ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  8

  • 関連の記事

「822SH」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「822SH」に関する情報が集まったページです。

ほぼ全部入り「920T」と軽量AQUOSケータイ「822SH」、12月15日発売
ソフトバンクモバイルは、2007年秋冬モデルのハイエンド機種「920T」と軽量AQUOSケータイ「822SH」を12月15日に全国で発売する。(2007/12/13)

“ほぼ全部入り”「920T」と最薄・最軽量のAQUOSケータイ「822SH」、予約受け付け開始
東芝製のハイエンド端末「920T」と、シャープ製の最薄最軽量AQUOSケータイ「822SH」の予約受付がソフトバンクオンラインショップで始まった。新スパボ利用時の新規一括価格は、920Tが8万1120円、822SHは7万3920円。(2007/12/11)

写真で見る「822SH」
ソフトバンクモバイルのシャープ製端末「822SH」は、AQUOSケータイ 4th modelこと「920SH」の廉価版に位置づけられる端末だ。外観はほぼ同じで、一部機能のみが異なる。(2007/10/23)

AQUOSケータイ最薄・最軽量、3インチディスプレイ搭載――「822SH」
シャープのAQUOSケータイ「822SH」は、AQUOSケータイ最薄・最軽量の3Gハイスピード対応モデル。3インチワイドQVGAディスプレイを搭載し、音楽機能はWindows Media Audioに対応する。(2007/10/22)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。