ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「b-mobile4G WiFi3」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「b-mobile4G WiFi3」に関する情報が集まったページです。

ルーターとSIMカードのセットが月額3218円、日本通信が販売開始
日本通信は、モバイルWiFiルーター「b-mobile4G WiFi3」と月7Gバイトまでの高速通信が可能なSIMカードをセットにした月額3218円のプランを発売。ドコモのXi/FOMAネットワークを使ったデータ通信を利用できる。(2014/9/8)

「格安SIMカード」は仕事に使えるか? 第11回:
テザリングより便利かも? 格安SIMでモバイルWi-Fiルータを安価に導入
ビジネスシーンではスマホだけでなく、ノートPCやタブレットなどを複数台使って通信をすることもある。そんなときはSIMフリーのモバイルWi-Fiルータに格安SIMカードを差して使ってみよう。(2014/2/19)

日本通信、Wi-FiルーターとSIMカードのセットを2万4900円で発売
日本通信は、モバイルWi-Fiルーター「b-mobile4G WiFi3」に、月々3GバイトまでLTEデータ通信が利用できるSIMカードをプリセットしたパッケージ製品を2万4900円で12月21日に発売する。(2013/12/17)

PC USER 週間ベスト10:
人気の“770グラム”VAIOノートは中身もスゴい?(2013年8月5日〜8月11日)
先週のアクセスランキングは、VAIO Proの分解&インタビュー特集、アキバのPCパーツ情報、SIMロックフリーのLTEルータ、タブレットの注目モデル、一風変わった3Dモーションコントローラーなどが上位でした。(2013/8/12)

au iPhone 5のSIMで使えるかも試す:
SIMロックフリー+3バンドLTE対応は何が便利か──「b-mobile4G WiFi3」をチェックする
“本来あり得ない理由”はさておき、日本通信のLTEルータ「b-mobile4G WiFi3」はSIMロックフリーと3バンドLTE対応、そして“そこそこ低価格”な特長に注目したい。(2013/8/6)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
そういえば「本来あり得ない理由」って何だったのだろう
今回は、「本来あり得ない理由で」のフレーズが話題となったb-mobile4G WiFiや、イー・アクセスの帯域割り当ての変更に伴う通信速度の変更、WiMAX端末のファームウェア更新の新機能や端末の値下げについて紹介する。(2013/7/18)

日本通信、「本来あり得ない理由で」停止していたWi-Fiルータの出荷再開
日本通信は、SIMロックがかかっているという「本来あり得ない理由で」停止していたWi-Fiルータの販売を再開する。3キャリア対応のSIMフリーとなっている。(2013/6/21)

「b-mobile4G WiFi3」出荷再開、無事SIMロックフリーで
「本来あり得ない理由で」出荷を一時停止した日本通信のLTE対応ルータ「b-mobile4G WiFi3」。本来の要件を満たした商品の準備が整ったため、出荷が再開される。(2013/6/21)

日本通信のプレスリリースが「本来あり得ない理由で」話題に
ネット住民は新しいおもちゃを見つけたようです。(2013/6/14)

日本通信、SIMロックのため新Wi-Fiルータを出荷停止 「本来あり得ない理由で」のフレーズも話題に
日本通信は、6月14日発売予定だったWi-Fiルータ「b-mobile4G WiFi3」にSIMロックがかかっていることが判明したため、「SIMロック解除推進こそが自由な世界に繋がる」という同社の理念に背くとして出荷を停止したと発表した。(2013/6/14)

写真で見る、“本来あり得ない理由”があった「b-mobile4G WiFi3」
なにやら“本来あり得ない理由”により出荷停止となってしまった「b-mobile4G WiFi3」。本来あり得ないレビュー記事となりますが……せめて外観だけでも。(2013/6/14)

「b-mobile4G WiFi3」出荷停止、「本来あり得ない理由で」誤仕様が判明
日本通信のLTE対応ルータ「b-mobile4G WiFi3」が、「本来あり得ない理由で」出荷停止となった。(2013/6/14)

もちろん、SIMロックフリー:
日本通信、3バンドLTE対応のモバイルWi-Fiルータ「b-mobile4G WiFi3」
日本通信は、3バンドでのLTE通信に対応するモバイルWi-Fiルータ「b-mobile4G WiFi3」を発売する。(2013/6/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。