ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「都市伝説」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「都市伝説」に関する情報が集まったページです。

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(163):
Windows 10 HomeはDocker Desktop for Windowsの夢がかなう
Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)がリリースされ、Windows Subsystem for Linux(WSL)において、従来のWSL 1に加えて、次世代のWSL 2が正式にサポートされました。WSL 2はHomeエディションでも利用可能であり、これにより2020年5月にリリースされた安定版(Stable)のDocker Desktop for Windows 2.3.0.2からはWindows 10 Homeでも利用できるようになりました。(2020/7/1)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(77):
Windows 10 バージョン2004の隠れた新機能、クライアントOSでもシリアルコンソール(SAC)が利用可能に
Windows Serverには「緊急管理サービス(EMS)」という帯域外(アウトオブバンド)管理機能が標準搭載されており、オプションで有効化できます。これまで、この機能はクライアントOSには提供されてきませんでしたが、Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)で新たにサポートされました。(2020/6/30)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(162):
Windows 10 バージョン2004から消えた(?)自動ログオン構成オプションあり/なしの怪
筆者は利用していませんが、電源をオンにしたらデスクトップが表示されるまで起動するように自動ログオンを構成し、利用しているユーザーは少なからずいるようです。最新の「Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004、ビルド19041.x)」になって、“その構成オプションが見当たらない”“私のPCにはあるけど”といった声をちらほら聞くことがありました。これには“パスワードのない世界”を目指すMicrosoftの思惑が関係しているようです。(2020/6/17)

映画「AKIRA」の製作費は「11億円」ではなく「約7億円」 ネット情報を関係者が訂正
ありがたい情報。(2020/6/8)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(161):
Windows 10 バージョン2004の中に見つけた、懐かしの「Server 2003」
Windows 10の最新バージョンは、Microsoftの過去のサーバ製品との識別混乱を避けるために、当初予定されていた「バージョン2003」ではなく、「バージョン2004」として提供されます。詳細なリリース時期やバージョンについて秘密主義的なMicrosoftに対して、外部の識者の中にはHyper-VのPowerShellコマンドレットを使用して予測する人がいるのですが、そのコマンドレットの出力結果は当てにならないこともあります。(2020/6/3)

【実物レビュー】コスパ最強のダイソーコスメ「U R GLAM」 バズった9色パレットから単色シャドウまでガチでレビューします(アイメイク編)
100円でアイシャドウパレットが手に入る時代……!(2020/5/20)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(160):
消える「WinRE」問題、Windows 10 バージョン2004でようやく解消!
本連載ではこれまで、Windows 10の新規インストールで作成される「不適切なパーティション構成の問題」について何度か取り上げました。この問題は、Windows 10の初期バージョンから潜在的に存在し、Windows 10 バージョン1803以降、顕在化するようになりました。長らく放置されてきたこの問題ですが、間もなくリリースされる予定の「Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)」(通称、20H1)でようやく解決されるようです。なお、本稿は開発中のInsider Previewビルドに基づいていますが、完成版にもおそらく適用されます。(2020/5/20)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(159):
あなたのCPU時間を新型コロナウイルスとの闘いのために寄付しよう――“目からうろこ”のWindowsサンドボックスの使い方
「Windows 10 May 2019 Update(バージョン1903)」から搭載された新機能「Windowsサンドボックス」は、怪しいアプリを単独で実行できる、隔離された軽量なデスクトップ環境と認識しているユーザーは多いと思います。筆者もその一人でしたが、新型コロナウイルスの問題が拡大する中、Microsoftが、この問題解決に寄与するかもしれない有意義な提案をしてくれました。(2020/4/28)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(158):
ひっそりと修正された「Windows Defenderウイルス対策」の2020年3月の問題
Windows 10標準のウイルス対策機能である「Windows Defender Antivirus(Windows Defenderウイルス対策)」では、2020年3月初めに提供されたマルウェア対策クライアントのバージョンにある種のバグが存在しました。そのバグは約3週間後に提供された新バージョンで修正されましたが、この新バージョンについて見当違いな注意喚起を促す記事を見掛けました(記事の内容は既に修正済みです)。(2020/4/15)

