ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アプリケーションデリバリー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アプリケーションデリバリー」に関する情報が集まったページです。

宇宙開発:
低毒性燃料採用の超小型衛星用スラスター開発はリアル下町ロケットだった!?
低毒性燃料を採用した超小型衛星用スラスターを開発した由紀精密と高砂電気工業。両社とも老舗の中小企業で宇宙分野への参入が比較的新しいこともあり、小説やテレビドラマで話題になった「下町ロケット」をほうふつとさせるところもある。では実際の開発は、どのようなものだったのだろうか。両社の関係者に話を聞いた。(2021/10/7)

カスタマーエッジを軸に素早く、安全にアプリケーションを届けるVolterra:
PR:F5のエッジ・クラウド戦略、Volterra統合で加速する分散アプリケーション基盤を包括的にカバー
エッジにアプリケーションを分散配置するなど、アプリケーション実行基盤が複雑化し、安全な実行はもちろん、可視化や分析の難易度は増すばかりだ。F5 NetworksはVolterraを買収することで、このような現状を解決するソリューションを幅広く展開するという。(2021/7/13)

超低ジッタで高いタイミング精度:
ADI、帯域幅10Gbpsのデジタルアイソレーター発表
アナログ・デバイセズ(ADI)は、合計10Gビット/秒の帯域幅を実現したiCouplerデジタルアイソレーター「ADN4624」を発表した。(2021/7/12)

Gartner Insights Pickup(198):
2021年に持続可能なアプリケーションデリバリーを実現するための必須スキル
アプリケーションリーダーは、組織がビジネスニーズに対応していけるように、アプリケーション基盤のレジリエンス(回復力)とサステナビリティ(持続可能性)に重点を置き、アプリケーションチームを進化させていく必要がある。(2021/3/12)

東京データセンターを開設:
F5がクレデンシャル詐欺対策のShapeを追加し、アプリケーションセキュリティクラウドの国内提供を本格化
F5ネットワークスがアプリケーションセキュリティ製品群「F5 Silverline」で東京のデータセンターの運用を開始し、さらにクレデンシャル詐欺対策の「F5 Silverline Shape Defense」を追加した。これにより、Silverlineの国内提供を本格化する。(2020/8/6)

Kubernetesアドミッションコントローラーの利用など:
コンテナイメージスキャニング、12のベストプラクティス――Sysdigが解説
Sysdigがコンテナイメージスキャニングの12のベストプラクティスを公式ブログで解説した。(2020/7/31)

特集:継続的に儲けるための「セキュリティバイデザイン」入門(2):
コンテナ、サーバレスなどクラウドネイティブに求められる「開発者に優しいセキュリティ」がゼロトラストな理由
コンテナ、マイクロサービス、サーバレス、そしてアジャイル/DevOpsといった、デジタルトランスフォーメーション(DX)時代に求められる技術や手法を駆使した現在の開発では、どのようなセキュリティバイデザインが求められるのか。(2020/2/19)

MicrosoftのDaaS:
Microsoft、「Windows Virtual Desktop」を正式リリース
Microsoftは、WindowsデスクトップとアプリケーションをMicrosoft Azure上で数分以内にデプロイ、スケーリングできる「Windows Virtual Desktop」の一般提供を日本を含む全世界で開始した。(2019/10/3)

キーワードは「DX」「マルチクラウド」:
PR:ロードバランサー/プロキシサーバの両雄、F5とNGINXが統合した本当の理由
2019年3月、F5 NetworksはOSS企業のNGINXを買収した。なぜ、F5 NetworksはNGINXを統合したのか。F5ネットワークスジャパンの権田裕一氏と中島健氏に、市場の動向、統合の狙いや今後の展開、ユーザー企業に対するメリットなどを聞いた。(2019/9/10)

「Micro Focus Robotic Process Automation」を発表:
「IT部門は、業務部門にもっと寄り添っていくべきだ」――マイクロフォーカスエンタープライズ
RPAの企業導入が急速に進む一方で、“野良ロボット”問題をはじめ、RPAの成果を安全に引き出すための管理機能やノウハウに注目が集まるなど、国内におけるRPA活用は次のフェーズに入りつつあるようだ。そうした中、後発として国内に投入された「Micro Focus Robotic Process Automation」はどのような狙いと特長を持つのか――Micro Focus 最高製品責任者 トム・ゴーギャン(Tom Goguen)氏に話を聞いた。(2019/8/6)

