ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「amachang」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「amachang」に関する情報が集まったページです。

ねとらぼ:
登録159万人 Facebook、日本で流行の兆し
世界最大のSNS「Facebook」が日本で流行の兆しを見せている。Facebookに同時にログインして交流する「オン会」が企画されるなど、ユーザーサイドから盛り上げようという気運も。(2010/10/13)

10月、贅沢なひとときを「高専カンファレンス」で
10月に東京で開催される高専カンファレンスは、「アンカンファレンス」と「Lightning Talks」の二本立てで、来場者を魅了するだろう。IT業界の人だけでなく、万人にお勧めしたいカンファレンスだ。(2010/8/11)

広がれエンジニアの輪:
第2回 松野徳大――「だまってコードを書けよ」
エンジニアにとって仲間とはどういう存在なのだろうか。極端なことをいえば、自分1人で作業が完結できてしまうエンジニアにとって、仲間とのコミュニケーションはどんな意味があるのか。エンジニア同士のネットワークを通じて、エンジニアにとっての仲間とは何かを探る。(2010/4/13)

素顔のデジタルネイティブ:
原上ソラ――勉強会の再構築を図る気鋭の中学生
1990年代以降に生まれ、その才能を芽生えさせつつある若い人材――原上ソラもそんな一人に数えられる。「勉強会の空気を新たにネット上にも構築してみたい。今度はオフが苦手な人たちも巻き込む規模で」と話す彼の素顔に迫る。(2009/8/1)

特集:「ハチロク世代」がやってくる(5):
「ハチロク世代」がIT業界を変える日
IT/Web業界を席巻(せっけん)した「ナナロク世代」から10年。1986年生まれの「ハチロク世代」がIT業界を変える日が迫っている。コミュニティ「ハチロク世代」中心メンバーの座談会から、新しい世代がIT業界にもたらす変化を探る。(2009/4/17)

Imagine Cup日本代表決定、次はカイロで決戦に挑む:
途上国の教科書問題、同志社の学生がITで解決目指す
(2009/3/31)

Security&Trust ウォッチ(54):
キャンプに集まれ! そして散開!
(2008/10/16)

月刊エンジニアライフ(1):
ニッポンのITエンジニアが語る本音33本
(2008/9/10)

高専生に伝播する変革のミーム――ITリーダー育成キャンプから
変化のない日常に優れた才能を埋没させてはならない。高専機構とマイクロソフトは優れた学生24人に対し、変化の糸口を与えた。キャンプ参加者がミームとなって運ぶものとは。(2008/8/17)

New Generation Chronicle:
開拓者から改革者へ ネタで未来を切り開く男 大沢和宏
10年以上前から、斬新な“ネタ”を率先して実装し、世界を驚かせてきたトリックスターがいる。そんな彼が最も追い求めたのは、足す美学ではなく、「引く美学」……。今回のNew Generation Chronicleは、ネタを革新に昇華させた、Yappoこと大沢和宏の物語。(2008/6/16)

環境大国の試金石となるか、Imagine Cup 2008日本代表の壮大な野望
Imagine Cup 2008の日本代表に選ばれたのは、世界の消費電力を削減せんとするグローバル消費電力システム「ECOGRID」を発表したNISLabチームだった。4人の戦いはここから始まる。(2008/4/30)

1000speakers:4の懇親会に思う
発表経験の少ない人に「自分の技術をさらけだす場」を提供することを目的とした「1000人スピーカカンファレンス」。先週、第4回目が開催されたが、今回の参加者で最高齢者だったという力武氏の目にはこのイベントはどう映ったのだろうか。(2008/4/28)

ギークとのコンタクトを求めるのは誰か――Wii Athletesリポート
かねてから開催を告知していた「ZIGOROu杯Wii Sports大会」が先日開催された。デベロッパーと非デベロッパーの間をゲームという潤滑油が取り持った同イベントのダイジェストをお届けしよう。(2008/4/14)

