ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「チーズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
仕事が速い人が無意識にしている工夫
リーダーの仕事は、時間を生み出すこと。そのためには仕事を速くする工夫をすること。どうすばいいのだろうか?(2020/2/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
食中毒事件を乗り越えてモスバーガーが復活 消費増税を追い風にできそうな理由とは?
「食中毒」事件で苦戦していたモスバーガー。しかし、マーケティングを刷新してから業績が上向き始めた。消費増税をチャンスにできそうな理由とは?(2020/2/25)

ツナマヨ風味トーストがすぐできる ブルボンから朝食に便利な「のせるマヨシート」発売
「スライス生チョコレート」もリニューアルして登場。(2020/2/21)

誤解だらけの日韓関係を問う:
第3次韓流ブームの真相――それでも中高年が韓国に「上から目線」な訳
今の韓流ブームは「第3次」とされる。その実態と支持層について毎日新聞の外信部長が分析。ブームに反し中高年世代に「反韓」感情が強い理由とは?(2020/2/21)

浦安ブライトンホテル東京ベイのビュッフェにイチゴの季節がやってきました【実食レポート】
地中海料理に、イチゴのスイーツ。(2020/2/19)

水曜インタビュー劇場(狭い公演):
「7畳の学生寮」に住む大学生が増えている、いくつかの理由
首都圏を中心に、「学生寮」がじわじわ増えていることをご存じだろうか。どんな間取りなのか気になって取材したところ、そこはとても「狭く」て……。(2020/2/19)

国内唯一「ピザ自販機」の実力
「広島に国内唯一のピザの自動販売機がある」。こんな話を耳にして取材を進めると、広島市の中心部・袋町公園(同市中区)の近くにあることが判明した。(2020/2/10)

ねとめし:
「めちゃめちゃ美味しい!」「簡単なのにご馳走感」 炊飯器1つでできる「アボカド炊き込みピラフ」が濃厚でうまいと話題
アボカド好き必見です……!(2020/2/10)

新規顧客も獲得:
「サラダを食べに久々に吉野家行くか」という効果 「ライザップ牛サラダエビアボカド」発売の背景
吉野家は「ライザップ牛サラダエビアボカド」を発売する。第1弾の「ライザップ牛サラダ」が好調だった。サラダで「新規顧客の獲得と休眠顧客の掘り起こしの両方に成功した」としている。(2020/2/5)

カラフルな断面が魅力的 見ているだけでときめくフルーツサンドのレシピ本『果実とパンの組み立て方』
こんなの作れたらうれしい。(2020/2/5)

お菓子職人のアート作品が美しすぎる ドラゴン、フェニックス、鎧武者、デモゴルゴンなど感動的なスイーツがずらり
メイキング過程を見てもチョコだと信じられない丁寧な仕上がり。(2020/2/4)

東京本社で業務:
ドミノ・ピザが日給100万円の最高チーズ責任者を募集 動画販促の強化
ドミノ・ピザが最高チーズ責任者を募集。日給は100万円で雇用形態は執行役員。動画を通して「ウルトラチーズ」の販促を行う。(2020/1/31)

これ、本当にチョコなの? 目玉焼き、ゴルフクラブ、レトロな鍵を本物そっくりに再現するチョコレートにびっくり
小田急百貨店新宿店のチョコレートの祭典「ショコラ×ショコラ」で販売中。(2020/1/30)

SHIBUYA109とコラボ:
「築地銀だこ」史上初 フルーツを使ったスイーツのようなたこ焼きが登場した背景
新感覚チーズたこ焼き「GIN CHEE(ギンチー)」が登場。SHIBUYA109エンタテイメントと「築地銀だこ」運営会社が共同開発。集客の目玉にする。(2020/1/30)

PR:大画面なのにスリムで軽量! 新時代のスタンダードPC「mouse X5」シリーズ詳細レビュー
マウスコンピューターから、15.6型と大画面を採用しつつ、スリムで軽量、さらに約15.4時間もの長時間駆動が行えるノートPC「mouse X5」シリーズが登場した。新時代のスタンダードPCといえる本気の魅力に迫る。(2020/1/28)

セブンのフランクフルトソーセージをチーズ2倍のブリトーで包むだけの簡単“拷問メシ”がウマい……!
これが食べられるなら、なんでもしゃべりますっ。(2020/1/29)

漫画『窮鼠はチーズの夢を見る』、映画化を機に修正 予告なしの“修正版”切り替えにファン騒然
小学館「より多くの方にお読みいただくために一部修正」。(2020/1/29)