「ゾクっとした」「読者の性癖を探ってる感好き」 オカルト好きが今すぐ読むべき漫画『怪異と乙女と神隠し』作者インタビュー
作者のぬじま先生と、帯コメントを書いた『日本現代怪異事典』の著者・朝里樹先生をインタビューしました。(2020/4/9)

「他人が降りる駅が見える」微妙すぎる能力を持った女の子の漫画に「この能力は欲しい」「続きが読みたい」の声
現代を生き抜くには役立つ……はずです。(2020/4/9)

山市良のうぃんどうず日記(176):
見ないフリしてきたWindows Serverの“変なメッセージ”に向き合ってみた
Windows Serverを操作していると、“変なメッセージ”に出会うことがこれまでに何度かありました。何となく理由が思い当たるし、目的を達成するための別の方法があるので気にせず、見ないことにしていました。しかし、思い当たる理由が全くの的外れと分かったので、その回避策を含めレポートします。(2020/4/8)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(157):
Windows 10 HomeはDocker Desktop for Windowsの夢を見る
2020年1月21日、「Windows Subsystem for Linux(WSL)2」に対応した「Docker Desktop for Windows 2.2.0.0」がリリースされました。これまでHyper-Vの要件があるためにWindows 10 Homeでは利用できなかったDocker Desktopが、これでようやく使えるようになると、現在開発中のWSL 2の正式リリースを心待ちにしているユーザーがいるかもしれません。いつかは使えるようになる予定ですが、それは少し先のことになると思います。(2020/4/1)

水曜インタビュー劇場(謎企画公演):
これって「ヒシタンク」って言うの? 街中にある受水槽のプラモが話題
「ヒシンタク」という受水槽をご存じだろうか。業界シェアトップの三菱ケミカルインフラテックが「ヒシタンクのプラモデル」をつくったところ、ネット上で話題に。同社の担当者に、その狙いを聞いたところ……。(2020/3/18)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(156):
謎が多い最近の「Windows Update」
Windows 10のWindows Updateは、ユーザーがコントロールできる部分が以前に比べて少なくなり、Homeエディションに至っては、半ば強制的と感じているユーザーも多いと思います。Microsoftはそのようなフィードバックに耳を傾けながら、Windows Updateを改良してきました。中には根本的な改良ではなく、突貫工事に見えるものも……。Windows Updateの謎は増えるばかりです。(2020/3/18)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(155):
Microsoftの更新サービス、2020年も苦いスタートを切る
Microsoftが毎月、Windowsやその他の製品に対して提供する「品質更新プログラム」。ここ数年、品質更新プログラムが“品質を向上する更新”ではなく、“品質を低下させる更新”なんじゃないかという状況が続いているように感じます(個人の感想です)。2020年に入って2カ月、幾つかの品質更新プログラムがさまざまな問題を引き起こしているようですが、Microsoftが認識し、公表しているものをまとめてみました。なお、Microsoftから公表されていないものの、ユーザーフォーラムなどでは2020年2月のセキュリティ更新を原因とする他の深刻な問題(ユーザープロファイルやデータの消失、起動不能になるなど)も指摘されているようです。ご注意ください。(2020/3/4)

