ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Adobe Animate」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Adobe Animate」に関する情報が集まったページです。

Adobe、Shockwaveのサポート終了へ
Shockwave……お前もか……。(2019/3/12)

ITは、いま:
「Flash」終了、何を思う? あるゲームクリエイターの視点
「懐かしい」「時間を忘れて遊んだ」――8月上旬にTwitterで注目を集めたのは、2000年代のFlashゲーム。いまもネットユーザーの記憶に残るほど一時代を築いた「Flash」だが、2020年末に終了する。当時のクリエイターが思うことは。(2017/9/5)

「Flash終了」までの20年とはなんだったのか? ネット文化からアニメへ至るFlashの歴史を振り返る
「おもしろフラッシュ倉庫」とかいろいろあったなぁ(遠い目)。(2017/8/1)

Adobe、「Flash」を2020年末に終了へ
Adobe Systemsがついに「Flash」の開発および提供を2020年末に終了する。Apple、Google、Microsoft、Facebook、Mozillaなどが協力する。1996年に「Macromedia Flash」として誕生したコンテンツ技術が24年の生涯を閉じる。(2017/7/26)

かーずSPのインターネット回顧録:
「Hatten」「ゴノレゴ」「ムネオハウス」――“Flash黄金時代”が生み出したもの
「かーずSP」管理人かーずがインターネットの“あの時”を振り返る連載、第1回は「Flash黄金時代」について語ってもらいました。(2017/5/3)

IEユーザーを狙った標的型攻撃も:
Flash Playerの脆弱性突く攻撃を確認、直ちにアップデート適用を
AdobeはFlash Playerなど複数の製品の脆弱性を修正するアップデートを公開した。FlashではIEを狙った攻撃の発生も確認されている。(2016/12/14)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Flash排除に向かうEdgeブラウザの今後
2016年夏に提供予定のWindows 10次期大型アップデート「Anniversary Update」では、Edgeブラウザの機能強化が予告されている。その中から「Flashコンテンツ停止」について見ていこう。(2016/4/16)

Animate CCに名称変更:
「コードが書けなくてもレスポンシブデザインは作れる」――アドビ、Muse CCなどWeb関連ツール3製品をメジャーアップデート
アドビシステムズは、「Animate CC(旧Flash Professional)」「Muse CC」「Bridge CC」の計3製品をメジャーアップデート。新機能などを追加する。(2016/2/8)

アドビ、「Adobe Flash Professional」の名称を「Adobe Animate CC」に
2016年初頭に予定している次のリリースから名称を変更する。(2015/12/1)

Adobe、「Flash Professional」の名称を変更 「Animate」に
約20年に渡って利用されてきたFlash制作ソフト「Flash Professional」の名前が「Animate」に変更される。(2015/12/1)

Adobe MAX 2014まとめリポート(4):
Extractを中心にWeb制作を変えるCreative Cloud 2014.1の新機能11選
アドビシステムズが2014年10月6〜8日に開催した「Adobe MAX 2014」に合わせてAdobe Creative Cloudを「2014.1」として一斉にバージョンアップ。Web制作に関わるアプリケーションに絞って、そのアップデート内容を紹介していく。もうすぐ公開予定のOSSのコードエディターのBrackets 1.0の新機能も先行して紹介。(2014/11/4)

Adobe MAX 2014まとめリポート(3):
開発者とデザイナーはぶつからない。DreamweaverとFlashも他ツールとぶつからない。
アドビシステムズが2014年10月6〜8日(現地時間)に開催した「Adobe MAX 2014」。新製品・新技術の発表ばかりに注目が集まったが、プロの制作現場には既存製品の機能追加も気になるところ。インタビューも交えてWeb制作ツールの今とこれからを考えてみたい。(2014/10/10)

ブラック案件駆逐法(終):
Web制作のプロが知らないともったいない作成ソフトの使い分け方まとめ
とある小さなWeb制作会社を舞台に、クライアントからのさまざまなブラック案件を、Adobe Creative Cloud 2014を使って解決していくストーリー。ムチャ振りするクライアント、安請け合いするメンバー、それに振り回される制作者。果たして、無事にブラック案件を駆逐できるのか!?【最終回の話】連載のこれまでを振り返り、プロのWeb制作現場におけるCCアプリの使い分け方についてまとめてみる。サンプルコード/PSDもあるので実際に試してほしい。(2014/9/18)

ブラック案件駆逐法(2):
HTML5のVideoとCanvasを使って神速でランディングページに動きを付ける
とある小さなWeb制作会社を舞台に、クライアントからのさまざまなブラック案件を、Adobe Creative Cloud 2014を使って解決していくストーリー。ムチャ振りするクライアント、安請け合いするメンバー、それに振り回される制作者。果たして、無事にブラック案件を駆逐できるのか!?【今回の話】LPを無事納品したところクライアントがひと言「ファーストビューの一部を動かしたい」という。Edge AnimateかFlash Proの新機能なら何とかなるか?(2014/7/30)

