ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ベッキー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ベッキー」に関する情報が集まったページです。

「眼力はんぱない」 ベッキー、笑顔消えた“ヤンキーショット”が完全に目を合わせてはいけない人
悪ベッキー。(2019/5/17)

「めちゃくちゃお姉ちゃんに似てる」 ジェシカ、姉・ベッキーと双子レベルでそっくりなナチュラルショットに反響
じっくり見てもベッキーさんに見えてしまう。(2019/5/10)

美少女感すごいな! ベッキー、妹・ジェシカとの幼少期ショットがまるで天使のようなキュートさ
元気いっぱいな性格は約30年後も変わらず。(2019/4/23)

フジの動画配信「FOD」好調 オリジナルドラマが大ヒット
フジテレビはインターネットで展開している動画配信サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」で、プロ野球のライブ配信やオリジナル作品の投入など戦略をさらに強化する。スマートフォン向けアプリのダウンロード数が累計1000万件を突破するなど好調で、会員数の上積みを狙う。(2019/4/10)

構想10年、紆余曲折経て映画「麻雀放浪記2020」公開に斎藤工、白石監督らが思いを吐露 ピエール瀧へも言及
「初日を迎えることができて、心から幸せに思っております」と斎藤さん。(2019/4/6)

「たくさんの優しさに感動しました」 ベッキーの“結婚お祝い会”に中山秀征、吉田沙保里、ブラマヨ小杉らが集結
ベッキーさん幸せそうだ。(2019/3/6)

映画「麻雀放浪記2020」“アンドロイド”ベッキーに続き、“白石組”ピエール瀧&音尾琢真のビジュアル解禁
雰囲気出まくり。(2019/2/27)

「美大は“絵で食べる方法”を教えてくれない」 漫画『ブルーピリオド』作者と完売画家が考える“美術で生きる術”
漫画家の山口つばささん、画家の中島健太さんによる対談。美大や美術界の一端がわかる……!?(2019/2/23)

ベッキー、体形くっきりなアンドロイド姿を公開 映画「麻雀放浪記2020」で一人二役
ノリノリでやったのかな。(2019/2/20)

「天才大集合」「スターぞろい」 セカオワFukase、米津玄師、HIKAKIN、城田優ら豪華すぎる“新年会ショット”が大反響
みんなで1曲作ってほしい。(2019/2/14)

「絵音に幸あれ」 米津玄師、ベッキーの結婚発表日にゲス極・川谷絵音の幸せを願い始める
米津さんニヤニヤしてそう。(2019/2/14)

ベッキー、巨人の片岡治大コーチと結婚 「ゆっくりと、しっかりと歩んでいきます」
2人は以前から交際が報じられていました。(2019/2/13)

「長い間お疲れ様でした」「正直寂しい」 石田ひかり、CHEMISTRY川畑、さまぁ〜ずら今昔庵・店長とのショットで閉店惜しむ
多くの芸能人がコメント。(2019/2/7)

「どこかの誰かの小さなお役に」 加藤紀子、45歳バースデーに“ヘアドネーション”で40センチばっさり
誕生日にもらうのではなく与えようと思えるのがすばらしい。(2019/1/30)

二階堂ふみ、“ヘアドネーション”で髪バッサリ 「“私にもできる”事が増えるのは、嬉しいです」
カットの後の姿も気になる。(2019/1/27)

ベッキー、デビュー20周年で“おはガール”時代の写真公開 「これからも一歩ずつ前進します」
中学生だったっけ。(2018/12/3)

「大島さんやばい盛れてる」 アンジャッシュ児島、何十年ぶりのプリクラで“悲壮感”を消し去ることに成功する
ポーズはおじさん。(2018/9/29)

完全に一致……! ハイヒールリンゴが「くっきーがマネする自分」を完全再現、そのクオリティにファンざわつく
本家が偽物に寄せるという謎展開。(2018/8/17)

「本人と並んだら見分けつかない」 野性爆弾くっきー、新たな“ものまねメイク”が歴史を塗り替える完成度
もう本人じゃん。(2018/7/13)

「いつもありがとうガールズ達よ」 ベッキー、水川、ハリセン春菜、吉高ら森矢カンナの誕生日を笑顔で祝福
みんな仲いいなあ。(2018/6/26)

ユニバーサルに怒られそう! くっきー、魔改造したミニオンズのコスプレで子どもたちを泣かせにかかる
大人でも泣くレベル。(2018/5/29)

「バイキング絶対いけます!」 野性爆弾くっきー、坂上忍メイクが“お昼の顔”になれそうなハイクオリティー
松っちゃんも大絶賛。(2018/5/13)

「溶け込み方が半端じゃない」 ゲス極・川谷絵音、大学生になじんでしまうステルスぶりを発揮
最終的にはバレました。(2018/5/10)

誰だお前は! 菜々緒、Twitterのアイコンが突如“白塗り”のバケモノと化してしまう
いろいろアウト。(2018/5/2)

欧米人のミドルネームはどうやって付けている?
日本にはない風習。(2018/4/27)

これベッキー? 美しい一枚絵のモデル、J Soul Brothers今市も注目の輝きを放つ
サンミュージック「本人です」。(2018/4/17)

演出担当は「ボブネミミッミ」のAC部 ベッキーらが“昆虫食マニア”の実態に迫るNHK番組「神々のスマホ」がやばい予感しかしない
NHK総合で3月20日22時50分に放送。(2018/3/19)

