ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  9

  • 関連の記事

「920T」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「920T」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

セイコーインスツル MS920T:
85℃まで動作可能、SIIのコイン型リチウム二次電池
「MS920T」は、85℃の高温環境でも安定した動作が可能なコイン型リチウム二次電池である。温度上昇が想定される自動車内や直射日光に当たる高温環境で使用される、電子機器のリアルタイムクロックやメモリの電源バックアップ用途に向ける。(2014/1/31)

ビジネスニュース 企業動向:
中国のスマートフォン市場で、NokiaとAppleがせめぎ合い
NokiaとChina Mobileは、TD-SCDMA対応のスマートフォン「Lumia 920T」を発売すると発表した。この提携により、Nokiaは、現時点でこの市場においてAppleよりも優位に立ったと言えるかもしれない。近く中国で「iPhone 5」を発売するAppleにとっても、China Mobileとの提携が成功へのカギになると考えられる。(2012/12/11)

Nokia、249ドルの「Lumia 620」とChina Mobileの「Lumia 920T」発売を発表
Windows Phone 8端末の売れ行きが思わしくないNokiaが、Lumiaシリーズの廉価モデルと、世界最大の通信キャリアChina MobileからのLumia端末発売を発表した。(2012/12/6)

ついに登場、有機EL搭載の“REGZAケータイ”――「921T」
ソフトバンクモバイルの「921T」は、東芝が展開するハイビジョンテレビのブランドを冠した“REGZAケータイ”だ。ハイエンド端末「920T」の機能はそのままに、鮮やかな映像を映し出す有機ELディスプレイを搭載した。(2008/1/28)

ほぼ全部入り「920T」と軽量AQUOSケータイ「822SH」、12月15日発売
ソフトバンクモバイルは、2007年秋冬モデルのハイエンド機種「920T」と軽量AQUOSケータイ「822SH」を12月15日に全国で発売する。(2007/12/13)

“ほぼ全部入り”「920T」と最薄・最軽量のAQUOSケータイ「822SH」、予約受け付け開始
東芝製のハイエンド端末「920T」と、シャープ製の最薄最軽量AQUOSケータイ「822SH」の予約受付がソフトバンクオンラインショップで始まった。新スパボ利用時の新規一括価格は、920Tが8万1120円、822SHは7万3920円。(2007/12/11)

写真で解説する「920T」(ソフトウェア編)
2007年春モデル「911T」の後継モデルとして登場する東芝製の新機種「920T」。ソフトウェアやユーザーインタフェースの多くは前機種と共通する部分は多いものの、ワンセグ機能に“911Tにこれさえあれば”といういくつか機能が新たに搭載されるなど、細かい進化を遂げている。(2007/10/23)

動画で見る「920T」
前モデル「911T」の特徴を色濃く引き継いだ、東芝製の新機種「920T」。外観はボディカラーや十字キー周り、そしてキー形状やレイアウトなどに若干の変更があるようだ。911Tと見た目の印象はどれだけ違うのか、動画で見比べてみよう。(2007/10/22)

写真で解説する「920T」
“ほぼ全部入り”だった2007年春モデル「911T」の高機能さを引き継ぎ、新デザインと外光下でも見やすい3インチワイドVGAクリアスクリーン液晶を採用。スペックは大きく変わらず、さながら911Tのマイナーチェンジ版という位置付けだが、911Tでは未対応だったワンセグの予約録画や外部メモリ録画機能などもしっかり備えるなど、さらなる使い勝手への工夫も盛り込んだ。(2007/10/22)

3インチWVGA、Bluetooth、ワンセグ、スリムスライド、“ほぼ全部入り”の進化版──「920T」
あの“ほぼ全部入り”が正統進化──東芝製の「920T」は、2007年春モデル「911T」のスリムスライドボディやワンセグ、3インチワイドVGAディスプレイ、HSDPA、Bluetooth、1Gバイトメモリ、S!FeliCaなどを継承し、新たにクリアスクリーン液晶や外部メモリ録画/予約録画機能、大容量バッテリーなどを備えて進化した。(2007/10/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。