ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「auかんたん決済」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「auかんたん決済」に関する情報が集まったページです。

d払い、au PAY、PayPay以外でも10〜20%還元 スマホ決済2月のキャンペーンまとめ
2021年2月はPayPayやdカードのキャンペーンが1月よりも少なくなる一方、三井住友カードやモバイルSuicaのキャンペーンも見逃せない。今回もPayPay、au PAY、d払いを中心に2021年2月開催のキャンペーンをまとめた。(2021/2/9)

20%や50%還元、抽選で1万円相当の還元も スマホ決済1月のキャンペーンまとめ
PayPay、d払い、au PAYを中心に2021年1月開催のキャンペーンをまとめた。1月はPayPayのキャンペーンが2020年末よりも少なくなる一方、dカードやdポイント、au PAYに関するキャンペーンが多い。メルペイスマート払いを使った人の中から抽選で、3万人に1万ポイントをプレゼントするキャンペーンも見逃せない。(2021/1/15)

au 5GスマホユーザーはDAZNを110円引き(税込み)で利用可能 3カ月間無料体験も提供
auとDAZNが、動画配信サービス「DAZN(ダゾーン)に関する協業を行うことで合意した。au 5Gの「データMAXプラン 5G」シリーズを契約しているユーザーを対象に3カ月間無料体験サービスを提供する他、月額料金の割り引きも行う。(2020/12/9)

最大10万円当選や20%還元など大型キャンペーンが続出 スマホ決済12月のキャンペーンまとめ
年末らしく、12月は特に大型キャンペーンが続くスマホ決済。PayPayの最大10万円を還元する「ペイペイジャンボ」や、au PAYが12月にスタートした最大20%還元キャンペーン目立つが、ドコモもdカード5周年を記念した5億円還元キャンペーンを始める。(2020/12/7)

au PAY カードからau PAY 残高への「リアルタイムチャージ」が可能に
au PAYでの支払いにau PAY 残高が足りない場合、不足分を自動でチャージする「リアルタイムチャージ」がau PAY カードから可能に。Pontaポイントの合計5%還元や、設定すると抽選で2万Pontaポイントが当たるキャンペーンを行う。(2020/12/1)

au PAY ふるさと納税、寄付額に対し1%のPontaポイント還元 2021年1月1日まで
ふるさと納税サービス「au PAY ふるさと納税」は、寄付額に対して1%のPontaポイント(au PAY マーケット限定)を還元するキャンペーンを開催する。期間は10月12日〜2021年1月1日。(2020/10/12)

au PAYがゼビオグループのスポーツ用品店で利用可能に 「スーパースポーツゼビオ」「ヴィクトリア」「ヴィクトリアゴルフ」「エルブレス」でも
KDDIのスマホ決済サービス「au PAY」が、ゼビオグループが運営する「スーパースポーツゼビオ」「ヴィクトリア」「ヴィクトリアゴルフ」「エルブレス」の各スポーツ用品店で利用可能になった。(2020/10/5)

5%〜40%還元や10万円還元も スマホ決済9月のキャンペーンまとめ
PayPay、d払い、au PAYを中心に9月のキャンペーンをまとめた。実店舗とオンラインを対象とした幅広いキャンペーンを展開中。PayPayは最大10万円の還元も行う。(2020/8/31)

コンビニやドラッグストアで5%〜30%還元 スマホ決済8月のキャンペーンまとめ
8月のスマホ決済キャンペーンまとめ記事をお届けする。7月から引き続いて「マイナポイント」を見込んだキャンペーンが開催されているが、その他にもお得感があるキャンペーンが用意されている。特にコンビニやドラッグストア、スーパーを対象にした施策が充実している。(2020/8/12)

auかんたん決済、アプリストアの利用で最大1万2000円相当のPontaポイント還元
KDDIは、iOS/Androidアプリストアで「auかんたん決済」を利用するとPontaポイントを還元するキャンペーンを開催。利用者にもれなく最大2000円相当、5000円(税込み)以上利用したユーザーの中から抽選で200人に1万円相当のPontaポイントをプレゼントする。(2020/8/7)

auポイントプログラムが期間限定特典を追加 au PAY残高をau PAY カードでチャージすると最大3%をポイント還元
auポイントプログラムのステージ特典として、8月3日から期間限定で「au PAY カードによるau PAY 残高チャージでのPontaポイント還元」が追加される。au PAY カードまたはauかんたん決済(au PAY カード払い)でau PAY 残高にチャージをすると、ステージに応じて最大3%のPontaポイントが還元される。(2020/7/14)

auユーザーなら「YouTube Premium」が3カ月間無料 6月25日から
auの4G LTE/5Gスマホユーザーを対象とする「YouTube Premium」の3カ月無料特典が6月25日から始まる。auが指定するサイトからの申し込みが必要で、無料期間終了後は「auかんたん決済」による有料サービスに自動移行する。(2020/6/24)

