ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  8

  • 関連の記事

「805SC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「805SC」に関する情報が集まったページです。

「805SC」の“ここ”が知りたい(4):
スライドと連動する機能はあるか――「805SC」
これまでのSamsung電子製端末から細かい使い勝手が改善された「805SC」。スライド連動機能やポケベル入力の有無、さらにWebブラウジング、カメラ、データフォルダ、スケジュールなどをチェックした。(2007/8/24)

「805SC」の“ここ”が知りたい(3):
音楽プレーヤーは使いやすいか――「805SC」
805SCの「メディアプレイヤー」は、従来のSamsung電子製端末と比べかなり改善された。イコライザやバックグラウンド再生、Bluetoothを利用したワイヤレス再生について検証する。(2007/8/23)

「805SC」の“ここ”が知りたい(2):
Bluetoothでワンセグの音声を聴けるか――「805SC」
W-CDMA対応として世界最薄のスライド型ワンセグケータイ「805SC」。それだけに、ワンセグの使い勝手に関する質問が多数寄せられた。連続再生時間、ながら操作、着信時の動作などについてチェックした。(2007/8/22)

「805SC」の“ここ”が知りたい(1):
キーやディスプレイのサイズが気になる――「805SC」
厚さ13.5ミリのコンパクトなスライドワンセグケータイ「805SC」。スリム端末で気になる操作性や対応するソフトバンクのサービス、快適にワンセグを視聴できるのかをチェックした。(2007/8/21)

厚さ13.5ミリのスライドワンセグ端末「805SC」、スパボ新規で実質負担約1万4000円
ワンセグを搭載したスライド型の3G携帯としては世界最薄とうたうSamsung電子製端末「805SC」の販売が6月16日から始まった。新スーパーボーナス契約で購入すると、実質総負担額は1万4000円弱になる。(2007/6/19)

写真で見る「805SC」
スライド型ワンセグ端末で13.5ミリという世界最薄を実現したSamsung電子製の「805SC」。薄型ボディとその中に詰め込まれた各種機能を写真で見ていこう。(2007/6/14)

“世界最薄スライドワンセグ”の「805SC」、6月16日発売
ソフトバンクモバイルは、“世界最薄スライドワンセグケータイ”Samsung電子製のHSDPA端末「805SC」を6月16日に発売すると発表した。厚さ13.5ミリと、スライドボディとしては世界最薄。(2007/6/14)

ワンセグ+HSDPAの“世界最薄”スライドワンセグケータイ──「805SC」
ソフトバンクモバイルが、開発表明していたSamsung電子製の“世界最薄スライドワンセグケータイ”「805SC」について、詳細を明らかにした。ワンセグとHSDPAに対応しながら13.5ミリの薄さを実現している。(2007/5/22)

ポケットサイズのワンセグ対応HSDPA端末──「805SC」
ソフトバンクのサムスン製端末としては、初めてワンセグに対応する「805SC」。HSDPA対応に加え、ワンセグアンテナを内蔵し厚さ13.5ミリという薄さを誇る。(2007/1/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。