ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「Borderlands」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Borderlands」に関する情報が集まったページです。

Googleのゲームストリーミング「Stadia」、日本を除く14カ国で11月開始 月額9.99ドル 無料プランは2020年から
米Googleがゲームストリーミングサービス「Stadia」の詳細を明らかにした。残念ながら日本でのサービス提供は未定。(2019/6/7)

AmazonのTwitch Primeで毎月数本のゲームが無料の「Free Games with Prime」
Amazon傘下のゲーム実況サービスTwitchが、Amazonプライム会員であれば無料で使える「Twitch Prime」サービスで、毎年数本のゲームを無料でダウンロードできる「Free Games with Prime」プログラムを立ち上げた。(2018/3/14)

開始記念SHIELD割引キャンペーンも:
NVIDIA、GRIDゲーム・ストリーミングサービスを日本国内に提供開始
日本のみなさま、こんにちは。この最新PCゲームはNVIDIAが東京に新設したデータセンターからお送りしています。(2015/3/12)

朗読で大切なのは「やりすぎないこと」――声優・笠原あきらさん
「朗読」にスポットをあて、本を朗読している人にお話を聞くインタビュー企画。今回は、『思い出のマーニー』オーディオブック版のナレーションを担当した笠原あきらさんにお話を伺いました。(2014/9/16)

「ゲームを作りたい」9歳少女、クラウドファンディングで2万ドル集める
ゲーム作りを学ぶキャンプの費用829ドルを募ったところ、2万ドルを超える支援が集まった。(2013/3/25)

週間ゲームソフト販売ランキング:
プロデューサーさんのおかげです
「アイドルマスター シャイニーフェスタ」がトップにランクイン。(2012/11/1)

SCEJ、「東京ゲームショウ 2012」のプレイステーションブース出展タイトルを発表
今年も、「SOUL SACRIFICE」の世界初試遊を始め、PS Vita・PS3・PSP向けに50タイトル以上を試遊展示することを発表。さらに、ARマーカーを使った特別企画なども予定する。(2012/9/4)

「Borderlands」追加ダウンロードコンテンツ3種類を配信開始
今回配信されるのは、新ミッション「The Zombie Island of Dr. Ned」「Mad Moxxi's Underdome Riot」「The Secret Armory of General Knoxx」の3種類。フォーチュンハンターはこの難関をクリアできるのか?(2010/11/2)

これだけ読めば大丈夫!?:
「E3 2010」まとめてみました(前編)
ロサンゼルスで開催された世界最大のゲームExpoを振り返る前後編。先駆けて行われた各カンファレンスから当日の会場の様子も俯瞰する。(2010/6/25)

FPSとRPGの融合――Xbox 360用RPGシューター「Borderlands」
マイクロソフトは、Xbox 360用タイトル「Borderlands」を2010年2月10日に発売する。(2009/11/26)

Xbox 360 Media Briefing 2009:
「Xbox 360 エリート」の新価格は2万9800円! 価格改定&充実のソフトラインアップで年末商戦に挑むXbox 360
マイクロソフトのメディア向け発表会「Xbox 360 Media Briefing 2009」が都内で開催され、Xbox 360本体の新価格や、来年までに発売予定の新作タイトルなどが続々発表された。(2009/9/2)

「Xbox 360 エリート」新パッケージ、新価格に――その他のハードウェアラインアップも価格改定
マイクロソフトは9月10日より120GB同梱の「Xbox 360 エリート」を新パッケージで2万9800円で提供すると発表。現行のモデルも価格改定する。(2009/9/2)

E3を総括――存在意義を問う:
「E3 2008」これだけ読めば大丈夫?(後編)
現地時間の7月15日〜17日の期間、北米ロサンゼルスで「E3 Media and Business Summit」が催された。後編では、サードパーティのカンファレンスやE3全体について。(2008/7/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。