元国税専門官が教える『確定申告、得なのはどっち?』(1):
元国税専門官が明かす確定申告の極意 「『領収書』と『レシート』もらうべきはどっち?」
今年も確定申告の時期が到来した。税金の仕組みは複雑で、「どっちが正解?」と迷うことが少なくない。だが1つ判断を間違うと、税金が高くなってしまうこともある。東京国税局に勤務していた元国税専門官が、こうした確定申告にまつわる迷いやすいポイントを3回に分けて解説していく。初回は「領収書」と「レシート」のどちらがいいのかについて。フリーランスや個人事業主の多くが迷う、「必要経費」の問題を、証拠書類の観点から解説する。(2020/2/22)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(154):
消えた「WinRE」問題の再発と回復パーティションの移動
Windows 10の新規インストールを既定のオプションで進めてしまうと、Windows 8.1以前で採用されていた古いパーティション構成でセットアップされてしまうという問題があります。この問題と「Windows回復環境(WinRE)」のサイズの問題が重なると、少し厄介なことになります。さらに、問題が発生していることに気付かずに「BitLocker」を有効にしてしまうと……。(2020/2/19)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(153):
Windows Server, version 1903/1909は日本語の入力、変換を知らない?
最近、Windows Serverの半期チャネル(Semi-Annual Channel、SAC)バージョンを操作する機会が増え、Server Coreインストール環境のコマンドライン環境にも慣れてきました。2019年11月になって、2019年5月にリリースされたバージョン1903以降に信じられない不具合があることに気が付きました。その不具合とは、「日本語版なのに日本語の入力と変換ができない」ことです。この問題は、2020年1月末時点で利用可能な最新の累積更新プログラム(ビルド18362.628および18363.628)でも解消されていません。(2020/2/5)

小さな猛禽・モズも求愛期に入る二月。「如月」に込められた本来の意味とは?
(2020/2/4)

長谷川秀樹の「仕掛け人に会いたい」:
顧客行動の8割がいまだ謎、Amazon対抗目指すスマートストア「トライアル」の勝算
購買行動の多くを占める「非計画購買型」をどう可視化していくのか。AIカメラやセルフレジ機能付きスマートカートを導入したスマートストア「スーパーセンタートライアル田川店」の取り組みを聞く。(2020/1/31)

都市伝説「メリーさん」がマッハ1.4で向かってくる恐怖……! 理系女子が夢で見た怪談が違う意味で怖すぎた
メリーさん最強説。(2020/1/23)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(152):
Azure仮想マシンのWindows Serverを「セーフモード」で起動する方法
2019年12月11日のWindows Update後、Windows Server 2012が再起動を繰り返して正常に起動できなくなることがあるという問題が、翌週明けに公式情報として明らかになりました。影響を受けた場合、「セーフモード」で起動させることで簡単に解消するという手順が示されましたが、もし問題のWindows Server 2012がAzure仮想マシンだったらそう簡単にはいきません。(2020/1/22)

「孤独ってこういうことかな」 芳根京子、笑顔の裏に秘めた不安と苦しみ明かす 映画「記憶屋 あなたを忘れない」での葛藤
「真希の愛のカタチは、かっこよくて、強いなと思いました」。(2020/1/17)

少年と鬼が都市伝説を検証 “異世界に行く方法”を探し求める漫画が不思議でドキドキ
話題となった都市伝説や怪談の数々が登場します。(2020/1/16)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(151):
Windows 10のあの不具合はどうなった? 2019年のトラブルを振り返る
間もなく2019年も終了。締めくくりは、筆者が2019年(一部は2018年から)注目した「Windows 10の不具合」のその後を振り返ります。修正された不具合もあれば、依然として放置されている不具合もあります。(2019/12/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
ジャッキー・チェンがビジネス界の「疫病神」といわれてしまう理由
ジャッキー・チェンの言動を巡る批判が止まらない。香港デモに関する「中国寄り」のコメントも炎上した。そんな中、「ジャッキーをプロモーションに起用した企業は業績が悪化する」という都市伝説まで話題に。アンチの多さを物語っている。(2019/12/19)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(150):
Windowsコンテナはデスクトップの夢を見ない
Windows Server 2016およびWindows 10 バージョン1607からは、Dockerのサポートが追加されました。WindowsがDockerに対応したことで、“デスクトップアプリをDockerでコンテナ化したい”という声を聞いたことがありますが、実現不可能なことです(少なくとも現時点では)。チャレンジすることは止めませんが、無駄な努力に終わると思います。(2019/12/11)