HMDA需給は2023年までタイト:
PA(ポリアミド)66不足、DSMが対応策を提案
DSMは、エンジニアリングプラスチックの1つであり、供給不足が続く「PA(ポリアミド)66」の代替製品などに関する記者説明会を開催した。(2019/6/3)

VDIベンダーは方向転換を模索
仮想デスクトップ導入がまさかの急減速? ユーザーとベンダーの思惑は
幾つかの要因で、オンプレミスでの新たなVDIの導入が停滞している。そのため、VDIベンダーは戦略の転換を迫られている。(2018/9/6)

高速シリアル伝送技術講座(6):
LVDS PHY製品と伝送路の設計(その1)
LVDS PHY(物理層)製品を使用する上で必要な一般的な知識とともに、伝送路の設計方法について詳しく解説していきます。(2017/11/27)

高速シリアル伝送技術講座(2):
差動信号伝送のメリット ――使用されている技術と注意点
高速シリアル伝送技術について基礎から学ぶ本連載。2回目は、差動信号伝送の特徴、メリットに焦点を当て、使用されている技術や注意点について解説していきます。(2017/6/28)

2017年は「クラウド専門家の時代」元年に:
2017年のアプリケーションサービス展開動向、「セキュリティ」が最優先事項に F5ネットワークス調査
F5ネットワークスが企業のアプリケーションサービス提供状況を調査した「2017年版アプリケーションデリバリーの状況」の結果を公開。セキュリティへの懸念がアプリケーションサービスを急速に普及させる要因になっているとし、従来の「可用性」を上回り、「セキュリティ」がアプリケーション展開の最重要課題となったことが分かった。(2017/3/8)

併せて、SUSEとの提携も発表:
HPE、非中核ソフトウェア事業をスピンオフ マイクロフォーカスと統合新会社設立へ
ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)は、非中核ソフトウェア事業をスピンオフすると発表。英マイクロフォーカスと統合させる。(2016/9/9)

アナログ・デバイセズ 代表取締役社長 馬渡修氏:
PR:高性能アナログ技術をベースに“More than Silicon”でIoTを切りひらく
アナログ・デバイセズは、デバイス単体にとどまらずモジュール、ボード、さらにはシステムレベルでの価値提供を行う“More than Silicon”を掲げ、各種ソリューションの構築を加速している。「特にこれから大きな市場を形成するであろうIoT(モノのインターネット)領域は、完成度の高いソリューションを必要としている。当社のコア技術をベースに、価値あるソリューションを構築、提供していく」と語る日本法人社長の馬渡修氏に技術/製品開発戦略について聞いた。(2016/8/22)

フランスのコミック史上最高のスタートを切った「ワンパンマン」、何が鍵だったのか
ジュンク堂パリ支店長や版元となっているクロカワの担当編集に聞いてみました。(2016/5/14)

アナログ・デバイセズ ADN465xファミリー:
最大データレート600Mbpsのデジタルアイソレーター
アナログ・デバイセズは、LVDSデジタルアイソレーター「ADN465x」ファミリーを発表した。従来比4倍となる最大データレート600Mビット/秒と総ジッタ70ピコ秒を可能にしている。(2016/2/19)

IoT観測所(15):
出遅れた老舗「oneM2M」、Alljoyn連携で巻き返しなるか
通信関係の標準化団体が組織した「oneM2M」は、M2Mプラットフォームの水平化を狙うが、IoTを取り巻くスピードは速く、実装までを考えると遅きに失する感が否めない。Alljoynとの連携での巻き返しを狙う。(2015/11/19)

規制とセキュリティのバランス:
医療現場で進むBYOD、患者のプライバシー情報をどう守る?
医療分野でのITの導入が進んでいるが、患者のプライバシーに関わる情報を多数扱うことから、規制への対応などセキュリティの運用が難しい。医療ITが進む米国では、現場の情報セキュリティをどう担保しているだろうか。(2015/5/20)

パパじゃなくてもかわいい娘を「たかい、たか〜い」できる! バーチャルリアリティソフト「Papalus」登場!
必要な周辺機器:OculusRift、ヘッドフォン、米5キロ(オプション)(2015/4/8)

F5 Agility Tokyo 2015リポート
サイバーエージェントとビッグローブが語る「ビジネスに生きるSDN」
ビジネス部門にとってのSDNの価値とは何か。SDN導入に実際に取り組んでいる企業の担当者が語ったエピソードから読み解く。(2015/3/10)

