ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アキシャル部品」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アキシャル部品」に関する情報が集まったページです。

TDK B406、B407シリーズ:
アキシャル形ハイブリッドポリマーアルミ電解コンデンサー
TDKは、アキシャル形ハイブリッドポリマーアルミ電解コンデンサーの新シリーズを発表した。アキシャルリード形の「B406」とソルダリングスター形の「B407」で、広い動作温度範囲とESR値の低さを特徴とする。(2020/6/24)

産機設計者が解説「公差計算・公差解析」(15):
位置公差の総仕上げと振れ公差について 〜曖昧さを取り除く幾何公差〜
機械メーカーで機械設計者として長年従事し、現在は3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者が公差計算や公差解析、幾何公差について解説する連載。最終回となる第15回は「位置公差」の残りと「振れ公差」について取り上げ、幾何公差の解説をまとめます。(2020/5/7)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(36):
アルミ電解コンデンサー(3)―― 化成処理と巻回
アルミ電解コンデンサーの主要部材であるアルミ箔。今回は、エッチングされた箔の表面に施す化成処理について詳しく説明していきます。(2019/10/29)

人工知能ニュース:
医療分野のAIは自動診断だけじゃない、シーメンスヘルスケアが製品に順次搭載
シーメンスヘルスケアが東京都内で会見を開き国内の事業戦略を発表。「医療デジタル化の推進」で重要な役割を果たすAIの採用について説明した。AIによる自動診断が注目を集めているが、既に解析を助ける機能として順次製品に搭載し始めているという。(2018/4/12)

宇宙開発:
はやぶさ2の太陽光パネルを展開するヒンジは球面滑り軸受を採用
NTNは、小惑星探査機「はやぶさ2」の太陽光パネルを展開するためのヒンジ部に、同社の球面滑り軸受けが採用されていることを明らかにした。(2014/12/17)

電子工作“超”入門(3):
電子工作的な観点でコンデンサを知ろう
紅葉の季節も過ぎ、いよいよ本格的に冬へ入る季節になってきました。寒暖の差が激しい日が続いていますが、こういうときは体調管理が難しいですね。暖房器具を出そうか迷っていますが、とりあえずホットカーペットの電源を入れることにしました。(2014/12/16)

4000円前後から:
パナソニック、DTS Headphone:X対応のカナル型イヤフォン3モデル――「RP-HJX20/HJX10/HJX5」
パナソニックは、DTS Headphone:Xに対応したカナル型イヤフォン3モデルを発表した。上位2機種には背面だけでなく前面にもう1組のボイスコイルとマグネットを配置して振動板を精密かつ強力にドライブするという「アキシャルデュアルドライバー」を採用した。(2014/9/26)

テスト/計測:
食品や製薬、薬物を高速/高感度に分析、アジレントが分析装置
アジレント・テクノロジーは、誘導結合プラズマ発光分光分析計(ICP-OES)と、液体クロマトグラフ質量分析(LC/MS)装置2モデルの新製品を発表した。環境や食品、製薬医療などの分野において、有害物質検出、血液中の薬物特定といった用途に向ける。(2014/7/14)

FAニュース:
パナソニック ファクトリー、挿入タクト0.12秒/点の高速アキシャル部品挿入機を発売
挿入タクトは最速値で1点当たり0.12秒。部品供給部の占有面積を従来モデルから8〜10%削減した。線径φ0.4〜0.8mm、挿入ピッチ5〜26mmに対応する。(2013/8/7)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。