New Generation Chronicle:
山口徹――カクテル片手に才能を紡ぎ上げる唯才の人
ハッカーは先天的な能力か? ZIGOROuこと山口徹氏は「ものの考え方をどう養っていくかと、単純に努力したか」であると話す。自分の特性を知った上で、自分を最大限に生かして人生を切り開く彼は、過去2回に登場したハッカーたちをその道に進ませた優れたコーチャーでもある。(2008/3/18)

差別化し、言葉にし、心配する:
まつもとゆきひろ×小飼弾対談 生き残るエンジニアとは?
(2008/3/13)

Focus on People:
Mozilla Labsのトップが語る次世代ブラウザの姿
「ユーザー体験」「Webプラットフォームの拡張」――この2つのテーマに注力するMozilla Labs。Mozilla Labsのクリストファー・ビアード氏とamachangがMozilla Labsが見据える新時代のブラウザについて言葉を交わした。(2008/3/5)

New Generation Chronicle:
べにぢょ――ギークプロトコルの解読を試みるサイバーヤンキー
バレンタインデーの2月14日。希代のデベロッパーたちが集う「New Generation Chronicle」に、ギークに恋いこがれる1人の女性が舞い降りた。彼女の名はべにぢょ。ギークと初心者をつなごうと奮闘する彼女を追った。(2008/2/14)

Weekly Access Top10:
環境活動ですれ違う企業と顧客の思惑
製紙業界の大手企業が相次いで偽装を認め、信頼を寄せる消費者を裏切る形となった。環境活動には“利益を追従する”という企業の目的が投影されていることを忘れてはならない。(2008/1/26)

New Generation Chronicle:
amachang―メランコリックな渋谷系Javascriptハッカー
常に明るく振る舞うその裏で、理想と現実のかい離を常に思い悩み続けてきたamachang。幾つもの伝説を持つ一風変わった渋谷系ライフハッカーに「New Generation Chronicle」のWeb2.0系スレッドを継承していただいた。(2008/1/21)

New Generation Chronicle:
小飼弾――35歳からのプログラミングこそ無上の至悦
豊富な実績で多くの開発者を先導する存在になりつつある人物を取り上げる「New Generation Chronicle」マエストロスレッド。こちらの第1回は、ブログ「404 Blog Not Found」などでも知られる小飼弾氏だ。(2008/1/10)

Biz.ID Weekly Top10:
Xactiで悩んだインターレースの壁
先日、三洋電機のデジタルムービーカメラ「Xacti」を購入した。小さくて便利だし、動画形式もMPEG-4 AVC/H.264だから取り回しも楽なはずと安易に考えていたのだが――。(2007/12/26)

New Generation Chronicle:
斉藤のり子――エビちゃんOL(自称)の華麗な開発生活
少し前では76世代、そして最近では81世代のような言葉で表現されるような、次代を担う開発者たちも確実に登場している現代。彼らはどんな感覚を持っているのか。100の質問を通して新世代の開発者に迫る。(2007/12/21)

田口元の「ひとりで作るネットサービス」探訪:
吠えるだけじゃなくて、行動しなくちゃ──IT戦士・amachang
このままじゃだめだ……という思い。エンジニアとしての軸を固めるために試行錯誤を繰り返す。ブログは断定口調で書く。そのためには、しっかりと調べ、勉強する。仕事の愚痴を言うのではなく、行動を──。そこから始まったJavaScriptとAjaxのスペシャリストの背景とは。(2007/12/21)

田口元の「ひとりで作るネットサービス」探訪:
「twitterMobile」はどうやって生まれたのか――荘野和也さん
マークアップエンジニアとして社会人のスタートを切った荘野和也さん。HTMLやCSSだけでなく、JavaScriptやXUL、PHPと活躍の場を広げていった荘野さんの仕事術とは。(2007/11/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。