ニュース
» 2011年08月03日 17時00分 公開

ULTRA SPEED対応の「005HW」、8月5日に発売――ソフトバンクモバイル

ソフトバンクモバイルが8月5日から、下り最大42Mbpsの「ULTRA SPEED」に対応するデータ通信端末「005HW」を販売する。

[ITmedia]
Photo ULTRA SPEEDに対応する「005HW」

 ソフトバンクモバイルは8月5日から、下り最大42Mbpsの高速データ通信サービス「ULTRA SPEED」に対応したデータ通信端末「005HW」(ファーウェイ・ジャパン製)を発売する。

 005HWはUSBスティックタイプのデータ通信専用端末。ノートPCに接続することで、外出先でも下り最大42Mbps、上り最大5.8Mbpsの高速通信を利用できる。USBのコネクターには、縦にも横にも回転するマルチコネクタを採用しており、環境に合わせて端末の向きを変えて使うことができる。なお、本体にはmicroSDHCスロット(最大16Gバイト)が備えられ、USBメモリとしても利用できる。

 サイズは86×28×14.8ミリ(幅×高さ×厚さ)、重さ約32グラム。対応するPCの動作環境は、Windows 7(32bit・64bit)、Windows Vista(32bit・64bit)、Windows XP(SP2/3)、Mac OS X 10.5〜10.6。通信方式はW-CDMA方式で、国内では1.5GHzと1.7GHz、海外では2.1GHzに対応する。

Photo マルチコネクタを採用(画面=左)。本体にはmicroSDHCスロットを備える(画面=中)。データ通信中はランプが光って知らせる(画面=右)

 なお、ULTRA SPEEDに対応する製品はほかにも、モバイルWi-Fiルーターの“ULTRA WiFi”「007Z」がリリースされている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう