ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「another work*s」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「another work*s」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

バスルームでもBRAVIAの高画質を満喫――“おでかけ転送”対応の「BRAVIA Phone U1」
2009年秋冬モデルでは、au初の“BRAVIA Phone”が登場。ワンセグを高画質で視聴できる「モバイルBRAVIAエンジン」を搭載するほか、ソニーのBlu-ray Discレコーダーからの「おでかけ転送」に対応した。(2009/10/19)

iida第2弾「misora」発売――シンプル一括2万円台前半、月々800円台前半から
auのiida端末「misora」が店頭に並んだ。都内量販店でのシンプルコース一括払いは2万4360円、24回払いは月々840円から。(2009/6/29)

写真で解説する「misora」(製品版)
ラウンドフォルムが特徴のiida端末「misora」は、いわゆる“尖った”デザインは追求せず、質感や使いやすさにこだわったモデルだ。4月7日の発表会で展示されたモックアップからの変更点や、周辺アイテムの「AROMA STRAP」、新たに判明した内蔵コンテンツや機能をリポートしよう。(2009/6/29)

写真で解説する「Sportio water beat」(ソフトウェア編)
全面タッチパネルを搭載する防水ケータイの「Sportio water beat」。シャープは他キャリア向けにもタッチ対応ケータイを開発しているだけに、Sportio water beatのタッチパネルがどの程度操作しやすいかは気になるところだ。ソフトウェア編ではタッチパネルを中心にチェックした。(2009/5/27)

神尾寿のMobile+Views:
「iida」が秘める可能性と、目前の課題
KDDIが“auらしさを取り戻す”ための取り組みとして展開するのが、新ブランドの「iida」。“デザインのエコシステム構築”を目指すという視点は注目すべきものだが、そこにはいくつかの課題もありそうだ。(2009/4/8)

ケータイだけでなく、ライフスタイルをデザインする──「iida」の狙い
KDDIが4月7日に発表した、デザインに注力する新しいブランド「iida」とは、いったいどのような考えから生まれたのか。発表会の模様と新たに登場した製品から見えてきたKDDIの狙いをまとめた。(2009/4/8)

11月15日〜11月21日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
ドコモに続いてKDDIも、携帯電話のシリーズ構成を刷新する模様だ。iPhone 3Gは最新ファームウェアの提供で絵文字に対応。来日したSymbian Foundationの初代エグゼクティブディレクターは、今後も日本市場を重視すると明言した。(2008/11/25)

nendoがMVNO端末をデザイン――JFPと業務提携
MVNO向けビジネスモデルのコンサルティングを手がけるJFPが、デザインオフィスnendoと提携。MVNO向け端末のボディデザインやUIを手がける。(2008/11/20)

もうひとつ先の“ケータイのある生活”を提案──auの「another work*s」プロジェクト
KDDIはブランドやアーティストのコラボレーションを通じ、“携帯のある生活”をさらに豊かにするライフスタイル提案プロジェクト「another work*s」を開始する。ちょっとした感性とひらめきで、例えば普段何気なく使う携帯の充電器もここまで楽しいものになっていく。(2008/7/1)

ケータイがアートやインテリアとコラボ――KDDIの新プロジェクト「another work*s」
生活の一部となったケータイを、ファッションにとどまらず、インテリアやアートとして展開――。「another work*s」は、KDDIのこんな発想から生まれたの新プロジェクトだ。デザインオフィス「nendo」や新進アーティストらとコラボレーショングッズを開発し、オリジナル商品として展開する。(2008/7/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。