ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「iOS App Town 天気」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iOS App Town 天気」に関する情報が集まったページです。

App Town 天気:
世界中の天気や時間帯をアニメ&グラデーションカラーで表示するiOSアプリ「Fine°」
世界中の天気や時間、時差などを美しいアニメーションとグラデーションカラーで確認できるiOSアプリ「Fine°」がリリース。地図上からの長押しをはじめ、地名での検索や現在地の表示にも対応している。(2014/7/23)

App Town 天気:
星が流れて合図する──ウェザーニューズ、「流星キャッチャー」登録開始
ウェザーニューズは、流星を捉えたら3分以内に通知して動画を視聴できるサービス「流星キャッチャー」のユーザー登録を開始した。(2013/8/8)

App Town 天気:
「ウェザーニュースタッチ」がリニューアル 検索とシェアで“みんなで作る天気予報”を実現
スマートフォンで詳細な気象情報が得られるアプリ「ウェザーニュースタッチ」が大幅リニューアル。ウェザーリポートが無料会員でも送信可能になったほか、ソーシャル連携機能などを取り入れ、天気を通じて人と人がつながりる機能を盛り込んだ。(2012/7/30)

App Town 天気:
ヤフー、災害情報をまとめて配信するiPhone用アプリ「防災速報」
災害の警報・注意報などの情報をまとめて受け取れる、iPhone用アプリ「防災速報」が提供されている。(2011/12/14)

App Town 天気:
「ウェザーニュースタッチ」、バージョンアップでアプリ内課金を開始
iPhone 向けアプリ「ウェザーニュースタッチ」に、アプリ内課金がスタート。これによりウェザーニューズのサイトから会員登録する必要がなくなり、スマートメッセージ機能が利用しやすくなる。(2011/10/14)

App Town 天気:
今度は美女の“天気予報”――ケータイとiPhone向けに「美人天気」開始
毎分美女が時間を教えてくれる「美人時計」に、天気予報バージョン「美人天気」が登場した。美人天気はケータイサイトとiPhoneアプリで利用できる。気に入った美人をTwitterに投稿する機能なども用意する。(2011/1/17)

App Town 天気:
NHK気象予報士カレンダーがiPhone/iPadアプリとして登場 スケジュール機能も
NHKサービスセンターは、NHK総合テレビの5人の気象予報士が登場する壁掛けカレンダー「NHK気象予報士カレンダー」のiPhone/iPadアプリ版の配信を開始した。(2010/11/12)

App Town 天気:
ウェザーニュースタッチに地震/台風/雨雲のプッシュ通知機能を追加
ウェザーニューズは、iPhoneアプリ「ウェザーニュースタッチ」に月額315円の有料会員向けのプッシュ機能「地震アラーム」「台風アラーム」「雨雲アラーム」を追加した。(2010/10/29)

App Town 天気:
iPhoneアプリ「ウェザーニュース タッチ」に新機能――画面のカスタマイズが可能に
iPhoneとiPod touch向けアプリ「ウェザーニュース タッチ」がバージョンアップ。画面をカスタマイズできる「Myスクリーン」と、全国の桜情報をチェックできる「さくらCh.」が追加された。(2009/3/11)

App Town 天気:
ウェザーニューズ配信の気象情報をiPhoneアプリで──「ウェザーニュース タッチ」
さまざまなメディアに向けて気象情報を提供しているウェザーニューズが、iPhone/iPod touch用アプリ「ウェザーニュース タッチ」の配信を開始した。価格は無料で、天気予報、雨雲レーダー、衛星の3チャンネルが用意されている。(2009/1/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。