ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「BOOM BOOM SATELLITES」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「BOOM BOOM SATELLITES」に関する情報が集まったページです。

「自由な空へと放たれて3年目」 須藤理彩、亡き夫・ブンサテ川島道行さんの命日に思いつづる
川島さんは3年前に脳腫瘍ため亡くなりました。(2019/10/9)

須藤理彩、亡き夫・ブンサテ川島道行さんの50歳バースデーを“ブンブン”ワインでお祝い 断酒中の中野雅之はウーロン茶で乾杯
川島さんは2016年10月9日に脳腫瘍のため亡くなりました。(2019/8/25)

「あなたがいてくれたから」 須藤理彩、脳腫瘍で亡くなった夫・川島道行と2ショットで思いをはせる
2016年に脳腫瘍で亡くなっていました。(2018/10/9)

須藤理彩、亡き夫・ブンサテ川島道行の誕生日を家族写真でお祝い あらためて悼む声広がる
2016年10月に脳腫瘍で逝去した川島さん。(2018/8/24)

ブンブンサテライツのボーカル・川島道行が脳腫瘍で逝去 19年をともに歩んだ中野雅之が思いを語る
「(川島さんの)上の子は8歳“パパの病気を治したいからお医者さんになる!”“沢山勉強しなきゃいけないんだよ?”と問うと間髪入れずに“する!”と答える」(2016/10/11)

BOOM BOOM SATELLITESが活動終了を発表 メンバーに脳腫瘍による後遺症が 最後の作品は「バンドの生涯を22分で描ききった」
昨年からメンバー・川島道行さんの脳腫瘍再発によってライブ活動を休止していたBOOM BOOM SATELLITES。6月発売の新アルバムで活動を終了すると発表しました。(2016/6/1)

TRIGGER新作アニメ「キズナイーバー」は4月から放送 TOKYO MXなどで
キャスト第3弾、主題歌担当アーティストも発表。(2016/2/10)

タップ or クリック!!:
VICTOR STUDIO HD-Music.の最新ハイレゾ・ランキングはこれだ!!
音楽配信サイト「VICTOR STUDIO HD-Music.」の最新ランキングを調べてみた。トップは、はじめての「クラシック体験」をテーマにしたアルバムだった。(2015/2/13)

タップ or クリック!!:
moraの最新ハイレゾ・ランキングはこれだ!!
音楽配信サイト「mora」の最新ハイレゾ・ランキングを調べてみた。トップは、80年代に一世を風靡(ふうび)した女性ボーカルバンドのアルバムが2週連続で獲得した。(2015/2/13)

タップ or クリック!!:
VICTOR STUDIO HD-Music.の最新ハイレゾ・ランキングはこれだ!!
音楽配信サイト「VICTOR STUDIO HD-Music.」の最新ランキングを調べてみた。トップはロックバンドの2015年ミックス版アルバムだった。(2015/2/6)

ゴウランガ! 驚きの色使いの「ニンジャスレイヤー」最新トレーラーが公開
ヤモト=サン、カワイイヤッター!(2014/12/8)

「ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン」は2015年公開 古事記にもそう書かれている
Wasshoi!(2014/7/4)

YouTubeがゴールデンウィークに「YouTube MUSIC WEEK」 AKB48、やくしまるえつこさんなど16組参加
「YouTube MUSIC WEEK」では、アーティスト16組のライブの生配信、ライブ映像の期間限定公開、オリジナル音楽番組などの音楽コンテンツを提供する。(2013/4/18)

街中でオリジナルライブを楽しめる:
ポスターにスマホをかざしてARライブを――ソニーの「Headphone Music Festival」
街中に貼られたポスターにスマホをかざすと、拡張現実空間にミュージシャンが出現してライブを始める――。ソニーがSmartAR技術を採用した新感覚の音楽フェスを展開する。(2012/12/13)

FT-86 II ConceptでFacebook上の仮想サーキットを走れ
トヨタ自動車は、Facebookを活用した3Dレーシングゲーム「Social Network Racer」を公開した。小型FRスポーツカー「FT-86 II Concept」をカスタマイズせよ。(2011/10/30)

レビュー:
ユーザーとともに進化する新ウォークマン「NW-A1000/B」
“元祖ウォークマン復活”を掲げた「Aシリーズ」。単純に音楽を再生するだけではなく、ユーザーの好みにあわせて進化するというAシリーズの魅力をレビューで探ってみた。(2005/11/21)

レビュー:
HDDという母艦を備えたSDミニコンポ――「SC-SX800」
松下電器産業の“D-Dock(ディー・ドック)”「SC-SX800」は、HDDとSDカードスロットを備えたミニコンポ。“家電”感覚のインタフェースを備え、HDDに蓄えた音楽をSDカードで気軽に持ち出せる。(2005/11/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。