ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「京セラ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「京セラ」に関する情報が集まったページです。

蓄電・発電機器:
京セラがクレイ型リチウムイオン電池の新モデル、寿命を1.6倍以上に向上
京セラが住宅向け蓄電システムの新製品「Enerezza Plus」(エネレッツァプラス)を発表。半固体クレイ型リチウムイオン蓄電池を採用した「世界初」(同社)のモデルで、従来より長寿命化を実現した。(2024/2/21)

嵌合作業時の破損防止構造を採用:
京セラ、0.3mmピッチ基板対基板コネクターを発売
京セラは2024年2月、0.3mmピッチ基板対基板コネクター「5814シリーズ」の販売を始めた。通信端末やウェアラブルデバイスといった用途に向けて、小型化と同時に嵌合作業時の破損防止構造を採用した。(2024/2/9)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
タフネススマホ「TORQUE G06」のカメラはあれこれ遊んでみよう アウトドアカメラとして面白い!
今や希少なタフネススマホである京セラの「TORQUE」。2023年10月に久々の新機種「TORQUE G06」が投入されたので、カメラ機能をあれこれ試してみよう。(2024/2/5)

SEMICON Japan 2023:
半導体の微細化に貢献 製造装置の精度向上を実現するファインセラミックス、京セラ
京セラは「SEMICON Japan 2023」に出展し、半導体製造装置に使用するファインセラミックスの技術を展示した。ファインセラミックスは硬度の高さや加工のしやすさが特徴で、精度向上が求められる半導体製造装置で導入が進んでいる。(2024/1/24)

法人向け高耐久スマホ「DuraForce EX」1月29日から順次発売 ドコモやソフトバンクほか
京セラは、1月29日から法人向け高耐久スマホ「DuraForce EX」を順次販売開始。落下や衝撃に強く電池交換が可能で、業務を効率化する多彩な機能を備える。NTTドコモ、ソフトバンク、SIMフリーモデル、Wi-Fiモデルを展開する。(2024/1/17)

企業の再エネ活用を後押しする新サービス:
PR:「初期投資ゼロ」で太陽光の自家消費を実現 製造業注目の「京セラのPPA」とは
製造業の再エネ活用法として注目されている自家消費型太陽光発電。その導入を「初期投資ゼロ」で実現する新たなサービスが登場した。太陽光パネルメーカーである京セラだからこそ提供可能な、そのサービスの内容とは?(2024/1/5)

企業の再エネ導入のハードルを下げる:
PR:製造業の「再エネ活用」の課題を解決、京セラが展開する新事業とは?
製造業の経営課題となっている再エネ活用だが、その具体策の選定に悩む経営層や企業のCSR担当者も多い。京セラがこうした製造業の再エネ活用の課題解決に向けて、再エネ導入のハードルを下げる新サービスを発表した。その内容とは?(2023/12/27)

タフネススマホ「TORQUE G06」は何が進化したのか その中身と「耐海水」の秘密を聞く
京セラの「TORQUE G06」は、タフネススマートフォンとして現在も現役でありつづけるTORQUEシリーズの最新モデルだ。先代の「TORQUE 5G」からボディーが小型軽量となっただけでなく、カメラ機能も進化した。これら進化した点の詳細と、タフネスデバイスでは非常にまれな「耐海水」を掲げる理由を京セラに聞いた。(2023/12/12)

部品の小型化、実装の高密度化への最適解:
PR:ディスペンサ塗布精度の「限界突破」を実現! セラミックノズルに替えるだけ
電子部品の小型化や実装の高密度化が進む中、より高精度な実装技術が求められている。ディスペンサ装置を買い替えずに実装精度を上げる方法として京セラが提案するのが、「ディスペンサノズルをセラミックノズルに付け替えること」だ。(2023/12/6)

IIJ、法人向けSIMフリー端末を拡充 京セラ、シャープ、モトローラなどの11機種を追加
IIJは、法人向けにSIMロックフリー端末を提供する「IIJ モバイルサプライサービス」の取扱端末を拡充。「Redmi Note 10T」「DIGNO SX2」など、スマートフォン/タブレット、LTEルーター11機種を追加する。(2023/11/30)

海で使うIT:
「TORQUE G06」は海上でも使えるアウトドアギアか 実際にヨットに乗って試してみた
京セラの「TORQUE G06」は、9月28日に発売され11月から個人向けに出荷が始まったアウトドア志向のスマホだ。京セラは5月に個人向け携帯事業からの撤退を発表しているが、「TORQUE」シリーズは継続するとしている。今回は本製品を実際に海上で使ってみた。(2023/11/21)

