ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「iOS App Town ミュージック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iOS App Town ミュージック」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

App Town ミュージック:
BlockFM、iPhone向けミュージックアプリ「block.fm」を公開――ラジオ試聴や音楽配信を提供
BlockFMは、オフィシャルミュージックアプリ「block.fm」をリリース。無料のラジオ試聴機能やTwitterとの同期、DJが厳選したシーン別音楽配信などを行う。(2015/5/11)

App Town ミュージック:
エンタメ情報を自動収集、キュレーションアプリ「KOLA」の正式版
メディアテクノロジーラボが提供するiOS向けキュレーションアプリ「KOLA」の正式版が登場。キュレーション対象は邦楽・洋楽アーティストと有名人を含む約10万組まで拡大。(2014/8/18)

App Town ミュージック:
iPad/iPhone向け「iVOCALOID」シリーズに「メルリ」バージョンが登場
iPad/iPhone向けアプリ「iVOCALOID」シリーズに、力強い低音域と、あでやかな高音域の女性声を合成できるという「iVOCALOID メルリ」が登場した。(2014/4/7)

App Town ミュージック:
ロンドンの音楽フェス「iTunes Festival 2013」を無料視聴できるiOS向けアプリ
Appleは、ロンドンで9月1日〜30日に開催される「iTunes Festival 2013」の生中継やアーカイブ視聴などができるiOS向けアプリの配信を8月21日に開始した。PCのiTunes Storeや、Apple TVでも視聴できる。(2013/8/21)

App Town ミュージック:
楽曲を再生してコメントを書くとポイント付与――ユードーが「SPOT MUSIC」を開始
ユードーが新しい音楽サービス「SPOT MUSIC」を公開した。ミュージシャンが有料で楽曲を宣伝し、ユーザーがアプリ上でその楽曲を再生してコメントを書き込むと、ポイントが付与される仕組み。(2013/8/2)

App Town ミュージック:
ユードー、ひとりで合唱隊気分を味わえるiOSアプリ「合唱ひとり」
ユードーは、iPhone/iPad向けアプリ「合唱ひとり」をリリース。マイクに向って歌うと自分の声を合唱隊のような美声に変換するほか、自動補正機能により音程を修正。歌はコミカルなムービーとして楽しめる。(2013/7/23)

App Town ミュージック:
「Amazon Cloud Player」がバージョンアップ、iPad/iPad miniにも対応
Amazon MP3ストアで購入した曲を再生できる「Amazon Cloud Player」のiOS版がバージョンアップ。iPadとiPad miniに最適化されたアプリを利用できる。(2013/2/28)

App Town ミュージック:
あの「ラップムシ」とお父さんがコラボ――5年連続年間純増No.1記念「ラップお父さん」
ソフトバンクモバイルが、5年連続で年間純増No.1を達成した記念に、白戸家のお父さんをモチーフにしたiPhoneアプリ「ラップお父さん」をリリースした。(2013/1/10)

App Town ミュージック:
サウンドサイエンス、iPhone高音質化アプリ「UBiO」iPhone 5対応版をリリース
iPhoneでより良い音質の音楽を楽しむためのアプリ「UBiO for iPhone」の新バージョンが登場した。(2012/11/27)

App Town ミュージック:
17機種以上の音色を用意した高音質なピアノ音源アプリ「iGrand Piano」
高品質なピアノ音源アプリ「iGrand Piano」が登場。ダウンロード容量は200Mバイト以上あるが、17機種の音色を用意。MIDIレコーダーも内蔵しており、重ね録りや部分修正も可能だ。(2012/11/7)

App Town ミュージック:
ローランド、音響ミキサーをリモート操作できるiPad用アプリ「M-480 Remote」
ローランドから、音響ミキサーの最上位機種「V-Mixer M-480」をリモート操作できるiPad用アプリ「M-480 Remote」がリリースされた。無線LANを介したワイヤレス環境で、音響音質の調整が行える。(2012/10/19)

App Town ミュージック:
マイクで録音した音を着信音にできるiPhoneアプリ
iPhoneのマイクから録音した音や内蔵の楽器音を使ってオリジナルの着信音を作成できるアプリ「iToneMaker - SamplerEdition」が登場。MP3ファイルに変換してネット上で共有することもできる。(2012/7/27)

