ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「みまもりケータイ3 202Z」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「みまもりケータイ3 202Z」に関する情報が集まったページです。

ソフトバンク、「みまもりケータイ4」を3月上旬に発売 GPS+GLONASSでより正確な測位が可能に
ソフトバンクが、主に低年齢の子供に持たせることを想定した「みまもりケータイ」の新モデルを約3年半ぶりに発売する。GPSに加えてGLONASSを使った位置測位、VoLTE通話対応など、時代に合わせた進化を遂げている。(2017/1/17)

スマートフォンを使う子どもの親が覚えておくべき設定(Android編)
何の準備もなしに、子どもたちにスマートフォンを使わせるのは危険ですが、子どもたちの安全を確保する方法はいろいろ用意されています。前回のiPhone編に続き、今回はAndroidスマートフォン向けの機種やサービスを解説します。(2014/7/2)

ソフトバンク、「みまもりケータイ3 202Z」でソフトウェアアップデートを開始
ソフトバンクモバイルは9月5日、「みまもりケータイ3 202Z」で、着信履歴からの音声発信機能を改修するソフトウェアアップデートを開始した。(2013/9/5)

ソフトバンク、「みまもりケータイ3 202Z」で不具合を改善するアップデート
ソフトバンクはZTE製「みまもりケータイ3 202Z」で、簡易留守録ガイダンスが無音になる不具合を改善するソフト更新を開始した。(2013/8/23)

ソフトバンク、「みまもりケータイ3 202Z」を8月23日に発売
ソフトバンクは「みまもりケータイ3 202Z」を8月23日に発売、同時に「みまもりケータイ3専用プラン」「みまもりケータイ3基本料無料プログラム」も開始する。(2013/8/21)

ソフトバンクBB、ポケモンをデザインした「みまもりケータイ3」専用ケースを発売
ソフトバンクBBは、ポケモンをデザインした「みまもりケータイ3 202Z」専用ケースを発表した。端末の発売に合わせて、8月下旬以降に販売を開始する。(2013/8/9)

石野純也のMobile Eye(4月30日〜5月10日):
ソフトバンク夏モデルと“最強のネットワーク”の中味/au LTEエリア化の今後
連休の狭間を挟んだ今回は、4月30日にKDDIとソフトバンクが決算会見を開催し、5月7日にはソフトバンクモバイルが夏商戦向けの機種他サービスを発表した。今回はソフトバンクの新機種やau決算会見で挙がったトピックを解説したい。(2013/5/11)

製品担当者に聞いた、ソフトバンク2013年度夏モデル“一言アピール”
ソフトバンクモバイルがラインアップした2013年夏モデルは、スマートフォン6機種、キッズ用端末2機種、モバイルWi-Fiルーター1機種。発表会の会場にて、各製品担当者に2013年夏モデルを一言でアピールしてもらった。(2013/5/8)

「つながりやすさナンバーワン」を目指す:
孫社長が語る、スマホ時代に求める“世界最強”ネットワークの条件
「世界で最も高速でつながりやすいネットワークがソフトバンクのシナジーである」とソフトバンクの孫社長。「Wi-fi」「小セル化」「ダブルLTE」を3本柱に、同社が誇る"世界最強"のネットワークについて語った。(2013/5/8)

「世界最強のネットワークにつながるスマホ」 ソフトバンク夏モデルにフルセグ対応機 機種数は絞り込み
ソフトバンク夏モデルはフルセグ対応機やシニア向けスマホなどを投入したが、機種数は絞り込んだ展開に。孫社長はネットワーク品質の高さを訴え、Sprint買収に向けたアピールも。(2013/5/7)

プラチナバンドにも対応:
加速度センサーでみまもり機能を強化――「みまもりケータイ3 202Z」
シリーズ初のカラーディスプレイを搭載し、音声で案内するガイドメッセージ機能を備えた「みまもりケータイ3 202Z」。ユーザーが定型文か録音した音声をメール送信することも可能になった。(2013/5/7)

5インチフルHD、フルセグ、Android 4.2搭載――ソフトバンクモバイルが2013年夏モデルを発表
ソフトバンクモバイルが、2013年夏モデルを発表した。スマートフォン6機種とモバイルWi-Fiルーター1機種などをラインアップする。スマートフォン3機種はAndroid 4.2を搭載し、うち2機種は5インチフルHD液晶や「フルセグ」といった高いスペックが特長だ。(2013/5/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。