ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「A5526K」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「A5526K」に関する情報が集まったページです。

「W44K II」「A5526K」開発陣インタビュー:
“スリムなau端末”を担う京セラのベストスリムゾーン戦術
人気の薄型端末「W44K」のマイナーチェンジモデル「W44K II」と、そのコンセプトを継承した1X端末の「A5526K」。薄さと使いやすさを併せ持ち、幅広い層に支持がある両端末について、開発背景を担当者に聞いた。(2007/9/11)

「W44K II」「A5526K」、新規価格は1万円前後
auの京セラ製スリムケータイ「W44K II」と「A5526K」が都内量販店の店頭に並んだ。新規価格はW44K IIが9240円、A5526Kが1万290円でどちらも1万円前後となっている。(2007/6/1)

KDDI、京セラ製「W44K II」「A5526K」を5月末から順次発売
KDDIは、京セラ製WIN端末「W44K II」を5月30日から、同1X端末「A5526K」を5月31日から順次発売すると発表した。(2007/5/30)

厚さ14.7ミリ、スリムなフレンドリーケータイ──「A5526K」
“簡単”“安心”“使いやすい”がコンセプトのスリムケータイ「A5526K」。スリムなボディに8つの“でか”機能を搭載した。(2007/5/22)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。