Mobile Weekly Top10:
au版「Xperia 1 II」発売 ドコモ版は?/auのポイントが「Ponta」に
au 5G対応端末として「Xperia 1 II SOG01」が登場しました。Xperia 1 IIは、NTTドコモからも「Xperia 1 II SO-51A」として発売を予定していますが、いつの間にか発売予定が「6月以降」に変更されていました。一体何があったのでしょうか……?(2020/5/27)

石野純也のMobile Eye:
auのポイントに「Ponta」を取り込む狙いは? 課題はオンライン決済か
5月21日に、auのポイントプログラムがPontaに統合された。従来のau WALLETポイントは廃止になり、今後は、携帯電話回線の通信費や各種サービス利用料からの還元も、Pontaで行われる。ポイントプログラムを刷新したKDDIの狙いは会員基盤の強化にある。その詳細を見ていこう。(2020/5/23)

auのポイントが「Pontaポイント」に変更、クレカも強化 ユーザーのメリットは?
KDDIが、5月21日からポイントサービスを「au WALLET ポイント」から「Pontaポイント」に変更する。au PAYやau PAY カードの決済でPontaポイントをためたり、たまったPontaポイントをau PAY残高にチャージしたりできる。クレジットカードの「au PAY カード」も機能強化する。(2020/5/21)

新型コロナウイルス対策支援の一環:
テレビのリモート視聴アプリ「DiXiM Play」が5月6日まで半額 キャリア決済で購入可
テレビやレコーダーなど、DTCP-IP対応のDLNAサーバに保存した映像を視聴できる「DiXiM Play」の「買切り」ライセンスが、5月6日まで半額となっている。新型コロナウイルスの感染拡大を予防するべく、自宅のテレビ視聴環境を改善するソリューションとして訴求する狙いがある。(2020/4/22)

KDDI、新型コロナウイルス感染症に関する緊急支援募金
KDDIは新型コロナウイルス感染症に伴い、臨時休校中の子どもとその家族を支援するため緊急支援募金を実施。auかんたん決済 (WALLET ポイントも可)、 またはauじぶん銀行から募金できる。(2020/3/13)

「返金して」──au PAYの還元の条件変更に批判 ユーザーや店員から不満の声
キャンペーンで得られる1日当たりの還元額が減少したことで、au PAYユーザーや加盟店の店員から不満の声が上がっている。何が問題となるのか。(2020/2/21)

Wi2のWi-Fi接続アプリ「ギガぞう」がキャリア決済に対応 2月1日から
ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)の公衆Wi-Fi(無線LAN)接続アプリが、大手3キャリアの「キャリア決済」に対応。より気軽に使えるようになる。(2020/1/29)

「auスマートパスプレミアム」がauユーザー以外も利用可能に UQ mobileも取り扱い
KDDIが提供する月額499円(税別)の「auスマートパスプレミアム」が、auユーザー以外も利用可能に。利用には「au ID」が必要となる。(2019/12/18)

KDDI、「auスマートパスプレミアム」を他キャリアユーザーにも 動画見放題やスマホの修理代補償など提供
KDDIは同社の有料会員サービス「auスマートパスプレミアム」をauユーザー以外にも提供し始めた。(2019/12/18)

Amazonで「買い物の翌月にまとめて支払い」可能に クレカ不要「Paidy翌月払い」対応
Amazonにクレカ不要の後払い手段が加わりました。(2019/11/22)

アマゾンが「Paidy翌月払い」に対応 クレカ以外の後払い手段を拡充
アマゾンジャパンが、商品代金を発送の翌月に支払える「Paidy翌月払い」を導入。クレジットカードを持っていない顧客や、オンラインでのカード利用を控えたい顧客のニーズに応える。(2019/11/21)

