ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「COOL-ER」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

エージェンシープライシングはなぜ生まれたか? 書店を守るため
マクロな視点でエージェンシープライシングモデルを考えてみると、そこには書店の存在が大きな意味を持っていることが分かる。ここでは、世界的な書店の動向を紹介しながら、今後起こり得るシナリオを予測してみよう。日本でも長い目で見ればこうした動きに追従するのだろうか。それとも……。(2013/2/28)

なぜ電子書籍リーダー/タブレット製造企業は失敗するのか――別の視点から
Good e-Readerのマイケルによる電子書籍業界の失敗論。しかしそこには最重要事項が抜けているように思う。エコシステムの欠如だ。(2012/12/27)

なぜ電子書籍リーダー/タブレット製造企業は失敗するのか
Good e-Reader Blogで過去5年、世界の電子書籍市場を追ってきた人間からみた「失敗のトレンド」とは?(2012/12/26)

米大手書店Borders、電子書籍ストアをスタート
Borders Groupが150万作以上の書籍を取り扱う電子書籍ストアをオープン。1年で電子書籍市場で17%のシェアを目指す。(2010/7/9)

せかにゅ:
Googleケータイ「Nexus One」、写真がネットに流出か
GoogleブランドのAndroid携帯「Nexus One」は、SIMロックフリーでGoogleが直販すると報じられている。この端末の写真らしきものもネットに投稿されている。(2009/12/14)

Googleが英国の電子書籍リーダー企業と提携 Kindleに対抗か
Googleが電子化したパブリックドメインの書籍を、電子書籍リーダー「COOL-ER」を手掛ける英企業に提供する。(2009/9/3)

Kindleのライバル? “クール”な電子書籍リーダーが間もなく登場
薄型軽量の電子書籍リーダー「COOL-ER」が、Kindleよりも安い価格で間もなく登場する。(2009/5/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。