「もう少しチーズケーキ寄りのフォントで」「うんちならOKです!」 ハッシュタグ「クリエイターよくわからん指示選手権」が盛り上がる
クリエイターにありそうな、笑うしかないエピソードが次々投稿されています。(2020/1/29)

SNSを活用:
ローソンの「バスチー」が中国でもヒット 日本発の商品を海外で売るヒントとは
2019年にヒットしたローソンの「バスチー」。中国でも販売が好調。「日本で売れた」が海外での武器になる。(2020/1/29)

チーズトーストに犯ニャンの肉球がくっきり 「やっちまったニャ……」気まずそうな猫の表情もかわいい
※チーズトーストは人肌くらいまで冷めており、猫ちゃんは火傷していないとのことなのでご安心ください。(2020/1/29)

ファミレス「ジョイフル」、テイクアウト販売を開始
31商品のテイクアウト販売を2月4日から行います。(2020/1/28)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「おにぎり100円」「コーヒー80円」のミニストップ 値下げ以外に求められる“大改革”
「おにぎり100円」に続き、コーヒーを80円に値下げしたミニストップ。相次ぐ値下げで一定の成果は出てきている。大きく引き離された大手3社に追い付くために必要な戦略は?(2020/1/28)

「何もない」なんてひどい あるじゃねーか!! 千葉県「いすみ鉄道」で昭和レトロな激ウマなグルメ列車に乗ったよ
あえてクルマで行ったウマイ観光列車の旅。なぜならば、夢の「○○の詰め放題」があるから!!(2020/1/27)

ローソンにショコラスイーツが続々登場 「CUPKE」「ホボクリム」「どらもっち」が“バレンタイン仕様”に
「とろチー」「とろテ〜ラ」の新作も。(2020/1/22)

ダッフィー&フレンズのハートウォーミング・デイズ:
TDSダッフィー「ハートウォーミング・デイズ」はキッチン雑貨もスウィートなデザイン! 初登場クッキー・アンも見逃せない現地レポ
クッキー・アンが初登場。(2020/1/21)

狙うはレイトマジョリティー:
100円「タピオカ」の次は100円「ばすCHEESE」 後発に徹するローソンストア100の潔さ
ローソンストア100がバスクチーズケーキ「ばすCHEESE(チーズ)」を発売する。タピオカ同様、十分に行き渡ってから後追いする。潔い戦略を採用する理由とは?(2020/1/21)

フードロス対策にも効果あり:
ファミマが「第2回うまいパン決定戦」を開催 山パンがむき出しにした「全国制覇」の野望
ファミマが「第2回うまいパン決定戦」を開催する。パンはファミマにとって中食カテゴリーで最も売れる商品だ。廃棄ロスが少ないので加盟店利益につながるというメリットもある。(2020/1/17)

ベリー・ベリー・ミニー!:
東京ディズニーランド「ベリー・ベリー・ミニー」フード、かわいさが超ド級です!
ピンク×リボン×ドットは最強……。(2020/1/15)

タイムアウト東京のオススメ:
ワインもナチュラルを選ぶ
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/1/15)

“はにわ”と“ちくわ”が合体 触っても見ても楽しそうな「はにちくわ」がカプセルトイで登場
博物館にあったら回しちゃいそう(2020/1/14)

ディズニーシーにピクサーグッズ&フードが充実! 「ピクサー・プレイタイム」開催中
SNS映えするフードとグッズがいっぱいです。(2020/1/10)

サイゼは「ラム」、富士そばは異色そば:
松屋が「シュクメルリ」を全国販売 外食チェーンに押し寄せる“珍”メニューの波、いずれも人気
松屋が1月14日から、ジョージアの料理「シュクメルリ」の全国販売を開始する。19年12月に一部店舗でテスト販売していたが、好評を博して全国販売へと踏み切った。「松屋世界紀行」というシリーズで、今後もこうした世界のメニューを展開することも予定しているという。松屋以外でも、世界の“珍”メニューの導入が始まっている。(2020/1/10)

FAメルマガ 編集後記:
エッジのデジタル武装が本格化する2020年
OTとITの調和が大事です。(2020/1/10)

ビジネスパーソンを救う「せめてこれだけ」食事術【前編】:
朝食を抜きがちなビジネスパーソンに残された最終手段「だけ朝食」とは?
昼は毎日外食、夜は接待に飲み会、朝は時間がなく何も食べない――。健康は気になるけど、毎日忙しく過ごすビジネスパーソンが「規則正しい、理想に近い食生活」を実行するのは不可能に近い。それでも、できるだけ健康でいるためにはどうしたらよいのか。20年以上活躍する食生活ジャーナリストが「せめてこれだけは実践しよう」という健康情報をお届けする。(2020/1/10)

