ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「COLOR LIFE 2 002P」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「COLOR LIFE 2 002P」に関する情報が集まったページです。

携帯市場、年末年始の中古ケータイの販売・買い取りランキングを発表 トップは販売・買取ともに「202SH」
2017年から2018年にかけての年末年始を対象に、携帯市場が中古フィーチャーフォン販売・買取ランキングを集計。パナソニックの「P-01F」や「P-01E」を抑え、シャープの「202SH」が販売・買取ともに1位となった。(2018/1/18)

携帯市場の中古ガラケー年間ランキング パナモバ製3機種がトップ3を独占
携帯市場は、2017年中古ガラケー年間ランキングTOP20を発表。販売トップは「P-01H」、買取は「P-01F」で、パナソニックが9機種ランクイン。来年度は「らくらくホン」の需要が増加すると予想している。(2017/12/14)

ソフトバンク、「AQUOS PHONE 104SH」ほかパナモバ製ケータイ3機種でソフトウェア更新
ソフトバンクモバイルは、シャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE 104SH」とパナソニック モバイル製端末「COLOR LIFE2 002P」「002P for Biz」「840P for Biz」でソフトウェア更新を開始した。002Pと840P for Bizは9月中旬以降からアップデートできる。(2013/9/4)

ソフトバンクモバイル、「AQUOS PHONE 102SH II」「COLOR LIFE3 103P」の発売日を決定
ソフトバンクモバイルは、AQUOS PHONE 102SHをプラチナバンドに対応させた「AQUOS PHONE 102SH II」と、同じくプラチナバンド対応のフィーチャーフォン「COLOR LIFE3 103P」を7月7日から順次発売する。(2012/7/4)

8色展開のベーシックケータイ「COLOR LIFE 3 103P」
ソフトバンクモバイルの「COLOR LIFE 3 103P」は、全8色のカラーバリエーションを展開する折りたたみ型ケータイのスタンダードモデルだ。(2012/5/29)

ソフトバンクのパナモバ製ケータイに国際ローミング関連の不具合
ソフトバンクモバイルは、パナソニック モバイル製3Gケータイ7機種に国際ローミング関連の不具合があることを発表した。準備ができた機種から、更新用ソフトを提供して対応する。(2012/5/11)

春商戦へ向けて新規契約が増加、PHSも純増に――2011年2月契約数
TCA(電気通信事業者協会)が発表した2011年2月末時点での携帯電話・PHS契約数は1億2191万1800件。前月比で0.6%の増加となっている。3月の春商戦へ向けて各社とも純増を増やしており、純減が続いていたウィルコムのPHSも純増に転じた。(2011/3/7)

QWERTYキー付きAndroid「GALAPAGOS 005SH」と計15色の「COLOR LIFE 2 002P」、2月25日発売
ソフトバンクのQWERTYキーボード付きAndroidスマートフォン「GALAPAGOS 005SH」と、計15色をラインアップしたエントリーモデル「COLOR LIFE 2 002P」が2月25日から販売される。(2011/2/23)

「AV」「生活」の2本柱でスマートフォン市場に参入するパナソニック モバイル
国内の携帯電話メーカーとして巨大な勢力であるパナソニック モバイル。しかしスマートフォンに関しては一歩出遅れた感がある。これから同社はスマートフォンをどのように展開していくのだろうか。(2010/11/17)

ビジネス利用に最適化した法人ケータイ「002P for Biz」
ソフトバンクの「002P for Biz」は、ビジネス利用に特化した法人端末。「法人基本パック/法人基本パックプラス」の新機能にいち早く対応し、業務外での端末利用の制限や、新たな情報漏えい防止機能を利用できる。(2010/11/4)

選べる15色、表と裏が異なるツートンも――「COLOR LIFE2 002P」
「COLOR LIFE2 002P」はカラフルな15色をラインアップする折りたたみ型ケータイ。背面と底面の色が異なるツートンカラーモデルもお目見えした。(2010/11/4)

Android 2.2スマートフォンは6機種――ソフトバンク、2010年冬・2011年春モデル24機種を発表
ソフトバンクモバイルが11月4日、2010年冬から2011年春にかけて販売する新製品ラインアップ全24機種を発表した。Androidスマートフォン6機種にケータイ9機種、データ通信端末やPhotoVisionなど6機種、それにディズニー・モバイルのケータイ2機種とスマートフォン1機種という布陣だ。(2010/11/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。