ロボット開発ニュース:
1人のオペレーターで複数の配送ロボットを遠隔操作する実証実験を開始
京セラコミュニケーションシステムとNEDOは、1人のオペレーターで複数の自動配送ロボットの遠隔監視、操作を行える配送サービスの実証実験を開始した。(2023/11/8)

協働ロボット:
京セラがAIと3Dビジョンで協働ロボットを知能化するクラウド型サービス
京セラは、AIと3Dビジョンで協働ロボットを知能化する「京セラロボティックサービス」を発表した。知能化により多品種少量生産における柔軟な作業に対応でき、クラウドへの常時接続で運用状況を常に管理できる。(2023/11/7)

京セラ、法人向け高耐久スマホ「DuraForce EX」のWi-Fiモデルを2024年2月以降に発売
京セラは、2024年2月以降に法人向け高耐久スマホ「DuraForce EX」のWi-Fiモデルを発売。Wi-Fiアクセスポイント間の切り替えをスムーズに行う「Wi-Fiハンドオーバー」を搭載し、接続をサポートする。(2023/11/6)

組み込み開発ニュース:
電波の集中と高度な制御で動くモノに無線給電、PHS基地局の技術応用
京セラは5.7GHz帯における空間伝送型ワイヤレス電力伝送システムの実現につながる基礎技術を開発したと発表した。(2023/10/24)

auオンラインショップ、「TORQUE 5G」を8万8885円→6万6800円に値下げ
auオンラインショップが京セラ製の高耐久スマートフォン「TORQUE 5G KYG01」の価格を改定した。一括価格は8万8885円(税込み、以下同)だったが、2万2085円の値下げされ、6万6800円となった。au直営店でも同様の価格案内となっている。(2023/10/23)

CEATEC 2023:
GaN層を超低欠損で成膜できる新工法がCEATEC AWARD受賞、マイクロLED普及に弾み
京セラは、「CEATEC 2023」において、高品質なGaN結晶層を形成する技術により、高い歩留まりと低コストでマイクロLEDやマイクロレーザー基板を作成できる新工法を紹介した。同技術は「CEATEC AWARD 2023」におけるアドバンストテクノロジー部門のグランプリを受賞している。(2023/10/18)

航空宇宙/防衛市場でサービス向上:
京セラ子会社、米タイミングデバイスメーカーの資産取得
京セラ子会社のKYOCERA AVXは、米国のタイミングデバイスメーカーであるBliley Technologiesの資産を取得した。航空宇宙、防衛市場でのサービス向上を目指す。(2023/10/16)

スマホやドローンに無線で電力伝送 充電やバッテリー交換が不要に 京セラが新技術
京セラは10月11日、スマートフォンやドローンなどの移動体に対し、電力をワイヤレスで伝送できるようにする基礎技術を開発したと発表した。従来、手間となる充電やバッテリー交換が不要になるという。京セラは今回発表した独自技術の研究開発を急ぐ。(2023/10/11)

電力供給サービス:
4種のNon-FIT太陽光から電力調達、京セラが「再エネ電力供給ビジネス」に本格参入
京セラが、自社製の太陽光発電システムと電力調達/販売をセットにした電力供給ビジネスを開始した。企業向け、住宅向け、それぞれに初期費用ゼロのNon-FIT太陽光スキームを展開する。(2023/10/10)

Mobile Weekly Top10:
au×京セラのタフネススマホ「TORQUE」に2年ぶりの新モデル!!
京セラがau向けに提供しているタフネス端末「TORQUE」に2年ぶりの新モデルが登場します。ITmedia Mobileの読者的には、TORQUEは非常に目の離せない存在のようで、発売を伝える記事がとてもよく読まれました。(2023/10/7)

「CEATEC 2023」事前情報:
日常を支える技術や次世代インフラ技術を展示、京セラ
京セラは2023年10月17〜20日に開催される「CEATEC 2023」(幕張メッセ)に出展し、「“we connect new stories”わたしたちは、未来を紡ぐ。物語を紡ぐ。」をテーマに、製品・ソリューションのデモやプレゼンテーションを行う。(2023/10/4)

製造IT導入事例:
京セラユニメルコ、トレーサビリティー管理のためPLM「Aras Innovator」採用
アラスジャパンは、同社のエンタープライズPLMパッケージ「Aras Innovator」を京セラユニメルコが採用したと発表した。(2023/9/29)

京セラ 再エネ電力供給ビジネスに参入 自社の太陽光発電システムから電力調達
住宅や企業の工場に初期投資なしで太陽光発電システムを導入できるサービスを展開し、余剰電力を京セラがビジネスに活用する。(2023/9/29)

auが「TORQUE G06」発表、9万円台の高耐久スマホ 2年ぶりの新モデルは何が最強?
KDDIと沖縄セルラー電話は、京セラ製の高耐久スマートフォン 「TORQUE G06」をauで10月19日に発売する。先代の「TORQUE 5G」から約2年ぶりに登場したTORQUE G06は、あらゆる耐久試験をクリアし、過酷な環境でも使用できる点が大きな売りだ。auオンラインショップでの価格は1回払いが9万8000円となっている。(2023/9/28)