ドトールにあったか〜い新商品! ハニージンジャーティーやあつあつミラノサンドで寒い日もほっこり
キャラメルナッツラテとりんごのミルクレープもあります。(2020/1/9)

MONOist 2020年展望:
エッジは強く上位は緩く結ぶ、“真につながる”スマート工場への道筋が明確に
IoTやAIを活用したスマートファクトリー化への取り組みは広がりを見せている。ただ、スマート工場化の最初の一歩である「見える化」や、製造ラインの部分的な効率化に貢献する「部分最適」にとどまっており、「自律的に最適化した工場」などの実現はまだまだ遠い状況である。特にその前提となる「工場全体のつながる化」へのハードルは高く「道筋が見えない」と懸念する声も多い。そうした中で、2020年はようやく方向性が見えてきそうだ。キーワードは「下は強く、上は緩く結ぶ」である。(2020/1/9)

松屋でジョージア料理「シュクメルリ」が食べられる 1月14日から
ネットで話題になった「シュクメルリ」がついに!(2020/1/9)

ミスドとピエール・エルメがコラボ! 代表作イスパハンとポン・デ・リングが出会って「ポン・デ・イスパハン」に
間違いなくおいしい全6種類。(2020/1/8)

モスバーガーが3月末で全店禁煙 禁煙化で増加を見込むファミリー層向けのセット商品を限定販売
禁煙化に向けて順次改装中。(2020/1/8)

期間限定:
モスバーガーが店内完全禁煙に対応した商品を発売 狙う客層とは
モスバーガーは2020年3月末までに完全禁煙化する予定。禁煙に対応した商品を発売する。どんな客層を狙うのか。(2020/1/8)

年齢層ごとに異なる好みとは?:
コンビニで「助六寿司」を買っているのは誰なのか ローソンのデータから分析
20〜60代のお客はコンビニでどんな商品を好んで購入しているのか。ローソンがそれぞれの世代における自社オリジナル商品の世代別販売数構成比ベスト3を発表した。助六寿司を購入しているのはどの年代なのか。(2020/1/8)

「牧場しぼり」はしぼっているからカロリーゼロ あらゆる食べ物をゼロカロリーと判断してくれる技術が誕生
クロワッサンもカステラも潰せばゼロカロリーって言いますし。(2020/1/1)

FA 年間ランキング2019:
“現実的価値”を生むスマート工場化が拡大、ロボット活用も標準化も進んだ2019年
2019年に公開したMONOist FAフォーラムの記事をランキング形式で振り返ります。公開記事の1年間分のデータを集計した上位記事とそこから見えるFA業界の状況について紹介します。(2019/12/27)

毎年恒例! サーティワンに“干支アイス”がやってくる 1月1日からはギフト券&オリジナルグッズ入りの福袋も
福袋の中身はアイスクリームギフト券2000円分とオリジナルグッズ。(2019/12/26)

エチュードハウスの「ねずみ年」限定「トムとジェリー」コスメ! セットで揃えたくなるハッピーなカラーとデザインで新年を迎えよう
トムとジェリーで並べたい。(2019/12/24)

主役は開発担当者:
チャーハン入りチョコ、フローズン甘酒――各食品メーカーが「異例のタッグ開発」に取り組む訳
食品・飲料メーカー6社がこの度タッグを組む。「フローズン甘酒」などユニークなコラボ食品をまずは試作。開発担当者を主役に据え新商品や新事業に乗り出す。(2019/12/24)

クリスマス料理は食べたいけど椅子から1秒も離れたくないガチゲーマー向け缶詰 「クリスマスティンナー」にベジタリアン&ヴィーガン向けが登場
クリスマス料理を楽しみながらゲームに集中できる……!(2019/12/24)

キンタロー。お腹ぽっこりマタニティ姿を公開 「起き上がるのが なんか辛い」「前より量が食べれない」とさまざまな変化も
チーズ欲が増しているようで、「今 アルプスの少女ハイジみたら さらに欲が偉いことなる」とも。(2019/12/22)

レシートを分析:
セブンとファミマとローソン、「客単価」が最も高いコンビニは? “華金”に強いチェーンも明らかに
コンビニ大手3社、「客単価」が最も高いチェーンは? 曜日別に分析すると、「金曜日」に特に強いコンビニも明らかになった。レシートを分析して、見えてきたものとは。(2019/12/20)

クリぼっちバンザイ! バーガーキングがおひとり様向け「ぼっちバーレるSET」をクリスマス限定で販売
あえてクリぼっちだと言っていくスタイル。(2019/12/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。