「Silverline DDoS Protection」:
F5ネットワークス、DDoS防御機能をSaaSとして国内提供開始
F5ネットワークスは2015年2月25日、「F5 Silverline」を国内発表した。これはアプリケーションデリバリに関する機能をクラウドサービスとして提供する取り組みだ。(2015/2/26)

F5 AGILITY Tokyo 2015:
PR:ハイブリッドクラウドを誤解していないか、重要なのはアプリケーションだ
「クラウドファースト」「ハイブリッドクラウド」のキーワードの陰で、忘れ去られてしまっていることがあるのではないか。F5ネットワークスジャパンの帆士敏博氏と、アイティメディアの三木 泉が語り合った。(2015/1/19)

「本当は、終わってなどいないし始まってすらいない」:
PR:今あえて問い直す、DevOpsが必要な理由と、国内事例に見る実践の現実解
2012年から2013年にかけて大きな注目を集めたDevOps。だが国内での冷めた視線とは裏腹に、欧米ではWeb系以外の企業でも取り組みが活発化しているという。この違いは何なのか? バズワードとして片付けられつつある今あらためて、国内での実践者の声も交え、その意義と現実解を探る。(2014/12/15)

特集:運用自動化ツールで実現する、クラウド時代の運用スタイル(4):
運用自動化ツールまとめ 2014年版――国内/外資ベンダー7社の製品・サービスを一挙解説
第3回までオープンソースソフトウェアに焦点を当てて、「サーバー監視」など個々の作業の運用自動化を解説してきた本特集。今回は商用ツールが得意とする「個々の作業を連携させた一連のプロセスの自動化」にフォーカス。国内外の統合運用管理ツールベンダー主要7社の製品・サービスを一挙に紹介する。(2014/12/11)

モバイル端末の普及、Webコンテンツのリッチ化にネットワークはどう対応すべきか
「負荷分散」と「高速化」を両立する次世代アプリケーションデリバリーとは
モバイル端末の普及やWebコンテンツのリッチ化によって、ネットワークトラフィックが急増。安定的なサービスの提供には、より高速で柔軟な「アプリケーションデリバリーコントローラー」(ADC)が欠かせない存在だ。(2014/9/8)

VMworld 2014:
SDDCは「第3の道」を目指す人の選択肢、米ヴイエムウェア
米ヴイエムウェアは8月最終週に米サンフランシスコで開催したVMworld 2014で、同社のSoftware Defined Data Center(SDDC)構想の目的が、「諦めない」ユーザー組織の支援であること、そしてこうしたユーザー組織が使える選択肢を具体的に広げつつあることをアピール、Docker、OpenStackの2つの注目される動きにも対応した。(2014/9/1)

サーバーを超えたサーバー:
PR:Cisco UCSが「ビジネスインフラ」に進化しつつあることを、あなたは知らない
迅速な事業展開には、インフラ調達やアプリケーションデリバリに時間はかけられない。「ビジネスインフラ」としての製品機能をそろえつつあるCisco UCSの秘密を探る。(2014/6/24)

開発と運用、もう仲が悪いとは言わせない:
DevOpsを支援する継続的デリバリー支援ツール
CA Technologiesが継続的デリバリー支援ツール「CA LISA Release Automation」を出荷。企業のDevOps推進を支援する姿勢をより強くした。(2014/6/5)

シトリックスが事業戦略説明会を実施:
モバイルワークスタイルはもはや幻想でなく実現可能な現実
 シトリックスが、2014年度の事業戦略説明会を実施。同社代表取締役社長 マイケル・キング(Michael King)氏は今年の注力キーワードとして“モバイル・ワークスペース”を挙げた。(2014/2/19)

アプリのリリースを自動化・効率化するソフトウェア群、日本IBMが発表
日本IBMは、アプリケーションのリリースを自動化・効率化するソフトウェア「IBM UrbanCode」ファミリーを発表した。(2013/9/3)

疑惑の残る失敗事例
英省庁主導のITプロジェクトでアジャイル開発が失敗した理由
英国労働・年金省(DWP)が新給付制度のITプロジェクトでアジャイルソフトウェア開発を中止した原因は、DWPにその気がなかったからか、DWPの体制がアジャイル向きではなかったためか?(2013/8/29)

アプリケーションデリバリに加えセキュリティやSDN対応も:
A10ネットワークス、200万円を切る次世代ADC新モデルを発表
A10ネットワークスは2013年7月30日、次世代アプリケーションデリバリコントローラ(ADC)の新モデル「Thunder 3030S/1030S/930」を発表した。エントリモデル「Thunder 930」の価格は200万円を切っている。(2013/7/30)