京セラのタフネススマホ「DuraForce EX」はどんな感じ? ブランド初の“日本向け”をチェック!
京セラが2024年1月下旬以降にリリースする法人向けスマートフォン「DuraForce EX」は、DuraForceブランドの端末としては初めて日本向けに開発されたモデルである。試作機を通して、その特徴をチェックしていこう(2023/8/3)

初めての日本向けモデル:
京セラの法人向け高耐久スマホ「DuraForce EX」が2024年1月下旬以降に登場 ドコモとソフトバンクからも発売
京セラの高耐久スマホ「Duraforce」の最新モデルが、2024年1月下旬以降に発売される。同ブランドとしては初めて日本市場を想定して開発されたことが特徴で、バーコード読み取り機能や電源を切らずに電池着脱と交換を行える「バッテリー交換機能」などを備える。同社の他、NTTドコモとソフトバンクを通した販売も行われる(2023/8/3)

KDDIから:
新型TORQUEは「間もなく発表」 京セラが予告
京セラは8月3日、通信事業の戦略発表会を開催した。その中で、au(KDDIと沖縄セルラー電話)向けに展開しているタフネススマホ「TORQUE」シリーズの新モデルを「間もなく発表する」を明らかにした。(2023/8/3)

猛暑に商機 「ひんやりグッズ」の狙い:
京セラ、セラミック加工の「錆びないボトル」販売好調 スポーツ飲料対応で独自路線
猛暑が続く中、京セラ製ボトルの販売が好調だ。内側にセラミック加工を施し、スポーツ飲料の持ち運びに対応している。(2023/7/31)

キーマンズネット まとめ読みeBook:
大企業の業務改革だって情シス部門は「楽勝」ではない 4社の事例まとめ
誰もが知る大手企業のシステムも多くの課題を抱えている。楽天、カルビー、京セラ、オープンハウスの業務改革から、レガシーシステムから脱却するヒントを探る。(2023/7/27)

CAEニュース:
Unityを活用した協働用ロボットのデジタルツインとは
京セラは、東京都内で開催された「Unity産業DXカンファレンス」で、Unityで構築したデジタルツインにより協働用ロボットの開発を加速する手法について解説した。(2023/7/13)

京セラ 6893シリーズ:
FPC/FFC向け、ワンアクションロックタイプコネクター
京セラは、ワンアクションロックタイプコネクター「6893」シリーズのサンプル出荷を開始した。0.5mmピッチのFPCおよびFFC向け製品で、同社従来品と比較して、異物除去性能が2倍に向上した。(2023/7/12)

京セラが“超ニッチ商材”をメタバースでお披露目 その狙いとは?
メタバースと聞いて「なんだバズワードか」と感じた人は正直多いだろう。最近のテック業界は生成AI一色で「メタバースなんてもう流行らん」という声も少なくない。しかし、メタバースの可能性を信じ、着実にコミットし続ける動きもある。その1社が京セラだ。(2023/7/7)

個人向けスマホ撤退の京セラ、「TORQUEは今後も継続」 ファンから感謝の声
個人向けスマートフォン事業からの撤退を発表した京セラが、高耐久スマホ「TORQUE」シリーズについて「今後も(展開を)継続していきたい」との方針を発表した。(2023/6/9)

人とくるまのテクノロジー展 2023 横浜:
77GHz帯だけじゃない、ミリ波レーダーが開く車載センサーの可能性
車載のミリ波レーダーと言えば、先行車両の検知に用いられる77GHz帯の製品が広く知られている。「人とくるまのテクノロジー展 2023 横浜」では、村田製作所と京セラが、それとは異なるタイプの車載ミリ波レーダーの展示を行った。(2023/6/9)

TORQUEはコンシューマー・法人向けに「今後も継続」 京セラがファンサイトで明言
個人向け携帯電話事業を2025年3月に終了することを明らかにした京セラだが、高耐久スマートフォンの「TORQUE」については、今後も継続する意向を示している。ファンコミュニティーサイトの「TORQUE STYLE」では、コンシューマー向けにもTORQUEを継続していきたいとコメントしている。(2023/6/8)

電波の使用を避けたい用途に:
GaNレーザーを使った光無線通信「Li-Fi」、京セラがデモ
京セラは「ワイヤレスジャパン」(2023年5月24〜26日)に出展し、1〜2km先まで照らせるGaN(窒化ガリウム)レーザーや、GaNレーザーを使った光無線通信「Li-Fi」を展示した。(2023/6/2)