「“格ゲー勢の発言まとめ”でイケると確信しましたわ」 話題沸騰の「ゲーミングお嬢様」、作者に取材したらお嬢様口調で答えてくれた
「ちなみにリュウとザンギはどっちがクソキャラだと思いますか?」 → 「ザンギに決まってんですわよ」(2019/12/8)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(149):
そのPCのファームウェアはBIOSか、それともUEFIか、知りたい?――確認するための6つの方法
PCのROMに組み込まれているBIOSは、PCの起動直後に実行され、OSのブートローダーを呼び出す役割を持ちます。BIOSの種類には、古い(旧、レガシー)BIOSと新しいUEFIの2つがあります。エンドユーザーの多くは、BIOSなのか、UEFIなのかを気にすることなく、PCを使っていると思いますが、知る必要がある場面も出てくるでしょう。その方法を幾つかピックアップしてみました。(2019/11/27)

PR:最近話題のスコアサービス 評価が低いと航空券が取れないという都市伝説はどこから生まれたのか?
(2019/12/26)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(148):
Windows 10 November 2019 Updateは「累積更新プログラム」なんかじゃない!
Windows 10の最新の機能更新プログラム「Windows 10 November 2019 Update」は、1つ前のWindows 10 バージョン1903に対しては毎月の品質更新プログラムと同じように短時間でダウンロード、インストールされる新たな配布方法が採用されます。”November 2019 Updateは累積更新プログラムの形式で配布される”という記事を見かけましたが、それは誤解を与える表現です。なお、本稿はInsider ProgramのRelease Previewリング向けに先行提供された機能更新プログラムに基づいていますが、正式リリースでもおおむね違いはないと思います。(2019/11/13)

口裂け女がただ一人脅かせない相手は…… 都市伝説の女とナマイキ少年の関係描く漫画に萌える人続出
口裂け女と少年の関係にキュンとなる。(2019/11/8)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(147):
激動(?)のWindows Defender史──「Windows Defenderセキュリティセンター」が「Windowsセキュリティ」になったワケ
Windows 10 バージョン1703では「Windows Defenderセキュリティセンター」アプリが新たに導入されました。このアプリはその後、「Windowsセキュリティ」というシンプルな名称に変更されたのですが、その理由を考察してみました(注意:本稿の「初代」「二代目」「三代目」という表記は、筆者の勝手な表現であり、正式なものではありません)。(2019/10/30)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(60):
Windows 7のサポート終了最終案内、レガシーサーバの見落としはありませんか?
「2020年1月14日のWindows 7の延長サポート終了」が目前に迫りました。後継バージョンに移行できない事情は各種あると思いますが、Windows 7をまだ利用中の場合は、その事情を踏まえて何らかの対応が必要です。今回はあらためてサポート終了を周知するとともに、同時期に延長サポート終了を迎えるサーバ製品についても触れます。(2019/10/29)

山市良のうぃんどうず日記(164):
Windowsトラブル解決事例──容量可変VHD肥大化の犯人とその解消
Hyper-Vの容量可変タイプのVHD/VHDXファイルは、割り当てサイズではなく、使用量に応じて拡大していくため、評価環境などパフォーマンスへの影響を許容でき、Hyper-Vホストのストレージを効率的に利用したい場合に有効です。そんな容量可変タイプのVHDXファイルが、割り当てサイズ近くにまで肥大化しているのを発見しました。物理環境でも長く使用していれば発生し得る空き領域不足のトラブルと思うので、問題の調査から解決までをレポートします。(2019/10/23)

偶然か、消費心理のメカニズムか:
「不景気だとカラムーチョが売れる!?」――知られざるナゾの法則に迫る
湖池屋の独自データで、不景気時にカラムーチョが売れる傾向にあることが判明。消費のメカニズムか単なる偶然か、追った。(2019/10/18)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(146):
Windows Updateの不都合な現実、再び──IE向け緊急パッチの混乱
2019年9月の第4週に「Internet Explorer(IE)」の緊急レベルのセキュリティパッチがMicrosoft Updateカタログを通じてダウンロード提供され、その翌日にオプションの累積更新プログラムがWindows Updateで配布される、そして10月初めにさらに新しい累積更新プログラムが自動配布されるという、とてもユーザーを混乱させることがありました。緊急レベルのセキュリティパッチは、9月の公開時になぜにWindows Updateで自動配布されなかったのでしょうか、振り返ってみましょう。なお、IEの脆弱性問題は、10月8日(米国時間)のセキュリティ更新でも解決されています。(2019/10/16)