Adobe「Creative Cloud」の法人導入は「非常に順調」 ログイン障害は「再発防止を徹底」
Adobeがクリエイティブ製品群を定額制サービス「Creative Cloud」に移行すると発表してから1年1カ月。法人向けサービスの担当者は「非常に順調なペースで導入企業が増えている」と話す。(2014/6/20)

Webサイト作成手順を勉強するまとめ(3):
HTML5初心者でもWebアニメーションの簡単な作り方が分かる記事11選
新社会人のWeb制作者/デザイナー向けにAdobe Creative Cloudの使い方を例に、現場で使える具体的な制作手順とテクニックを学んでいく入門まとめ連載。今回はWebアニメーション制作に役立つEdge AnimateやFlash の使い方について。エレメント、シンボル、モーションパスの使い方から、パブリッシュ方法、レスポンシブ対応、音の付け方、Flashからの変換まで、さまざまなテクニックを紹介します。(2014/5/14)

Webサイト作成手順を勉強するまとめ(2):
HTML・CSS・WordPress初心者のためのDreamweaverの基本的な使い方が分かる記事10選
新社会人のWeb制作者/デザイナー向けにAdobe Creative Cloudの使い方を例に、現場で使える具体的な制作手順とテクニックを学んでいく入門まとめ連載。今回はWeb制作現場で役立つDreamweaverの使い方について。初期設定、テキスト、画像、HTML、CSSの扱い方から、リンク操作、WordPressのテーマ制作まで、さまざまなテクニックをまとめて紹介する。(2014/4/25)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/3/17)

SVG普及に弾み?:
Adobe、SVGコンテンツのアニメ化ライブラリ「Snap.svg」を公開
米Adobe Systemsは、SVGコンテンツのアニメーション化などを行えるオープンソースのJavaScriptライブラリ「Snap.svg」を公開した。(2013/10/25)

無料でCreative Cloudを使い倒せ(12):
前版リリースからわずか2カ月、Dreamweaver CCはアップデートで何が変わったのか
Dreamweaver CCが2013年8月末にアップデート。前版のリリースからわずか2カ月という短期間でのリリースとなった。本稿では、今回のアップデート内容とそこに込められた意味を探る。(2013/9/20)

無料でCreative Cloudを使い倒せ(6):
Adobe Edge Animate CCでマルチデバイスゲーム
簡単なクレー射撃ゲームを作って、マルチデバイスに対応させてみよう。サンプルゲームのソースコードも参考にしてほしい。(2013/6/18)

UXClip(30):
アドビの終了したサービスは別の形で生かされる
アドビシステムズは定期的にユーザーからの声を聞き、製品にフィードバックしている。来日中の担当者が多様化するテスト環境、そしてTypeKitの日本語対応について説明した。(2013/6/14)

無料でCreative Cloudを使い倒せ(5):
アドビの本気度が詰まったAdobe Maxまとめ
アドビはAdobe MAX 2013でクリエイティブ/開発アプリケーションをまとめてCreative Cloudのサブスクリプション制に移行した。(2013/5/17)

Adobe、クリエイティブ製品群の定額制「Creative Cloud」への移行を発表
Creative Suiteはバージョン6で終了になり、Creative製品は今後、サブスクリプションモデルの「Creative Cloud」としてのみ提供する。(2013/5/7)

無料でCreative Cloudを使い倒せ(4):
Edge Animateでスライドショーを作ってみよう
Adobe Edge Animateを使って、スクリプトは極力書かずに、スライドショーっぽい、インタラクティブなコンテンツを作ろう(2013/4/11)

Adobe、リサイズ対応Webデザインツール「Edge Reflow」のプレビュー版をリリース
Adobeが、Creative Cloud向けWeb構築スイートとDreamweaverをアップデートし、新たなツール「Edge Reflow」のプレビュー版を追加した。(2013/2/15)

UXClip(19):
九州で開催された、2つのHTML5のお祭り
九州の福岡と宮崎で開催された、HTML5勉強会をレポートする。「small画面でも、BIG画面でも、いま、すぐ使えるレスポンシブ活用術」とは?(2013/2/14)

UXClip(16):
2013年、Webがこうなったら面白い
今年は「HTML5仕様に何%準拠!」なんて宣伝文句をベンダ側が提示してくるようになるかもしれない(2013/1/10)

Adobe、Web開発者向けデザインスイート「Edge Tools & Services」を発表
Adobeが、Webアニメーション制作ツールやモバイルアプリパッケージングツールで構成されるWebスイート「Edge Tools & Services」を、Creative Cloudユーザー向けに提供を開始した。(2012/9/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。