ベッキー、34歳の誕生日サプライズに大感動! 鶴瓶、上戸、吉高、剛力ら豪華メンバー集結に「もう一生こんなことない」
全員主役。(2018/3/6)

「嵐にまで手を出すとは」 野性爆弾くっきー、二宮和也のものまねメイクがファン閲覧注意の仕上がり
もう誰にも止められない。(2018/2/27)

「お金とは一体なんなのか?」を考えた男:
キングコング西野が就活生に語った「お金」の話
いつも炎上しているキングコング西野亮廣さん。しかし炎上をものともせず、絵本やビジネス書は売り上げを伸ばし、取り組みも注目を浴びる。西野さんは「モノを売る」「お金」についてどう捉えているのか?(2018/2/24)

「次は3人で撮って」 森進一、ワンオクTakaに続き「MY FIRST STORY」Hiroとの親子ショットが温かいと話題に
マイファスに溶け込みすぎな進一パパ。(2018/2/13)

「めっちゃ似てるやん!」 野性爆弾くっきー、ヒロミのものまねメイクがリフォーム不要な完成度?
ママ逃げて!(2018/1/24)

「くやしいけど完璧」 野性爆弾くっきー、ベッキーのモノマネメイクが悪魔的完成度
ベッキーもターゲットにされてしまった。(2018/1/19)

なにこれすごい! ベッキーやローラ、三浦翔平、井岡一翔などが集結したワンオクTakaの新年会が豪華すぎる
息子の勧めで森進一さんもInstagramを開設。(2018/1/2)

スピン経済の歩き方:
なぜ政治家とマスコミは「ダブスタ」に陥ってしまうのか
自民党議員の不倫スキャンダルを痛烈に批判して「政治家失格」のレッテルを貼っていたマスコミが、今回は「政治家の不倫などたいした問題ではない」なんて調子で態度を豹変している。なぜこのような「ダブルスタンダード」にハマってしまうのか。(2017/9/12)

「少しでもお役に立てれば」 片瀬那奈、髪の毛寄付のためロングヘアを大胆カット
新鮮!(2017/9/3)

「一目ぼれしました!」 ダレノガレ、ベッキー、中村誠生のイケメンショットが乙女心をわしづかみ!
もう僕は逆に女性になりたい気分です。(2017/8/18)

小島よしおの“海パン披露宴”にベッキー、狩野英孝らが出席 新郎新婦で「そんなの関係ねえ!」
新郎新婦も参列者もみんな楽しそうです。(2017/7/20)

見た人が笑顔になってくれたら 映画「JKニンジャガールズ」主演の「こぶしファクトリー」に聞いた
ハマってるアプリなども教えてくれました。(2017/7/14)

JK×ニンジャ戦士が爆誕 劇場版「JKニンジャガールズ」予告編公開
単なるアイドル映画じゃないことは分かった。(2017/5/26)

やせいのベッキーがあらわれた! 芸人・永野との2ショット写真から漂うクレイジー感
bestfriendforeverってタグ付けられて幸せかこの野郎!(2017/5/11)

「行きたくないと言ったのに僕がクズすぎて……」 ゲス極・川谷絵音がワイドナショーで約10カ月ぶりの地上波テレビ復帰 ベッキーを思って作った楽曲も
ベッキーさんを思って作った楽曲があることなどを赤裸々に語りました。(2017/5/7)

スピン経済の歩き方:
『水戸黄門』の復活が、あまりよろしくない理由
TBSが同局で42年続いているドラマ『水戸黄門』を6年ぶりに復活すると発表した。しかし、である。『水戸黄門』を放送することは、日本社会にとってあまりよくないことではないか。どういうことかというと……。(2017/3/21)

のんをCM起用:
「勝負をかける」LINEモバイルの自信
「LINEモバイル」のサービス開始半年間の実績や今後の展開は――? LINE子会社のLINEモバイルが3月14日発表。プロモーションを本格的に展開し、女優・タレントのんさんを起用した初CMを放送する。(2017/3/15)

アニメ「ぱにぽにだっしゅ!」がニコニコ生放送で全26話一挙放送! 2月17日・18日の2日間
10年以上前のシャフト全開アニメ!(2017/2/16)

ハーフは美人ばかりじゃない! ハーフにはハーフの悩みがある
役所で、就職で、飲み会で……、ハーフの悩みは尽きません。(2017/2/12)

あの“文春砲”がニコニコでドラマに! 「週刊文春」が世に放った数々のスクープの裏側を徹底取材
「ベッキー&川谷の不倫騒動」「ショーンK経歴詐称」などのスクープはどのように生まれたか。(2017/1/23)

Googleが「検索で振り返る2016年」を公開 「ポケモンGO」「ピコ太郎」「熊本地震」「パナマ文書とは」など
2016年もいろいろありました。(2016/12/15)

「このタイミングで私に?」 ベッキー、“因縁”のLINEテレビCMに再起用で激動の1年を振り返る
約5年ぶり2度目のテレビCM起用。「このタイミングで私に? と、ただただ驚きました」(ベッキー)(2016/12/15)

週刊「調査のチカラ」:
2016「今年の○○」、“ほぼほぼ”納得のいく調査データまとめ
「2016年の○○」「今年の××」といったまとめ系調査が数多くリリースされる季節になりました。「予想通り」「何でこれが?」など会話のタネになりがちなユニークなランキングをピックアップしてみます。(2016/12/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。