ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「カウンセリング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カウンセリング」に関する情報が集まったページです。

4カ月赤ちゃんとママ 美容師の驚く“神対応”に「こんな神様みたいな美容師さん初めて見た」「涙出ちゃう」と称賛の声
信頼関係があるからできる光景にほっこり!(2024/2/18)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(110):
エンジニアに「キャリア安全性」はあるのか
働き方が変わろうとしているいま、「将来も、きっと大丈夫だ」と思えていますか?(2024/2/14)

ひつぎに入って帰宅した父犬に、息子犬が寄り添い…… 胸を打つ親子の絆と、埋葬後の愛に満ちた変化
「ペットロスとの寄り添い方」第24回はヨークシャテリア・琥珀くんです。(2024/2/9)

20歳くらい若返った? 美容師がロングの女性の髪をバッサリ…… 「同一人物には見えない!」と好評
活き活き魅力的に変身!(2024/2/14)

Apple Vision Pro、米国で販売スタート クックCEOが購入者を出迎える
米国で「Apple Vision Pro」が発売された。オープンには、Tim Cook CEOら経営陣が購入者を出迎えた。(2024/2/3)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(109):
大切なのは「原因の追究」か?――トラブル発生時のコミュニケーション
重大な問題が起こると、その原因を追究したくなるかもしれません。しかし、最も大切なのは「問題を解決すること」ではないでしょうか。(2024/1/17)

ITmedia エグゼクティブ勉強会スケジュール
ITmedia エグゼクティブに入会いただくと、ビジネスに役立つ情報をはじめ人材育成、ライフスタイル、カルチャー分野も含めた勉強会に参加できます。(2024/1/5)

「雪遊びの天才現る」 顔中が雪だらけのワンコ、突き抜けたはしゃぎっぷりに「謎の生き物になってるw」「めっちゃおもろい」
ものすごく楽しんでいる……!(2024/1/5)

「CLOVA note」サイコー!:
AIが意外とできない“簡単な”お仕事
2023年は、AIの得手不得手がある程度明確になった1年でした。来年は精進して私の仕事をもっと奪ってほしいものです。(2023/12/28)

「やっば天才だわ」 女子高生がウルフカットに大変身…… 美容師の得意技に称賛の声
似合っている!(2023/12/24)

天国の愛猫からスマホに「またな」とメッセージ 悲しみに暮れる飼い主に届いた愛のSMSに心あたたまる
「ペットロスとの寄り添い方」第23回は猫・にゃ〜子ちゃんです。(2023/12/22)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(108):
「仕事? 楽しいよ!」と言えなかった僕
「仕事、楽しいですか?」という問いに、あなたなら何と答えますか?(2023/12/20)

愛猫が息を引き取る直前「ありがとう、楽しかったよ」と声を掛けたら…… 家族みんなが久々に集った夜の奇跡に涙
「ペットロスとの寄り添い方」第22回は猫・きららちゃんです。(2023/12/8)

パーソルキャリアが2023年11月のテレワーク実態調査結果を発表:
コロナ5類移行でテレワーク制度はどうなった? 全ての世代で9割以上が「継続したい」と回答
パーソルキャリアは、テレワークに関する調査結果を発表した。それによると、テレワークの導入率は上昇傾向にあり、8割以上の企業がテレワークの継続を予定していることが分かった。(2023/12/4)

女性の髪の毛に大胆にハサミを入れたら…… 洗練された大変身に「どこのお店?」「ゴージャス!」と反響
べ、別人?(2023/12/4)

社内AI人材育成の実際は? DX推進担当者の声、受講者の声:
ポーラ・オルビスホールディングスが取り組むAI人材育成 現場の声は
ポーラ・オルビスホールディングスがAI人材育成を進める。非IT人材にプログラミングの基礎から本格的なデータ分析の手法までを教育し、業務課題の解決につなげている。データ分析やAI人材育成をテーマに執筆活動などを幅広く手掛ける筆者が研修の企画者と受講者にそれぞれの感触を聞いた。(2023/11/29)

「私以外の人に飼われてたら、もっと長生きできたかな」 7歳で突然虹の橋を渡った愛猫、傷心を救った友人の一言と新たな出会い
「ペットロスとの寄り添い方」第21回は猫・しんのすけくんです。(2023/11/24)