“ボロボロ”の国内スマホメーカー ここまで弱体化してしまった「4つの理由」とは
2023年5月、バルミューダと京セラが相次いで個人向けスマートフォン事業からの撤退を発表し、FCNTが民事再生法を申請するなど、国内スマートフォンメーカーの撤退・破綻が相次いだ。一連の出来事に大きく影響しているのは国内スマートフォン市場を取り巻く“四重苦”というべき現状だ。(2023/6/1)

石川温のスマホ業界新聞:
京セラが個人向けスマートフォン事業から撤退へ――「シニア向けスマホ」はアクセシビリティを強化するiPhoneにシフトか
京セラが個人向け携帯電話端末事業からの撤退を発表した。今後は需要の見込める法人向け端末に注力するという。一方で、Appleが日本メーカーが取り組んできたシニア向け機能の強化に取り組み始めている。(2023/5/28)

製造マネジメントニュース:
半導体関連事業へ「飛び抜けて過去最大規模」の投資、京セラが初の中期経営計画
京セラは、同社としては初となる3カ年の中期経営計画を発表。3年間で前3カ年の2倍近くとなる1兆2000億円の設備投資および研究開発投資を行い、その内約半分を半導体関連事業に割り当てる方針を示した。(2023/5/17)

京セラが個人向け携帯電話事業から撤退へ ただし高耐久スマホ「TORQUE」は継続予定
京セラが、個人向け携帯電話事業から撤退することが明らかになった。携帯電話事業を含むコミュニケーション事業が苦戦していた。高耐久スマートフォン「TORQUE」や、法人向け携帯電話は引き続き開発していく。(2023/5/16)

京セラ、個人向けスマホから撤退へ
京セラが個人向けスマートフォンから撤退する。5月15日に開かれた同社の決算説明会において、谷本秀夫社長が明言した。2025年3月までに販売を終了する予定という。今後は、法人向けスマートフォンや5G関連設備に注力するとしている。(2023/5/15)

イノベーションのレシピ:
京セラが水使用量を99%削減可能なインクジェット捺染プリンタを発売
京セラは、インクジェット捺染プリンタ「FOREARTH」を開発し、2023年秋頃に先行販売開始する。FOREARTHの発売を皮切りに、インクジェット捺染プリンタ市場に参入する。(2023/5/11)

工場ニュース:
京セラが長崎で半導体パッケージなど生産へ、2026年度に新工場が稼働
京セラは、長崎県諫早市の南諫早産業団地における新工場用地取得に関する立地協定を、長崎県ならびに諫早市と締結した。新工場では、ファインセラミック部品や半導体パッケージの生産を予定している。(2023/4/26)

京セラが決算発表を延期 米子会社にサイバー攻撃
京セラが2023年3月期通期決算発表の日程を延期する。米子会社「KYOCERA AVX Components Corporation」がサイバー攻撃を受け、決算数値の確定に時間がかかっているためとしている。(2023/4/25)

京セラ KGM03:
0603サイズで静電容量値10μFのMLCC
京セラは、0603サイズで静電容量値が10μFと高容量の積層セラミックコンデンサー「KGM03」シリーズを発表した。同社従来品と比較して、容量が約2倍に拡大している。(2023/4/12)

製造ITニュース:
AI外観検査システムを容易に導入できるパッケージシステムを提供開始
京セラコミュニケーションシステムは、製造業でのAI外観検査システムを容易に導入できる「外観検査AIパッケージ」の提供を開始した。AIモデル開発で最も時間を要していた検証プログラムの開発やテストの期間を従来の10分の1に短縮できる。(2023/4/11)

2028年度までに約620億円を投資:
京セラが長崎諫早に新工場設立、2026年度に稼働
京セラは、長崎県諫早市の南諫早産業団地内に新工場を設立する。工場は2026年度の稼働予定で、半導体関連に用いられるファインセラミック部品や半導体パッケージを生産する。2028年度までの投資額は約620億円を予定している。(2023/4/10)

FAニュース:
高硬度化と高靭性化を両立するミーリング新材種、加工寿命は従来品の2.5倍
京セラは、鋼やステンレス鋼、鋳鉄の加工用ミーリング新材種「PR18」シリーズの販売を開始した。高硬度化と高靭性化を両立し、従来品比で2.5倍の加工寿命を有する。(2023/4/3)

安全システム:
ITSコネクトに新展開、自転車と自動車の車車間通信で出合い頭の衝突防止
パナソニック サイクルテックとパナソニック システムネットワークス開発研究所はITS(高度道路交通システム)を活用した自転車と自動車の車車間通信の実証実験を行う。京セラやトヨタ自動車、豊田通商も協力する。(2023/3/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。