ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ベセスダ・ソフトワークス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ベセスダ・ソフトワークス」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「FALLOUT」がAmazonで映像化決定 10年越しの念願かない核戦争後の世界がスクリーンに
現時点では実写やアニメといった映像化形式の詳細は明らかにされず。(2020/7/3)

こりゃ臨場感すげぇな! 「テスラ」レースゲームのデモを披露、実車のハンドルとアクセルでプレイできる
ゲームは駐車してから。(2019/7/7)

マリカー、マイクラ、ボンバーマンも──「Nintendo Switch」、発表された35ゲームタイトルまとめ
1月13日現在まで判明している「Nintendo Switch」のゲームタイトルをまとめた。(2017/1/13)

東京ゲームショウ2016 日本ゲーム大賞:
大賞は「Splatoon」に 最も売れたゲームは330万本「モンスターハンタークロス」
日本ゲーム大賞2016の結果が9月15日、東京ゲームショウ2016で発表された。年間作品部門の受賞作、経済産業大臣賞、ゲームデザイナーズ大賞の受賞作とコメントをご紹介しよう。(2016/9/16)

マイクラで作った「俺たちの新国立競技場」、フード販売に薬草やポーション 「闘会議2016」の詳細発表
ゲームイベント「闘会議2016」の各エリアの詳細や協賛企業企画などが発表されました。(2015/12/16)

明日から予約受付開始:
マイクロソフトがXbox Oneの国内販売戦略を明らかに、ゲーム発売予定も公開
2014年2月に国内デビューを果たしたプレイステーション4に比べると、Xbox Oneは出遅れている感じがある。日本マイクロソフトは予約受付開始の前日に発表会を開き、あらためてXbox Oneの日本における販売戦略を語った。(2014/6/20)

SCE、「プレイステーション 4」発表 年末発売へ
SCEが据え置き型ゲーム機の次世代機「プレイステーション 4」(PS4)を発表した。2013年の年末商戦向けに発売される。(2013/2/21)

週間ゲームソフト販売ランキング:
サッカーとアイドル
10月3日〜10月9日の期間集計した週間ゲームソフト販売ランキング。1位はウイイレが華麗にゴールを決め、2位にはAKBが告白しまくっています。(2011/10/13)

伝説のお宝を奪えるか!? 「FONV」のDLC第1弾が3月に配信予定
(2011/2/7)

「生」か「死」か、生き延びたければ冒険を始めろ――「Fallout: New Vegas」
(2010/4/22)

「Fallout 3」レビュー:
正義の味方じゃなくてもいいんです――善いことも悪いこともすべてはプレイヤーの思うがままに!
PS3、Xbox 360でリリースされる、核戦争後の荒廃した世界が舞台のRPG「Fallout 3」。襲い掛かる巨大生物、暴徒と化した人間、過酷な環境のアメリカを生き残れ!(2008/12/12)

「Fallout 3」体験リポート――核戦争後の荒廃した世界はまさに世紀末?
Xbox 360、PS3で発売される「Fallout」シリーズの最新作「Fallout 3」。核戦争後の荒廃した世界を描き、高い自由度と過激な描写が売りとなる本作のXbox 360版を、ひと足早く体験できる体験会に参加してきた。(2008/11/10)

マイクロソフト、TGS2008の出展内容を発表
(2008/10/6)

Xbox 360 Media Briefing 2008:
新モデルの投入と既存モデルの価格改定で年末商戦に挑むXbox 360
年末年始に発売されるXbox 360向けタイトルや施策を発表する「Xbox 360 Media Briefing 2008」が開催。「NINJA BLADE」などの新タイトルに加え、ハードディスク60Gバイト同梱版を新たに投入することや、既存モデルの価格改定などが発表された。(2008/9/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。