターのマーケット「dクリエイターズ」 ハンドメイド作品から小説・漫画まで
一般ユーザーが創作した小説・コミックやハンドメイド作品を閲覧・購入できる「dクリエイターズ」をドコモが開始する。(2013/2/18)

オンライン動画広告の業界マップ:
日本版、広告テクノロジー業界マップ2012 (オンライン動画広告)
アドテクノロジー企業の相関関係が分かる「広告テクノロジー業界マップ」のオンライン動画広告版と米国のオンライン動画広告の状況を併せて紹介します。(2012/11/21)

な、なんだってー! 伝説の漫画「MMR」、金環日食とともに再始動
「プロジェクト・アマテラスによりMMRは復活する!」「な、なんだってー!」(2012/4/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。