ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「触覚」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「触覚」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

サラリーマン、プリキュアを語る:
「スター☆トゥインクルプリキュア」が“最高の子ども向けアニメ”である理由
いやだ! スタプリ、終わらないで!! なんでもするから!(2020/1/23)

DOCOMO Open House 2020:
口の動きを共有、長距離ワイヤレス充電、クラウド型乗車券、タッチレス決済――ドコモが見せる未来
NTTドコモが1月23日〜24日に5G関連のイベント「DOCOMO Open House 2020」を開催する。5Gによって、未来の生活がより便利になることが期待される展示が豊富だ。力触覚を伝えたり、口に動きを共有したりできるデモも。未来の充電方法も紹介している。(2020/1/22)

フェールセーフクラスターを実現:
サイプレス、ASIL-B準拠のNOR型フラッシュ
サイプレス セミコンダクタは、「オートモーティブ ワールド2020」で、NOR型フラッシュメモリ「Semper NOR Flash」を搭載したフェールセーフクラスターや、大画面対応でハプティクス(触覚)機能などを新たに追加した、最新のタッチスクリーンコントローラIC「TrueTouch」などを紹介した。(2020/1/20)

CES2020:
“二輪車版テスラ”が2021年発売のスポーツモデルを披露、日本も導入予定
カナダの二輪車メーカーであるDamon Motorsは、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2020」(2020年1月7〜10日、米国ネバダ州ラスベガス)のBlackBerry QNXブースにおいて、電動化、運転支援、コネクテッド化に対応したスポーツタイプのバイク「Hypersport Pro」を披露した。(2020/1/10)

Innovative Tech:
2台の扇風機で多様な風向き知覚 東京大学、「AlteredWind」発表
VR体験などでさまざまな風向きの風を必要とするときなど、設備が大規模になってしまう。この技術があれば、対応が可能かもしれない。(2020/1/10)

CES 2020:
ソニー、PS5のロゴを公開
ソニーが米ラスベガスで開催中の「CES 2020」で、「プレイステーション 5」のロゴを公開した。(2020/1/7)

「あ〜セフレ欲し〜」と漏らす女子高生の心の嘆き 恋愛トーク漫画のラストに待っていた本心が切ない
深山はなさんの単行本『一端の子』収録の“愛”の物語です。(2019/12/29)

製造マネジメントニュース:
村田が産総研発ベンチャーを買収、ハプティクス技術を取り込み
村田製作所は2019年12月25日、ハプティクス(触覚)技術開発などを手掛けるミライセンス(茨城県つくば市)を買収し、完全子会社化する契約に合意したと発表した。(2019/12/26)

次世代型HMI技術の開発を加速:
村田製作所、ミライセンスを買収し完全子会社化
村田製作所は、3D触力覚技術を活用したハプティクスソリューション技術を提供するミライセンスを買収し、完全子会社とする。(2019/12/26)

Innovative Tech:
超音波で多様な触覚を生成 東大が開発した「ReFriction」
発泡スチロールに超音波を当てることで、触覚インタフェースにすることが可能に。(2019/12/29)

2019国際ロボット展:
ロボットハンドのOnRobotが適合メーカーを拡大、ファナックや安川などにも対応
協働ロボット向けロボットハンドなどを展開するOnRobot(オンロボット)が「2019国際ロボット展(iREX2019)」の会場内で会見を開き、来日した同社 CEOのエンリコ・クログ・アイベルセン氏が事業戦略を説明した。(2019/12/20)

2019国際ロボット展:
“やわらかいハチ公ロボ”降臨 AI搭載で声掛けや触れ合いに反応
白いゲル素材を活用した、頭と前足が軟らかい手触りのハチ公型ロボット「やわらかロボ!ゲルハチ公」が「2019国際ロボット展」に展示されている。AIを搭載し、人の呼び掛けや頭をなでる動作に応じて、感情を解析する機能を持つ。(2019/12/19)

Innovative Tech:
スマートフォン表示のAR物体を手づかみ ブラウン大学など「Portal-ble」開発
Leap Motionとスマートフォンを組み合わせてハンドトラッキングとフィードバックを効果的に実現。(2019/12/19)

Innovative Tech:
粘着力でフィードバックする触覚ディスプレイは、納豆も再現可能? 阪大と東北大の「StickyTouch」
ペルチェ素子を使い粘着力を変化させる技術。新たな触角フィードバックが得られる。(2019/12/18)

医療機器ニュース:
仮想空間での身体接触を体感できる、布状2次元通信システムを開発
慶應義塾大学は、布状の2次元通信システムと、その技術を応用したハプティクス(触覚)スーツを開発した。この2次元通信ハプティクススーツは、簡単に装着可能で、外部からの接触を疑似的に体験できる。(2019/11/29)

新感覚の“白一色ルービックキューブ”発売 もふもふ、つぶつぶ、じょりじょりと触感の違いでパズルを解く
色は同じだけど触感が違う。(2019/11/21)