日本IBM、アプリケーションデリバリー自動化ソフトの「UrbanCode」を発売
UrbanCodeを活用することで、開発したアプリケーションのリリースプロセスの多くを自動化できるという。(2013/7/11)

やがて、アプリがデスクトップに取って代わる
「Windows as a Service」はモバイルユーザーを救うか?
デスクトップを丸ごと配信するデスクトップ仮想化(VDI)は、Windowsアプリをモバイル端末から利用する有力な手段だった。代替手段が充実する中、VDIを使い続ける必然性はあるのだろうか?(2013/7/3)

Interop Tokyo 2013 Report:
ネットワークの進化は止まらない 20年目を迎えたInterop
今年も開幕したInterop Tokyo。SDNやクラウド連携、ネットワークの最適化など、さまざまな観点からのネットワークの新ソリューションが多数出展されている。(2013/6/13)

CA World 2013レポート:
大規模システムの開発を加速、CAがDevOpsに新ソリューション
少ない予算で、より速くアプリ開発と提供のサイクルを回す――。モバイル端末やソーシャル・ネットワークの普及でB2C、B2Bのインタラクションが増す中、特に決済系などEコマースで利用されているメインフレームを含む基幹システムのアプリ開発のスピードアップが急務となっている。現在、6〜12カ月かかっている開発サイクルを数週間、あるいは数日へと加速することは可能だろうか?(2013/4/26)

彼女のためにフリーウェイ封鎖した男性、プロポーズには成功したものの……
プロポーズはもちろん成功、ただしオチが。(2013/3/18)

UXClip(18):
Webサイト高速化のプロセスだって自動化したい
サーバ側にmod_spdyをインストールし、Google Chromeで、HTTP2.0でベースとなるSPDYのデモが行われた「Chrome Tech Talk Night #5」をレポートする。(2013/2/5)

F5がADC製品群を刷新、ファイアウォールの統合も進める
アプリケーションデリバリコントローラのハイエンドモデルや、アプリケーションベースの新たなファイアウォール機能などを発表した。(2013/2/8)

ソフトウェアネットワーキング技術を手に:
米ブロケード、オープンソースのソフトウェアルータ「Vyatta」を買収
米ブロケード コミュニケーションズ システムズは米国時間の11月5日、ソフトウェアルータを開発する米Vyattaを買収することを明らかにした。(2012/11/8)

クラウドセキュリティを「見える化」する(最終回):
仮想化されたセキュリティ機能をテストする
仮想化はクラウドへの移行を後押しする大きな理由になりますが、それに伴って生じるセキュリティやパフォーマンスへの影響を、慎重に考慮しなければなりません。この記事では、そのリスクを可視化し、うまく制御していく方法を紹介していきます。(編集部)(2012/8/1)

Interop Tokyo 2012 Report:
ネットワークの“競演”再び、OpenFlow技術など多数出展
ネットワーク関連技術イベント「Interop Tokyo 2012」が開幕した。15日まで千葉県の幕張メッセで開催されている。(2012/6/13)

Citrix Synergy 2012 レポート:
モバイルワークスタイルとクラウドサービスをつなぐ――新製品群が多数登場
Citrixは年次カンファレンス「Citrix Synergy 2012」で多数の新製品やサービス、新規プロジェクトを発表。国内での展開を含めて改めて取り上げてみたい。(2012/5/31)

ADI ADN469xE:
マルチポイント接続用LVDSトランシーバIC、ESD耐性が高い
アナログ・デバイセズのM-LVDS対応トランシーバICは、ESD耐性が15kV(HBMにおいて)と高い。伝送方式や伝送速度が異なる8品種を用意した。(2012/5/17)

F5、ブレード型ADCに新モデルを追加
レイヤ4で320Gbpsのスループットを実現した通信サービス事業者向けモデルとなる。(2012/4/27)

A10ネットワークス、2億5600万の同時接続に対応したADC新製品を発表
1Uラックサイズながら115Gbpsのスループットを実現する。(2012/4/25)

A10 ネットワークス、DDoS対策を強化したADC製品を発売
A10 ネットワークスが、DDoS攻撃への対策に特化した専用ASIC「FTA-2」搭載のアプリケーションデリバリーコントロール製品を発売。2012年度に向けた同社の国内戦略も発表した。(2012/2/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。