10年以上も髪型を変えていなかった男性がカットしたら…… 花王「かっこつけない理容室」での“イメチェン”がステキ
自分を好きと思える人が少しでも増えることを願って企画されました。(2023/11/19)

ワンコ、トリミング中にだんだん意識が遠のき……?  思わずニンマリしてしまう結末に「ヤバイかわいさ」「ぬいぐるみ?」
気持ちはわかる。(2023/11/18)

宝塚歌劇団、独特な閉鎖的上下関係 「代々の芸の継承の伝統、適切ではないかも」
宝塚歌劇団宙(そら)組に所属する劇団員の女性(25)が急死した問題で、歌劇団は14日、同市内で記者会見した。会見の詳報は以下の通り。(2023/11/15)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(107):
「主体性を持て」「自立しろ」というけれど、どうすればいいの?
不確実で先行きの見通しが立てにくい時代になって、「主体性を持て」「自立しろ」といろいろな場面でいわれます。でも、自立するのはいうほど簡単ではありません。何をどうすれば自立できるのでしょうか?(2023/11/15)

ネットオークションに出品されていたシェパード、迎えに行くと猫用ケージに入れられていて…… 「幸せにする」と決意した出会いにグッとくる
「ペットロスとの寄り添い方」第20回は犬・すみれちゃんです。(2023/11/10)

愛犬が息を引き取る直前、「まだ心の準備ができてない!」と叫んだら…… 最期に起きた優しい奇跡に涙があふれる
「ペットロスとの寄り添い方」第19回は犬・ミッキーくんです。(2023/10/27)

女子がメンズカットで刈り上げたら…… その結果に「え、似合いすぎ」「これはモテるぞ」と大絶賛
思い切って刈り上げに挑戦!(2023/10/21)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(106):
「生涯エンジニアでいたい」は、本当の理想なのか?
「生涯エンジニアでいたい」――そう思っている人も多いでしょう。20年前の僕も「何となく」そう思っていました。でも、いまは……。(2023/10/18)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
トラウマを知り、人間のしくみを知る。「発達性トラウマ」の理解が人と組織を大きく変える
近年、理解がすすんできた「トラウマ」。実は誰もが抱えているこの「トラウマ」を理解することで、職場づくりが大きく変わってくるという。トラウマを理解することで、真の意味で生産性、イノベーションの源泉となる職場を作ることができるという。(2023/10/17)

動きが遅く元気がない子犬を慌てて病院へ連れて行ったら…… 飼い主ズッコケの診断名に笑い「気を引くことに長けた犬でした」
「ペットロスとの寄り添い方」第18回は犬・塁くんです。(2023/10/13)

「出社義務化で辞表提出」も:
在宅勤務のITエンジニアも、出社しなきゃダメ? あのZoomも「出社義務化」のワケ
GoogleやX、Amazon.comといった大手IT企業が続々と、出社を義務化しています。テレワークの象徴ともいえるZoomでさえ「週2回以上の出社を義務付けた」とか。在宅勤務できるITエンジニアが出社を求められるのは、なぜでしょうか?(2023/10/5)

病院まであと10分、体調を崩した子猫が力いっぱい声で鳴いて…… 迎えた矢先に難病が発覚した人懐こい子猫の闘病記
「ペットロスとの寄り添い方」第17回は猫・トシくんです。(2023/9/29)

PR:「髪は医療で生やせる時代」対面診療? オンライン? かしこいAGAクリニック選びのポイントとは?
AGAは進行性、気になりだしたら医師になるべく早くかかることがとても重要なポイント。(2023/11/7)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(105):
「技術力が大事」だと思っていた元エンジニア でも、30年でたどり着いたのは……
「仕事で大切なのは、技術力だ」と思っているエンジニアは多いでしょう。僕も若いころはそうでした。でも、社会人になって30年たったいま、その考え方はずいぶん変わりました。結局は……(2023/9/20)

うつ病で休職中の夫に、元保護猫が寄り添い…… 寝ているときは必ず隣にいてくれた優しさに心が震える
「ペットロスとの寄り添い方」第16回は猫・ばんとくんです。(2023/9/15)

威嚇と猫パンチが絶えない元ノラの母猫、根気強く愛情を注いだら…… 「涙が出た」驚きの変化と愛あふれる思い出
「ペットロスとの寄り添い方」第15回は猫・ハルちゃんです。(2023/9/1)