3D画像、触覚、音を空中に同時生成 超音波ディスプレイ、東京理科大など開発
視覚、聴覚、触覚の3つの感覚に訴える超音波ディスプレイを、東京理科大などが開発した。(2019/11/18)

新たな触覚センサー開発へ:
タッチエンス、香川大学とライセンス契約結ぶ
タッチエンスは、香川大学とMEMS触覚センサー技術に関するライセンス契約を結んだ。(2019/11/14)

心拍から発電も? 磁石みたいな“電石”が液体に 電池いらずの生体センサー実現に光
国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)と産業技術総合研究所が、半永久的に静電気をためられる液状物質を開発した。小さな振動を電気信号に変換できる柔軟な素材として、脈拍・心拍センサーなど生体センサーへの応用が見込めるという。(2019/11/8)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
布団に入ったまま出勤、が遠からず実現する!?
それを許容する社会になってほしい、と切に願います。(2019/10/28)

東京モーターショー2019:
これは鳥肌!? 電気で伸縮する次世代ゴムがAIの感情表現や触覚伝達に大活躍
豊田合成は「第46回東京モーターショー2019」に出展し、電気で伸縮する次世代ゴム「e-Rubber」を用いたコンセプトデモとして、多彩な触覚を疑似的に再現する「Commu-Touchpad」と、触覚による遠隔コミュニケーションを実現する「Commu-Beat」を披露した。(2019/10/25)

CEATEC 2019:
全固体電池とワイヤレス給電をモジュール化
村田製作所は、「CEATEC 2019」で、電池容量が最大25mAhと大きく、定格電圧が3.8Vの全固体電池を展示。ワイヤレス給電システムと組み合わせ、ミニカーがサーキット走行と充電を自動的に繰り返すデモなどを行った。(2019/10/17)

“瞬間移動”を来春にも提供開始、ANAホールディングス
アバターを介してエベレストや南極、宇宙など幅広い旅行体験を将来的に実現させる考えだ。(2019/10/16)

CEATEC2019会場レポート:
アバターで瞬間移動が可能に!?初出展のANA
ANAホールディングスは「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)に初出展し、同社が開発する普及型コミュニケーションアバター「newme(ニューミー)」のデモンストレーションなどを行った。(2019/10/16)

CEATEC 2019:
幕張メッセで“釣りロボ”遠隔操作 大分県でタイを釣ってみた
大分県の釣り堀に設置されたロボットを遠隔操作し、タイを釣り上げられるブースを、ANAホールディングスが「CEATEC 2019」に出展。釣り竿風のコントローラーを操作すると、ロボットがその通りに竿を動かす。(2019/10/15)

現場管理:
建機の先端感触をオペレータがレバーとグローブで遠隔再現
大林組と慶應義塾大学は、オペレーターが建設重機の触覚を得ながら作業できる力触覚を再現する技術「リアルハプティクス」を開発した。(2019/10/15)

人と同等の皮膚感覚、ロボットに スプレーで材料を塗布、NEDOと熊大
NEDOと熊本大学が、人と同じような皮膚感覚をロボットに持たせるセンサーを開発。圧電膜の材料が溶けた液体を、ロボットの表面にスプレーで塗布し、皮膚センサーを作る。(2019/10/10)

東京モーターショー2019:
トヨタ系サプライヤー5社が協力して自動運転車のインテリアを提案
トヨタ紡織は「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、アイシン精機やデンソー、豊田合成、東海理化と連携して自動運転車のインテリアを提案する。(2019/10/7)

Amazon、無線イヤフォン「Echo Buds」や新型「Echo Dot」など15の新ハードウェア発表
Amazonが本社キャンパスで発表イベントを開催し、Alexa搭載無線イヤフォンやメガネ型端末、「Echo」と「Echo Dot」の新モデル、ハイエンドの「Echo Studio」、Alexa対応オーブンレンジなど15の新製品を発表した。(2019/9/26)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone 11」「11 Pro Max」を試して実感したカメラ大幅進化 そして将来の強みとは
9月20日の販売開始に先駆けて数日間、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro Max」を試用した。進化したカメラの実力を中心として、実機に触れて試してみたインプレッションをお届けする。(2019/9/17)

「iPhone 11」シリーズを試す カメラは“超広角が加わっただけ”ではなかった
iPhone 11シリーズ3機種は、超広角カメラに対応しているのが最大の特徴。ただし、複眼カメラは画角を変えるためだけに使用されているのではない。このカメラに加え、デザインやパフォーマンスも含めてレビューする。(2019/9/17)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
基本の「iPhone 11」か、冒険の「11 Pro」か 現地取材で分かった違い
米Appleのスペシャルイベントで発表された「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro」シリーズ。基調講演から感じ取れたメッセージと、実機に触れたインプレッションを現地からお届けする。(2019/9/12)

iPhone 11シリーズは「3D Touch」非対応に
Appleが発表した「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」には3D Touchが搭載されていない。3D Touchは、ディスプレイを強く押し込むことで、ショートカット操作をしたり、アプリの一部機能へ簡単にアクセスしたりといった使い方ができる。(2019/9/11)

