ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Ascend Mate2 4G」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Ascend Mate2 4G」に関する情報が集まったページです。

石野純也のMobile Eye(1月6日〜1月17日):
CESで見えた新しい“広がり”/ドコモ「Tizen」見送りの理由/3社の「学割」を比較
CESでの発表が相次いだこともあり、国内では大きなモバイル関連ニュースがなかったが、16日にはドコモがTizen搭載スマートフォンの発売を「当面見送る」と発表した。今回はCESで見えたトレンドと、Tizen見送りの理由、そして3社の学割比較をお届けする。(2014/1/18)

2014 International CES:
「Ascend Mate2 4G」を中心に数多くのスマートフォンを展示――Huawei
Huaweiのブースでは、CES開幕前日のプレスカンファレンスで発表された「Ascend Mate2 4G」を中心に、WindowsPhone、Firefox OS端末を含む多彩なスマートフォンが展示されていた。(2014/1/11)

2014 International CES:
よりパワフルに、使いやすく――Huaweiの「Ascend Mate 2 4G」はココが進化した
Huaweiが、2014 International CESで6.1インチの大型ディスプレイを搭載したLTEスマートフォン「Ascend Mate 2 4G」を発表。「大画面」「長時間駆動」という特徴を持つAscend Mateが、さらに進化している。その詳細をリポートしよう。(2014/1/7)

2014 International CES:
Huawei、4G対応の6.1インチスマホ「Ascend Mate2 4G」を発表
Huaweiが、CESで4G通信に対応した6.1インチスマートフォン「Ascend Mate2 4G」を発表した。下り最大150MbpsのLTE通信をサポートするほか、4050mAhの大容量バッテリーを搭載する。(2014/1/7)

2014 International CES:
Huawei、バッテリーパックにもなる6.1インチ「Ascend Mate2 4G」を発表
HuaweiのフラッグシップAndroid端末「Ascend Mate2 4G」はLTEに対応し、4050mAhの大容量バッテリーと省電力設計で持続時間が長くなり、チャージャーのように他の端末を充電することもできる。(2014/1/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。