ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「Camangi」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Camangi」に関する情報が集まったページです。

Camangi、Androidタブレット「Mangrove7」を10月初旬より発売
Camangi Japanは、発売が延期されていたAndroid搭載タブレット端末「Camangi Mangrove7」の販売開始時期をアナウンスした。(2011/9/30)

Camangi Japan、Android 3.1を搭載した7型ワイド液晶タブレット「Camangi Mangrove7・WiFi」
Camangi Japanは、NVIDIA Tegra2 T20を採用する7型ワイド液晶内蔵タブレット端末「Camangi Mangrove7・WiFi」を発表した。(2011/7/5)

Android/iOS対応のIP電話「BlueSIPフォン」、個人向けサービスを4月に開始
ブルーシップコミュニケーションズは、Android/iOS向けの050番号付きIPフォンサービス「BlueSIPフォン」の個人向け通話サービスを、4月初旬に開始する。(2011/3/29)

SIMフリーのAndroidタブレットと日本通信のSIMカードがセットに
日本通信は、SIMフリー端末と日本通信のSIMをセット販売する代理店として、SIMフリーAndroidタブレットの販売を手がけるオフィスサンサーラと契約を締結した。(2010/12/3)

触って分かった:
「LuvPad」徹底検証――高性能Androidタブレットの実力
ここ数日、iPadの代わりに10.1型Android端末「LuvPad」と寝食を共にして感じたことを書いていく。初めてのAndroid端末でもだいじょうぶ?(2010/11/22)

Tegra 250+Android 2.2:
「最大パフォーマンスのタブレット端末を目指した」――LuvPad製品説明会
マウスコンピューターは、4万円を切る10.1型タブレット端末「LuvPad AD100」の説明会を実施し、その製品コンセプトを語った。(2010/11/12)

SIMロックフリーで3G通信対応:
Camangi Japan、Android 2.2搭載の7型タブレット「Camangi FM600」
Camangi Japanは、7型ワイド液晶パネルを内蔵したAndroid搭載タブレット「Camangi FM600」を発売する。(2010/11/9)

せかにゅ:
メガネ不要の3Dディスプレイにタブレット――投稿動画で見る家電展示会IFA
シャープの裸眼立体視ディスプレイに3Dカメラ、LGの超薄型有機ELテレビ、ソニーの電子書籍リーダーやGoogle TV、Androidタブレットなど、IFAではさまざまな製品が展示されていた。(2010/9/8)

Embedded Android for Beginners(Android基礎講座):
第1回 スマートフォンだけではない、広がるAndroidの可能性
オープンソースのソフトウエアプラットフォームとして多くの技術者から支持を得ている「Android」。オペレーティングシステムとしてLinuxを採用し、プログラム実行環境としてJava技術を導入するなど、実績がある既存の技術を取り入れていることが技術者の支持を集めている理由の1つと言えます。しかし、Androidには他にも技術者を引きつける要素がたくさんあります。(2010/8/11)

オルタナブログ通信:
電子書籍、出版社不在でも編集者はいる
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、日々、約260人のブロガーが、ITにまつわる時事情報などを発信している。今回は「FIFAワールドカップ」「スマートフォン」「iPad」「電子書籍」をテーマに紹介しよう。(2010/7/9)

ものになるモノ、ならないモノ(38):
Androidアプリはビジネスになるのか
「iPhoneアプリの次はAndroidだ!」と盛り上がっている開発者も多いと思う。今回は、大手プロバイダのNECビッグローブが始めたAndroidアプリ販売サイト「andronavi」を通して、Androidビジネスの可能性に迫ってみた。(2010/2/12)

NECビッグローブ、Android搭載“クラウドデバイス”のモニター募集を開始
NECビッグローブが1月18日、Android OSを採用した、7インチのタッチパネルディスプレイ搭載端末“クラウドデバイス”のモニター募集を開始した。締め切りは1月31日。(2010/1/18)

BIGLOBE、Android搭載情報端末を発売へ アプリ販売する独自ストアも
NECビッグローブは、フォトフレーム型Android端末とアプリケーションを組み合わせて提供する新事業をスタートする。Androidアプリを販売する独自ストアもオープン。(2009/12/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。