ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  0

  • 関連の記事

「005HW」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「005HW」に関する情報が集まったページです。

ソフトバンク、2017年度以降にLTEサービスを拡大 3Gサービスを一部縮小・終了へ
ソフトバンクは、1.5GHz帯でのLTEサービスを開始する。また、1.7GHz帯においてLTEサービスを拡大する。これらの周波数帯では、3Gサービスの提供を終了する。(2015/12/11)

クーラーマスター、大型ファンで強力に冷やせるノートPC冷却台
Cooler Master Technologyは、17型ノートPCにまで対応したノートPC冷却台「NotePal XL」を発表。“手元冷却”機能も備えた。(2014/1/24)

BS試験電波がソフトバンクのデータ通信に影響、速度低下の場合も
BSデジタル放送の試験電波がソフトバンクのデータ通信に影響を及ぼしていることが確認された。データ通信の接続率と速度低下が一部で発生しているという。(2012/2/23)

ソフトバンク、月額3880円の「ULTRA SPEED」キャンペーンを期間延長
ソフトバンクモバイルは、高速データ通信サービス「ULTRA SPEED」が月額3880円で利用できる、データ通信スタートキャンペーンの延長を発表した。(2011/11/18)

ULTRA SPEED対応の「005HW」、8月5日に発売――ソフトバンクモバイル
ソフトバンクモバイルが8月5日から、下り最大42Mbpsの「ULTRA SPEED」に対応するデータ通信端末「005HW」を販売する。(2011/8/3)

ソフトバンクモバイル、「ULTRA SPEED」対応のモバイルWi-Fiルーターと月額3880円の専用プラン発表
ソフトバンクモバイルは、下り最大42Mbpsの高速データ通信サービス「ULTRA SPEED」に対応するモバイルWi-Fiルーターの“ULTRA WiFi”「007Z」と、専用のパケット定額プランを発表した。月額は4980円だが、11月末までに契約するとずっと3880円で利用できる。(2011/7/5)

最大42Mbpsの下り通信に対応するUSBスティック――「005HW」
ソフトバンクモバイルが、下り最大42Mbpsの高速データ通信サービス「ULTRA SPEED」に対応するUSBデータスティックを発売する。(2010/11/4)

ソフトバンク、下り最大42Mbpsの「ULTRA SPEED」を提供――2月下旬以降スタート
ソフトバンクモバイルが2月下旬以降、下り最大42Mbpsのデータ通信が可能な「ULTRA SPEED」を提供。当初は法人向けに提供し、順次、提供対象を拡大する。(2010/11/4)

Android 2.2スマートフォンは6機種――ソフトバンク、2010年冬・2011年春モデル24機種を発表
ソフトバンクモバイルが11月4日、2010年冬から2011年春にかけて販売する新製品ラインアップ全24機種を発表した。Androidスマートフォン6機種にケータイ9機種、データ通信端末やPhotoVisionなど6機種、それにディズニー・モバイルのケータイ2機種とスマートフォン1機種という布陣だ。(2010/11/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。