ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「第2回 国際自動車通信技術展」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

第2回 国際自動車通信技術展(ATTT)

ATTT/Mobile IT Asia:
M2M普及のカギは「エコシステム」「技術の進化」「標準化の進展」――ドコモの高原氏
「M2Mは、300万、400万台という世界から、何千万、何億台という世界に飛躍的に伸びていく」――。ユビキタスサービス部長を務める高原氏が、M2Mの普及を後押しする要素について解説。3月にリリース予定の最新通信モジュールも紹介した。(2013/3/18)

第2回 国際自動車通信技術展(ATTT):
スマートフォンを受け入れない自動車通信に将来はない?――ソフトバンク宮川氏が語る
自動車向け通信サービスの普及にスマートフォンが必須であると主張するソフトバンクモバイルの宮川氏。業界活性化にはオープンなサービスプラットフォームが必要だとし、その上で「最初からオープン」であるスマートフォンが有力なデバイスになるとみる。(2010/12/10)

第2回 国際自動車通信技術展(ATTT):
トヨタがスマートフォン向け「smart G-BOOK」とケータイ向け「G-BOOK mo」を提供 「G-BOOK全力案内ナビ」もスタート
トヨタ自動車が、G-BOOKのサービスをスマートフォンやケータイで利用できる「smart G-BOOK」「G-BOOK mo」の提供を開始した。合わせてユビークリンクは、それらと連携するナビサービス「G-BOOK全力案内ナビ」をスタートした。(2010/12/1)

第2回 国際自動車通信技術展(ATTT):
2つのアプローチで「すべての車に通信を」――ドコモ小森氏
第2回国際自動車通信技術展で、ドコモの小森光修氏が同社の車向け通信サービスを紹介した。同社は車載モジュールや通信対応PND、さらにスマートフォンを使ったサービスに着手しており、徐々に取り組みを拡大している。(2010/12/1)

第2回 国際自動車通信技術展(ATTT):
クルマとITの新市場を創出――ATTT 12月1日〜3日 幕張メッセで開催
12月1日から3日までの3日間、幕張メッセで第2回 国際自動車通信技術展(ATTT)が開催される。クルマとIT、そして交通を結びつけ、新しいビジネスやサービス、市場を作っていくことを支援するコンベンションだ。(2010/11/30)

クルマと通信がつながる未来:
第2回 国際自動車通信技術展(ATTT)カンファレンス 事前申し込み期限迫る
第2回 国際自動車通信技術展(ATTT)が12月1日から3日の間、幕張メッセで開催される。現在カンファレンスの申し込みを受付中で、11月22日までに申し込めば、有料カンファレンスの聴講料が割引になる。(2010/11/18)

“クルマと通信”の未来を展望――第2回 国際自動車通信技術展 12月1日〜3日に開催
クルマと通信の融合による新たなサービスやビジネスの創出を目指し、第2回 国際自動車通信技術展を、12月1日から3日に幕張メッセで開催する。(2010/10/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。