一部のauケータイ向けサービス、2021年に終了へ スマホ普及で利用者減
KDDIが一部のauケータイ向けサービスの提供を2021年に終了すると発表した。スマートフォンの普及で利用者が減ったことが理由。(2019/11/15)

ヤマト運輸、10月から運賃・料金値上げ キャッシュレスと現金で金額異なる
(2019/9/5)

ヤマト運輸、消費税増税で運賃・料金値上げ 現金よりだいたい安い「キャッシュレス決済運賃」を新設定
現金運賃は10円単位、キャッシュレス運賃は1円単位。(2019/9/4)

宅急便の発送手続がスマホで完結 ヤマトが新サービス
ヤマト運輸は、9月3日に宅急便の発送手続きをスマートフォンで完結できる新サービスをスタート。専用サイトで住所など必要事項を入力し、ヤマト運輸直営店に持ち込めば発送できるようになる。(2019/9/3)

au WALLET、通信料との合算で「リアルタイムチャージ」が可能に
KDDIは、6月4日に「au WALLET 残高」のチャージ方法へ「リアルタイムチャージ」を追加。「au PAY」「au WALLET プリペイドカード」での支払い時、不足分は月々の通信料金と合算できる「auかんたん決済」で即時チャージされる。(2019/6/4)

「au PAY」で買い物をしてみた 新アプリの使い勝手や不満点は?
4月9日にスタートした「au PAY」は、au WALLETの残高を使う決済サービス。何ができて、何ができないのか? 競合他社にはない魅力は? 早速使ってみたので、アプリの使い勝手も含めてレビューしたい。(2019/4/12)

「au PAY」スタート ローソンや家電量販店でキャンペーンも
KDDIのコード決済「au PAY」が、4月9日にスタートした。auユーザーは、「au WALLET」アプリをアップデートすることで利用可能になる。利用できる店舗は、コンビニエンスストアや家電量販店が中心。(2019/4/9)

モバイル決済の裏側を聞く:
「まずはポイントを動かしてほしい」 KDDIに聞く、スマホ決済「au PAY」の狙い
KDDIのコード決済「au PAY」が4月9日にスタートした。コード決済は、「PayPay」「d払い」「LINE Pay」「楽天ペイ」など競合がひしめく中で、KDDIはどのような戦略で臨むのか。KDDI ライフデザイン事業本部 新規ビジネス推進本部 副本部長の中井武志氏に話を聞いた。(2019/4/9)

1000億円以上のポイントで勝負:
KDDIがコード決済「au PAY」提供 後発の戦略は?
(2019/4/5)

「au PAY」のキャンペーンはどれだけお得? 26.5%還元はレアケース?
4月9日にスタートするauのコード決済「au PAY」は、サービス開始に合わせて、さまざまなキャンペーンを展開する。競合サービスも、20%還元などの大型キャンペーンを積極的に実施しているが、au PAYのキャンペーンはどれだけお得なのか?(2019/4/4)

全容が見えた「au PAY」 競合サービスにはない特長とは?
コード決済「au PAY」が4月9日にスタートする。競合の「○○ペイ」にはない強みはどこにあるのか? 既に物理カードの決済サービスや非接触決済サービスを提供しているKDDIが、なぜコード決済を提供するのか?(2019/4/4)

「au PAY」スタート 最大26.5%還元キャンペーンも
「ポイントで“資産運用”」サービスも。(2019/4/4)

「後発だが勝算あり」 コード決済「au Pay」4月9日スタート 最大26.5%ポイント還元も
4月9日にコード決済サービス「au PAY」がスタートする。乱立するコード決済サービスで勝算は?(2019/4/4)

スマホ決済「au PAY」が4月9日に開始 最大26.5%還元のキャンペーンも
KDDIが、QRコード/バーコード決済サービス「au PAY」を4月9日に開始する。「au WALLET」アプリの画面に表示されたQRコードやバーコードから決済する。最大26.5%を還元するキャンペーンを4月15日以降、順次実施する。(2019/4/4)

au 4G LTEスマホの新規契約・機種変更で「Apple Music」の6カ月利用無料権
KDDIと沖縄セルラー電話が、4G LTEスマホの新規契約・機種変更と同時に「Apple Music」を申し込むことで同サービスを6カ月間無料で利用できる特典の提供を始める。特典提供開始に伴い、東京と大阪でイベントも開催する。【追記】(2019/1/29)