App Town ミュージック:
人気ギタリスト、スラッシュ公認のエフェクターアプリ「AmpliTube Slash」
IK Multimediaは、元ガンズ・アンド・ローゼスのメンバーで人気ギタリストの「スラッシュ」が公認したギターエフェクトアプリ、「AmpliTube Slash」をリリースした。(2012/6/15)

App Town ミュージック:
音楽のプレイリストを共有できるiPhoneアプリ「みんプレ」
iPhone/iPodユーザーのプレイリストをFacebookやTwitterで共有できるソーシャルミュージックアプリ「みんプレ」が登場。(2012/5/21)

App Town ミュージック:
4カ月連続リリース! 写真集未収録画像と楽曲を収録した「横浜銀蝿 for Musbox」
嵐レコードは、横浜銀蝿のiPhone向け写真集/楽曲視聴アプリ「RUNNING DOG」「成りあがり」「横須賀 Baby」「ツッパリ High School Rock'n Roll(登校編)」の配信を開始した。(2011/6/28)

App Town ミュージック:
「コミュニティFM for iPhone(i-コミュラジ)」がバージョンアップ
iPhoneで日本各地のコミュニティFMが聞ける「コミュニティFM for iPhone(i-コミュラジ)」がバージョンアップ。横手市、桐生市、会津若松市、大阪市北区の4局が追加された。(2011/4/6)

App Town ミュージック:
リズムシに新種、「ラップムシ」登場
音で遊べるiPhoneゲーム「リズムシ」シリーズの開発で知られる成瀬つばさ氏が、新作「ラップムシ」を発表。簡単操作でDJ気分を味わえる。(2011/3/4)

App Town ミュージック:
ゆるキャラスタンプで音を描く、本格“音ゲー”――「オトスケッチ」
8種のスタンプと3種のアイテムを使って、絵を描くように音を紡ぐ――。iPhone向けの音ゲー「オトスケッチ」が登場した。(2010/9/24)

App Town ミュージック:
音楽再生中に猫が歌う「SingingCat」の無料版が登場
肉球をタップすると猫が歌う「SingingCat Free」が配信された。(2010/3/24)

App Town ミュージック:
ユードー、iPhone向け音楽アプリの価格を最大90%オフ
音楽アプリを多数配信するユードーが、iPhone/iPod touch向けアプリの大幅ディスカウントキャンペーンを開始した。(2009/9/8)

App Town ミュージック:
自分の写真がケン・イシイのミュージックビデオに――「ケンイシイ Image Trans」
手持ちの写真でケン・イシイのミュージックビデオを作成できるiPhoneアプリが登場した。作成したビデオはTwitterやYouTubeを通じて共有できる。(2009/9/4)

App Town ミュージック:
iPhoneで奏でる風鈴の音色──APPARE JAPAN「Fu-ring」
iPhoneが揺れるたび、涼やかな風鈴の音が流れる──。そんなiPhoneアプリがAPPARE JAPANから登場した。ジャンルはミュージック。とことん音にこだわり、“本物”の音をサンプリングして作成している。(2009/7/9)

App Town ミュージック:
iPhoneに保存した音楽をジャンルや年ごとに表示――「ミュージックオーロラプロ」
iPhoneやiPod touchに保存した音楽を、ジャンルや年ごとに分析してリスト表示するアプリ「ミュージックオーロラプロ」が登場した。(2009/4/22)

App Town ミュージック:
本格的なカラオケができるiPhoneアプリ「JOYSOUND Karaoke Organizer」
iPhoneとiPod touch向けのカラオケアプリ「JOYSOUND Karaoke Organizer」が登場。まずはレミオロメンのベストアルバム「レミオベスト」の楽曲を収録したアプリが配信される。価格は700〜1000円。(2009/3/10)

App Town ミュージック:
リズム感を強化するiPhoneアプリ「BeatMaster Professional Edition」
メトロノームの音を聴くことでリズム感を強化できるiPhoneアプリ「BeatMaster Professional Edition」が登場した。価格は600円。(2009/2/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。