ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ナナシ ノ ゲエム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ナナシ ノ ゲエム」に関する情報が集まったページです。

あの“梶本研究室”に行ってみた(前編):
「遠隔地とキス」を発展させると「どこでもドア」になる? 触覚デバイスがもたらすコミュニケーションの未来像とは
電気通信大学のある学生が「遠隔地の相手とキスができるデバイス」を作った。電話やビデオチャットでは伝わらない「触覚」を、もし遠距離の相手に伝えられるとしたら――。同デバイスを開発した、電気通信大学 梶本研究室に「触覚デバイス」の未来を聞いた。(2011/7/12)

「嫌儲民」「メルト」「グランピィじいさん」――08年はてなキーワード新語トップ200
「嫌儲民」「メルト」「グランピィじいさん」――はてなキーワードで2008年に作られ、アクセスを集めた言葉トップ200をランキングで紹介する。(2008/12/26)

日々是遊戯:
絶対に遊んではいけない「手紙」というゲームを知ってますか?
スクウェア・エニックスの「ナナシ ノ ゲエム」じゃないが、ゲーム関連の都市伝説としてはけっこう有名な、「遊ぶと死ぬゲーム」のウワサをご存知だろうか。(2008/8/5)

夏のホラーゲーム特集:
呪い、都市伝説、ゾンビ、怪談、お化け屋敷……恐怖が大好物なあなたにプレイしてほしい、この夏のホラーゲーム
夏だ。ホラーの夏だ。今年の夏は、ホラーゲームが続々とリリースされている。いったいどのタイトルが自分の心臓を凍りつかせてくれるのか……。こればっかりはやってみないと分からないが、この特集がちょっとしたとっかかりになれば幸いである。ビバ! 恐怖!(2008/8/1)

ハァハァ?
息が荒いのは萌えているから。先週新連載となったあの記事がまさかのランクイン。というか、さっそうと1位をかっさらいました。(2008/5/7)

7日後、あなたは生きていることができるのか――「ナナシ ノ ゲエム」
スクエニ初のニンテンドーDS用本格ホラーアドベンチャーが7月3日に発売される。3Dビジュアルの“恐怖”と3Dサウンドの“恐怖”を克服し、「呪いのゲーム」の謎を解く。(2008/4/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。