KDDI、「Wowma!」の購入金額から最大10%を還元 2019年1月中旬以降
KDDIは総合ショッピングモール「Wowma!」の商品購入特典に「ポイントアッププログラム」のほか、購入金額の最大10%を通信料金に還元するサービス「Wowma! のauご利用料金還元」を提供開始。auスマートパスプレミアム会員には送料分相当のポイント還元キャンペーンも行う。(2018/11/14)

「政府への回答ではない」:
KDDI、ECサイト利用者の携帯料金を値引きへ 購入額の最大10%を19年1月から
KDDIが、auユーザーが通販サイト「Wowma」で買い物をした場合、購入額の最大10%を携帯電話の通信料金から値引きするサービスを始める。開始時期は2019年1月中旬。ただ一般的な値下げには当たらず、「政府への回答ではない」という。(2018/11/13)

LINE、女性の悩みを相談できる「トークCARE」スタート 恋愛や美容など
メッセージアプリ「LINE」で、恋愛や美容など、女性の悩みを専門家に相談できるサービス「トークCARE」の提供が始まった。1分当たり100円(税込)から。(2018/6/11)

石野純也のMobile Eye:
「ポイント会員」「ライフデザイン」「群戦略」 新規領域に活路を見いだす3キャリア
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの2017年度決算が出そろった。各社とも業績は好調ながら、戦略の軸足を非通信領域に移しつつある。3社の業績をまとめて振り返るとともに、新たに打ち出した戦略の詳細を見ていきたい。(2018/5/13)

iPhone Xの予約は8以上、auフラットプランの利用率が上昇――KDDI田中社長
auの新料金プランは、9月22日からiPhoneも対象になったことで、さらに契約数を伸ばしている。特に「auフラットプラン」の利用率が増えているという。iPhone Xの予約数はiPhone 8より集まっているという。(2017/11/1)

最大1万のWALLETポイントが当たる「auかんたん決済夏祭り」 App StoreやGoogle Playの決済で
KDDIは、対象コンテンツで「auかんたん決済」を利用したユーザーの中から抽選で最大1万ポイントの「WALLETポイント」をプレゼントする「auかんたん決済夏祭り」を開催する。(2017/8/10)

利便性高まる:
Amazonで携帯決済が利用可能に ドコモとKDDI
AmazonでNTTドコモとKDDIの携帯決済サービスが利用可能に。クレジットカードを持たない層でもAmazonでの買い物が手軽になる。(2017/6/5)

Amazon.co.jpの「キャリア決済」がきょうスタート ドコモとauで
「Amazon.co.jp」における支払い方法に、NTTドコモの「ドコモ ケータイ払い」とau(KDDI・沖縄セルラー電話)の「auかんたん決済」が使えるようになった。月々の携帯電話料金と一括して商品代金を支払える。(2017/6/5)

Amazon.co.jpが「キャリア決済」に対応 ドコモとauが発表
NTTドコモとau(KDDI・沖縄セルラー電話)が相次いで「Amazon.co.jp」のキャリア決済対応を表明した。ドコモは5月中をめどに対応する見通しだ。(2017/5/24)

決済サービスとMVNO好調:
KDDIの3Q、増収増益 通期営業益を9100億円に上方修正
KDDIが2016年4〜12月期の決算を発表。売上高、営業益ともに前年を上回った。MVNOの「UQ mobile」と決済サービスの好調が増益につながった。(2017/2/2)

格安SIM Q&A:
「Google Play」「App Store」のコンテンツ代金を、格安SIMの月額料金と一括請求できませんか?
大手キャリアだと「Google Play」での有料コンテンツの購入代金を携帯電話料金とまとめて払えますよね。「App Store」「iTunes Store」の有料コンテンツの購入代金もau限定ですけど携帯電話料金とまとめて払えますよね。格安SIMでも同じようにできませんか?(2016/11/17)

ジェットブラックはほぼない:
独自の魅力は取扱商品とサービス、サポート――「auのiPhone 7はフレンドリー」
KDDIが、iPhone 7の発売に合わせ、旗艦店のau SHINJUKUで発売記念イベントを開催。田中孝司社長と1日店長に就任した足立梨花さん、SKE48のメンバー、事前予約していた6人のユーザーと発売を祝った。(2016/9/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。