ワーケーション 実施経験がある人はどれくらい?
クライス&カンパニー(東京都港区)が、「ハイクラス人材のワーケーションの経験に関する調査」を実施した。(2023/8/30)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(104):
業務時間外のメールやチャットの返信、どうしてる?
デジタルツールの発展で、連絡や確認が気軽にできるようになりました。その分、業務時間外に業務に関する連絡を受け取ることも……。基本的には、仕事は業務時間内に行うとして、業務時間外の反応はどう考えたらいいのでしょうか。(2023/8/23)

海外医療技術トレンド(98):
米国でヘルスケアデータを扱う非医療機器の規制がさらに強化される理由
本連載第8回で取り上げた米国の「非医療機器(Non-SaMD)」を取り巻くプライバシーやサイバーセキュリティの規制が大きく変わりつつある。(2023/8/18)

久々に会ったおばあちゃん家の猫に「トラ、お前はもう長くないのか?」と聞いたら…… お別れ2日前に交わしたやりとりが胸に来る
「ペットロスとの寄り添い方」第14回は猫・トラさんです。(2023/8/18)

クセ毛を隠すため毎日ウィッグ使っていた女性→プロがカットしたら…… 髪質に合ったすてきなスタイルに「可愛い」「勇気をもらえる」
ナイス変身。(2023/8/15)

四谷大塚、「講師が生徒を盗撮し十数人に投稿」で謝罪 当該の講師は懲戒解雇し警察に通報
四谷大塚校舎所属の社員が業務中に生徒を盗撮し、メッセンジャーアプリ内の十数人の限定グループに投稿したことが確認されたとしています。(2023/8/14)

「人格を矯正します」 映像作家、“すべての表立った活動”を中止へ
多摩美術大学が金子さんの年度末での准教授退任を発表しました。(2023/8/9)

飼い主が発作で立てなくなったとき、猫ちゃんが寄り添い…… 24時間泣き通した愛猫とのお別れが胸に迫る
「ペットロスとの寄り添い方」第13回は猫・鈴蘭ちゃんです。(2023/7/28)

増える「45歳以上の転職」 成功者は、ある苦難に直面する
40代以降の中高年層の転職には、若い頃とは異なる特有の苦労が待っている。(2023/7/27)

キャリアを真面目に考えさせると、離職につながる!? 社員と会社の幸せな関係を考える
キャリア自律が重要であるといわれて長い期間がたつが、いまだにうまくいっているとは言い難いのが現状だ。その原因の1つとして、企業が従業員のキャリア自律を促すと離職につながるのではないかと考えていることが挙げられる。(2023/7/26)

くせ毛に悩む中学一年生の女の子が、ヘアカットだけで大変身! ショートボブへのビフォーアフターに称賛の声
くせ毛を生かしたカットがおしゃれ。(2023/7/25)

ショートが得意な美容師がロングの女性を大変身させた! 思わず本人も「え、凄い」「保存したい」と笑顔に
カット後の笑顔はパッとお花が咲いたような輝き!(2023/7/22)

SFプロトタイピングに取り組む方法:
“2050年の試作品”を作ったソニーG デザイナーが「SF」活用 想像した未来とは?
ソニーグループのデザイン部門が「2050年」をテーマにプロトタイプを制作しました。SF的な思考で描いた未来とはどのようなものか、未来を考える意義が何か取材しました。(2023/7/21)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(103):
取りあえず動く、でいいじゃないか
仕事をしていると、「どうすれば、この問題を解決できるのか?」が分からないことがあります。周囲に理解されないことも数知れません。それでも自分の中で何かが燃え始めたのなら、やるべきことは1つだけです。(2023/7/19)

Marketing Dive:
AI活用で訴訟に? マーケターが知るべき生成AIの法的リスクと対処法
文章や画像を自動生成する「生成AI」はマーケティング分野でも注目を集めている。だが生成AIには法的な懸念点もある。生成AIを活用する際に知っておきたいそのリスクと、対処法とは。(2023/7/12)

200%犬派の夫妻が迎えた“性格がきつすぎる猫” 家族にだけ見せる意外な顔、心の傷を癒やしたきょうだい猫の存在に胸が熱くなる
「ペットロスとの寄り添い方」第12回は猫・姫ちゃんです。(2023/7/7)

YOSHIKI、亡き母のため「生まれて初めてTVで歌った」 世界各国でトレンド入りの反響「涙が止まりませんでした」
最愛の母を亡くして1年。【訂正】(2023/7/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。