山市良のうぃんどうず日記(165):
Windows 10 ProとPro Educationの境界線は……
Windows 10 Pro Educationは、企業向けのWindows 10 Proをベースに作成された、教育機関向けのエディションです。Windows 10 バージョン1607で初めて登場したときは、Cortanaが既定で無効になっているなど、Proエディションとの明確な違いがありましたが、バージョン1703でCortanaが有効化され、これらの違いが分かりにくくなりました。この2つのエディションの違いを、Windows 10 バージョン1903で徹底比較してみました。(2019/11/6)

「花子さん、遊びましょう」「時と場所考えろ!」 トイレの花子さんがキレのあるツッコミを入れる漫画に「ホラーとは?」の声
トイレの花子さんも現代に合わせてアップデートしてる。(2019/10/5)

PR:一番のSEO施策は「いいサイトを作ること」 SEO会社のクヌギが自社メディアの記事に本気を出しすぎている理由
「SEO施策をしないことが究極のSEO」という真理。(2019/10/4)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(145):
Windows 10に潜む、変な日本語
いま日本では、急増する外国人観光客向けにさまざまな言語に対応した案内表示が増えています。その中に「この先の段差に注意」が「この先の格差社会に注意」という意味の変な中国語になっていて話題になっているというニュースを見ました。Windowsは多言語対応をうたっていますが、皆さん、使っていて変な日本語に出会ったことはありませんか。(2019/10/2)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
仕事がときめくAIの魔法 〜ますくどめそっど〜
AIをめぐる日本企業の現状を解説するマスクド・アナライズさんの連載。今回は「仕事がときめくAIの魔法」について解説します。(2019/10/2)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(144):
誤解しているのは中の人? Windowsの「曜日」の話 〜その2〜
Windowsの「タスクスケジューラ」における曜日指定のスケジュールされたタスクは、利用者側の誤解やソフトウェアのバグが原因で、意図しないタイミングで実行される場合があります。また1つ、謎のバグが存在する可能性が明らかになりました。(2019/9/18)

都市伝説「きさらぎ駅」に残業帰りのサラリーマンが迷い込んだ―― 漫画『きさらぎ駅並行』がドキドキする
オカルトマニアの頼もしさがすごい。(2019/9/16)

「RIZAPはブロッコリーとささみだけ」じゃない データ分析が導く正しい情報の伝え方
RIZAPは「過度な食事制限」という誤ったイメージが先行しているという課題に対して、Marketoを使ってどのように解決しようとしているのだろうか。(2019/9/17)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(143):
消えたWindows 10の「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」オプションの行方
「Windows Update for Business(WUfB)」を使用して機能更新プログラムや品質更新プログラムの受信を延期している場合、Windows 10 バージョン1903の機能更新プログラムによるアップグレードが完了したら、延期設定を再確認することをお勧めします。「設定」アプリの「詳細オプション」で延期設定を行っていた場合、そこにあるはずの設定項目が……。(2019/9/4)

黒木華「凪のお暇」6話で完全に立場逆転した凪とゴン「今度は自分が壊れる番ね」 今夜からは完全オリジナル展開へ
龍子「白い恋人食べながら泣いてましたよね?」慎二「俺じゃない!!!」。(2019/8/30)

山市良のうぃんどうず日記(160):
Windows 10 バージョン1903になっても「更新プログラムのチェック」は上級者向けボタンだった
Windows 10 May 2019 Update(バージョン1903)から、オプションの更新プログラムに対して「今すぐダウンロードしてインストールする」オプションが提供されるようになりました。 しかし、.NET Frameworkの累積更新プログラムは少し扱いが異なるようです。何とか頑張って検証、説明しますが、かなりややこしいことになっています。(2019/8/28)

「ホラーのお約束」を斜め上の方法で回避 超人的女子高生の漫画がパワフルで楽しい
やはり力こそパワー!(2019/8/23)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。