「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」は何が違う? ざっくり整理
2019年の新型iPhoneとして、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」が発表された。いずれも製品名に「11」を冠するが、何が違うのか。主な違いはディスプレイとカメラだ。(2019/9/11)

新型iPhoneは「iPhone 11」 3眼カメラの「iPhone 11 Pro/Pro MAX」も発表
9月20日発売です。(2019/9/11)

よくわかる「標準時間」のはなし(11):
「サーブリッグ分析」の理解は、より効率的な作業設計には欠かせない
日々の作業管理を行う際の重要なよりどころとなる「標準時間(ST;Standard Time)」を解説する本連載。第11回は、動作分析における分析手法の一つである「サーブリッグ(Therblig)」分析について説明する。(2019/9/9)

イノベーションジャパン 2019:
エッジAI、水中での無線給電 500超の研究成果を披露
2019年8月29〜30日に開催された「イノベーションジャパン 2019」(東京ビッグサイト)では、多数の大学、研究機関、ベンチャー企業が出展し、500を超える研究成果を展示した。両日とも会場は多くの来場者でにぎわっていた。今回は、そのうちの一部を紹介する。(2019/9/6)

Samsung、Tizenスマートウォッチ「Galaxy Watch Active 2」を9月に米国で発売
Samsungが、Tizen搭載スマートウォッチ「Galaxy Watch Active 2」を発表した。価格は279.99ドル(約2万9700円)からで、米国で9月に発売する。LTE版もある。(2019/8/6)

産業オープンネット展2019:
組み込みコンピュータとEtherCATカードに加えソフトも、PFUがパッケージ提案
PFUは、「産業オープンネット展2019 東京」に初出展し、組み込みコンピュータとEtherCATカード、OS、SDK(ソフトウェア開発キット)などをパッケージにした提案を紹介した。(2019/8/1)

福田昭のデバイス通信(194) 2019年度版実装技術ロードマップ(5):
IoT用無線モジュール技術と仮想・拡張現実感技術
前回に続き、第2章のテーマ「情報通信」の後半部分を紹介する。今回のキーワードは、LPWA(Low Power Wide Area)無線ネットワークと、現実空間と仮想空間を融合させるクロスリアリティーだ。(2019/7/29)

インターフェックス Week 2019:
液体を量れるAIロボット、活躍場所は宇宙にも広がる?
大成建設は、「第21回 インターフェックス ジャパン」において、産業用ロボットによりさまざまな液体を秤量できるAI(人工知能)披露した。(2019/7/8)

バーチャルYouTuberが接客 創業127年の老舗・萩原が挑む、新世代の集客術
バーチャルYouTuberを店頭集客に利用する新しいビジネスが生まれている。リアル店舗の新しい取り組みを紹介しよう。(2019/6/30)

音を振動と光で表現するウェアラブル端末「Ontenna」、7月発売 ろう学校への無償提供も 富士通から
富士通が周囲の音を振動と光で表現するデバイス「Ontenna」の一般販売を7月に開始すると発表した。(2019/6/11)

TDK 0904H014V060、1204H018V060:
触覚フィードバック用ピエゾアクチュエーター
TDKは、触覚フィードバック用PowerHapピエゾアクチュエータシリーズから、小型の「0904H014V060」「1204H018V060」を発売した。アクチュエーターの特性に加え、逆圧電効果を用いたセンシング機能を備える。(2019/6/5)

「歩いている感覚」を座ったままで体感 限られたスペースで豊かなVR体験ができそうなNTTの新技術
視覚・聴覚の刺激に加えて足の裏に振動を与える仕組み。(2019/5/31)

目隠しして舌の上で味わう「アナと雪の女王」の世界 東京ディズニーランドホテルでアレンデール料理を体験
“魔法のアイマスク”をつけて。(2019/5/31)

教材の書体を変えるだけで子どもの読解力が上がった!? モリサワに聞く「フォントのユニバーサルデザイン」(1)
まだ国内に1つしかないUD系の教科書体について取材しました。(2019/6/7)

“震える椅子”で会議が活発に 東京都市大学が実験
東京都市大学の研究チームが、会議の状況に応じて参加者の椅子を振動させると意見交換が活発になるという研究結果を発表した。(2019/5/17)

教えて! キラキラお兄さん:
ITで日本のアパレルの問題を解決できますか?
全国に散在する規模や得意分野が異なる縫製工場に、電話やファクスで問い合わせて製造を依頼する。そんなアパレル業界の「常識」を変革するディスラプターは、元大学の研究者だった。(2019/5/13)

VRニュース:
指先位置追跡と手のひらへの力触覚フィードバックを融合させた新ソリューション
exiiiは、指先の位置追跡(ハンドトラッキング)と手のひらへの力触覚フィードバックを組み合わせた新たな触覚提示ソリューション「EXOS Wrist Hand Tracking Edition」の提供開始を発表した。(2019/4/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。