ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「あんしんファミリーケータイ 204HW」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「あんしんファミリーケータイ 204HW」に関する情報が集まったページです。

ソフトバンク、ケータイからスマホへの移行で端末代1万800円引きのキャンペーン
ソフトバンクは、3月1日に「スマホスタート割」を提供開始。各種フィーチャーフォンからスマートフォンへ機種変更またはMNP時に「ウルトラギガモンスター+」または「ミニモンスター」へ加入すると機種代金が1万800円割引となる。終了時期は未定で、学割放題との同時加入はできない。(2019/2/25)

ソフトバンク学割、50GB月額3980円から 「先生」にも適用可
ソフトバンクは、25歳以下および「学校の先生」に向けたキャンペーン「学割先生」を発表した。1月17日から提供する。(2018/1/15)

ソフトバンク、12月21日から「学割モンスター」「スマホデビュー割」を実施
ソフトバンクが、データ定額を利用している25歳以下のユーザーを対象とする割引「学割モンスター」と、ケータイ(フィーチャーフォン)からスマートフォンに機種変更する人を対象とする割引「スマホデビュー割」を提供する。いずれも12月21日から申込を受け付ける。(2016/12/13)

ソフトバンク、25歳以下のユーザーと家族を対象にした「家族の学割」実施――月額割引やデータ容量追加
ソフトバンクモバイルは、25歳以下のユーザーとその家族の月額料金割引やデータ通信料の追加を行うキャンペーン「家族の学割」を行う。(2015/1/16)

ソフトバンク、「あんしんファミリーケータイ基本料無料プログラム」開始
ソフトバンクは、シニア向け携帯電話「あんしんファミリーケータイ 204HW」の新規契約向けに基本使用料が2年間無料となるプログラムを提供する。(2014/9/25)

ソフトバンク、iPhoneほか基本パックの加入条件を購入と同時のみに変更――8月1日から
ソフトバンクモバイルは6月12日、iPhoneほか基本パックの加入条件を変更すると発表。8月1日から携帯電話機の購入時と同時のみ可能とする。(2014/6/13)

あえて今:
最新フィーチャーフォン6機種の基本スペックを比較する
すっかりスマホが主役になってしまった携帯電話市場だが、この冬春モデルでは国内3キャリアがフィーチャーフォンの新機種を発表している。その最新6機種をスペックで比較してみよう。(2014/2/26)

ソフトバンク、「S!メール(MMS)どこでもアクセス」の提供を11月28日に再開
ソフトバンクモバイルは、不具合改修のため8月29日から停止していた「S!メール(MMS)どこでもアクセス」の提供を、11月28日に再開すると発表した。(2013/11/25)

ソフトバンクBB、あんしんファミリーケータイ専用ソフトケースなど発売
ソフトバンクBBは、Huawei製のシニア向け携帯電話「あんしんファミリーケータイ SoftBank 204HW」の専用アクセサリーを発売する。握りやすいソフトケースと見やすい反射防止保護フィルムのセットを用意した。(2013/8/30)

PCから利用できる「S!メール(MMS)どこでもアクセス」、10月31日まで無料提供
ソフトバンクモバイルは、同社のMMSサービスをPCから利用できる「S!メール(MMS)どこでもアクセス」を8月29日〜10月31日まで無料提供する。(2013/8/29)

フルタッチ操作のシニア向けケータイ:
ソフトバンク、「あんしんファミリーケータイ 204HW」を9月13日に発売
ソフトバンクモバイルは、フルタッチ操作のシニア向けケータイ「あんしんファミリーケータイ 204HW」を9月13日に発売する。(2013/8/26)

ソフトバンク、タッチ操作のシニア向け端末「あんしんファミリーケータイ 204HW」を発表
ソフトバンクモバイルは、4インチタッチパネルを搭載したシニア向けの携帯電話「あんしんファミリーケータイ 204HW」を発表した。9月に発売する。(2013/8/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。