「TORQUE G06」ユーザーイベントで語られた魅力 要望に応えて「新色」背面カバー発表も(1/2 ページ)

» 2024年03月18日 10時00分 公開
[金子麟太郎ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 京セラ製の高耐久スマートフォン 「TORQUE G06」。その発売日である2023年10月19日から約5カ月がたった2024年3月16日、販売元のKDDIとメーカーの京セラがユーザー向けのイベントを都内のauショップで開催した。

TORQUEG06 KDDI ユーザーイベント 「TORQUE G06」
TORQUEG06 KDDI ユーザーイベント レッドとブラック

 TORQUE G06は、IP68の防水・防塵(じん)だけでなく、高さ約2mからローレット加工の金属板に落下させる試験をクリアし、荒道の振動にも耐えられる。さらに、43度以下の温水や泡ハンドソープで本体の汚れなどを洗い流せる他、耐氷結、耐海水、耐荷重、耐薬品もアピールされている。TORQUE G06がクリアした試験項目数は、TORQUE史上最多の29項目となっている。

 Xをモチーフとしたフレームや、背面のカバーが外れにくいターンロック構造が、TORQUE G06の耐久性能にも欠かせない点だという。昨今のスマートフォンでは珍しい仕様もある。4270mAhのバッテリーは背面のカバーを外せば交換でき、ワイヤレス充電も行える点だ。詳細は後述するが、こちらも好評のようだ。他にも、聞き取りやすさを重視した、大音量のフロントステレオスピーカーも搭載する。

TORQUEユーザーイベント、メーカーとユーザーの接点の場に

 イベントへは、ファンコミュニティーサイトの「TORQUE STYLE」での募集に応募し、当選した人が来場。午前の回と午後の回、合わせて22人が参加した。

TORQUEG06 KDDI ユーザーイベント イベントの様子。キャリアと端末メーカーの中の人によるプレゼンを、ユーザーが聞ける機会も貴重だろう

 冒頭、KDDIパーソナル企画統括本部 プロダクト企画部 企画1Gの山澤秀雄氏が、KDDIとして日頃、どのように製品企画に取り組んでいるのかを説明した。「KDDIはタフネスにこだわりを持って製品を企画している。趣味にアクティブに業務にといろいろなシーンで使えるように耐久性に磨きをかけてきた。いろいろな場所へ出向き、ユーザーの声をサービスや製品に取り入れるようにしている」(同氏)

 ユーザーがショップへ訪れることはあっても、日頃の困り感や要望はダイレクトに企画や設計の担当者へ届きづらい面がある。KDDIと京セラは、ユーザー向けのイベントを通して、ユーザーの生の声を拾い、製品の企画や設計に役立てるという。

TORQUEG06 KDDI ユーザーイベント KDDIパーソナル企画統括本部 プロダクト企画部 企画1Gの山澤秀雄氏

 京セラ 通信機器事業本部 通信事業戦略部 コ・クリエーションビジネスユニット 商品戦略課の福井裕二朗氏は、「京セラとして、ユーザーの声に耳を傾けるべく、新商品を発売した後に購入者アンケートを実施している」と明かした。TORQUEシリーズについては「5000通を超えるアンケート結果」を得ているという。「これはもう本当に他のモデルと比較しても桁違いに多い数字で、本当に皆さんからの厚いご期待を感じている」(同氏)

TORQUEG06 KDDI ユーザーイベント 京セラ 通信機器事業本部 通信事業戦略部 コ・クリエーションビジネスユニット 商品戦略課の福井裕二朗氏

 そんなユーザーの「期待に応える」という意味でも、こうしたイベントが重要だという。

オリジナル背面カバー発表 風を切るスピード感などを柄で表現

 イベントでは、山澤氏からサプライズがあった。同氏は「TOEQUE G06に関する新しい情報を届けたい」とし、TORQUE G06のアクセサリー「背面カバー」を発表した。取り外せる電池パックを保護する役割を持ち、TORQUEを象徴するようなネジのロック機構もある。京セラだけでなく、KDDIとしてもユーザーの声を拾い集めているとのことで、「TOEQUE G06の発売後、いい声もあれば、要望もあった」(同氏)という。その要望とは「カラーバリエーション」だ。

 TORQUE G06のカラーはレッドとブラックの2色しかない。先代に相当する「TORQUE 5G」で用意されていたイエローは、G06にはない。特段、イエローだけを求める声はないそうだが、「ネットや口コミでもカラーバリエーションに関する意見が多く見られた」(同氏)そうだ。そこで、「さまざまな色やデザイン、パターンを悩んだ結果、このイベントにて発表するに至った」(同氏)

TORQUEG06 KDDI ユーザーイベント 「TORQUE 5G」で用意されていたイエロー

 発表されたカバーはこれまでのTORQUEに含まれるイエローなどの明るいカラーではなく、ベースが赤色のカバーだった。とはいえ、「デザインの違いを感じていただけるような新しいデザイン」となっており、「風を切るスピード感や、泥水を弾き飛ばす打撃を表現した柄」となっている。ちなみに、「レッドとブラックのどちらにもマッチし、かつ個性的な外観に変えることができる」としている。

 価格は5500円(税込み)、予約開始は3月22日、発売は28日。数量限定販売を予定する。

TORQUEG06 KDDI ユーザーイベント TORQUE G06向けの新しい背面カバー。風を切るスピード感や、泥水を弾き飛ばす打撃を表現した柄となっている
TORQUEG06 KDDI ユーザーイベント 手持ちのTORQUE G06に取り付けた男性は喜んでいた
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年