ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ダダ漏れ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

サンシャイン池崎、猫メインの書籍発売けってイエエエエイ! 風神&雷神との生活をつづったものに
ジャスティス!!(2019/7/13)

「見えている部分がかわいすぎる」 石原さとみ&福士蒼汰、「モニタリング」で変装するもオーラがダダ漏れ
隠しきれていない。(2019/7/12)

「なぜか納得のキャスティング」 武田真治、「凪のお暇」色気ダダ漏れなスナックのママ役に反響
スピニングバードキックへの期待が高まるキャスティング。(2019/7/12)

「みな実さんになれたら何もいらない」 指原莉乃、“田中みな実に憧れる女”モノマネが愛ゆえのハイクオリティー
田中さん、着実に人気出てる。(2019/7/8)

半径300メートルのIT:
「知らないうちに、スマホから自分の位置情報がダダ漏れ」を防ぐ方法
カメラや地磁気センサー、GPS――あなたがいつ、どこにいたかを伝えるスマホの「位置情報」、本来なら必要のないはずの第三者に公開していませんか?(2019/6/25)

「かわいい子猫ちゃんでちゅね〜」 子猫をギューッとハグして離さないワンちゃんの愛が重すぎる
重いニャン……。(2019/6/11)

デレる猫とフテる猫、2匹の甘え方の違いにほっこり 猫たちとの愉快な日常を描いた漫画に癒やされる
グリさんはストレート系甘えん坊、ボン君はツン系甘えん坊。(2019/6/8)

新連載「IT基礎英語」:
security patch:ソフトウェアのばんそうこう
IT関連の英語ニュースに出てくる単語、気になった表現を取り上げて解説します。第1回は、security patch。(2019/5/23)

子猫ににじり寄る鋭い眼光の狼……絶体絶命と思いきや―― 子猫と狼のモフ×モフな関係を描いた漫画がすてき
ケモナーもそうじゃない人もみんな集合〜! 尊いよ〜!(2019/5/14)

ネカフェに来るカップルを眺め続けた独身店長代理 鈍感な彼女とすぐそばにある「出会い」の行方が気になる漫画
早く気づいて、清水さん!(2019/5/12)

「人生の8割をもっていかれる」 “猫に飼われる覚悟”を決めた猫マスターの猫を飼うのをすすめない理由が面白い
“覚悟”のある猫好きのための楽しい1冊です。(2019/4/9)

ファンの心見透かしすぎ! 「アタックZERO」新CMで松坂桃李&菅田将暉&賀来賢人&間宮祥太朗&杉野遥亮が絶妙なキャラ立ち
企画者グッジョブ。(2019/4/1)

誰かと思った! きゃりーぱみゅぱみゅ、おでこ全開の“前髪かき上げ”スタイルで大人の色気を漂わせる
原宿っていうより表参道にいそう。(2019/2/26)

隣のあの娘は超COOL……な人見知り 緊張であいさつもできない2人をクラス中で見守る漫画のたまらないもどかしさ
両思いなのに友達ですらない2人のおはなし。(2019/2/16)

目付き悪いのを気にしてる所がかわいいの!! 「かぐや様は告らせたい」5話
本心ダダ漏れかぐや様。(2019/2/10)

PR:態度も胸もでかい、けどどうしようもなく愛しい! ウザカワの金字塔的作品「宇崎ちゃんは遊びたい!」
作者の愛情があふれた作品です。(2019/2/8)

メールを送られると「俺の事好きなのかも」と勘違いしてしまう現象 「かぐや様は告らせたい」4話
藤原書記の才能が光る回でした。(2019/2/3)

「今日は外ロケで疲れたろ? こっちおいで」 城田優、誰もいないオフィスでの“ご褒美ハグ”直前ショットにときめきが止まらない
お言葉に甘えて!(2019/1/20)

クールな彼女が見せた“防御力ゼロ”の反応にニヤニヤが止まらない 創作漫画「彼女はスキだらけ」に「続きが読みたい」の声
ツンデレと思いきやデレデレや!(2018/12/23)

「男女の接近は不純!」な風紀委員がどうしてこうなった 恋心が漏れまくってしまう胸キュン展開の漫画
距離感ゼロ。(2018/11/16)

狂おしいほどギャップ萌え 悪さばかりしている鬼の本当の姿を描いた漫画が笑顔になるかわいさ
鬼だけど優しさがダダ漏れ。(2018/10/29)

先輩、結局そういうことしたいんですか、学校で。 アニメ「やがて君になる」4話
キスする際は周りに注意しようね!(2018/10/26)

無料/低予算で利用できる
個性が光るメールクライアント4製品比較、脱「Outlook」には何がいい?
「Outlook」は代表的なメールクライアントだが、企業によってはOutlook以外の選択肢を検討したい場合もあるだろう。十分な機能を備えた4つの代替製品について、長所と短所を比較してみた。(2018/9/15)

完全にホストだこれ! 田中圭、井浦新らが薔薇片手にキメる“ケンカツ色男選手権”に投票者が殺到
シャンパン入れていいですか?(2018/8/27)

「正直混乱しております」 石田ゆり子、動物インスタ新設するも“犬猫愛”抑えられず運用方法に悩み
複数アカウントあるある。(2018/8/8)

こんな上司ほしい 田中圭&井浦新が「女性をとろけさせる。大人の男2018」ショットで色気ダダ漏れ
グッドルッキイングガイズ。(2018/7/23)

半径300メートルのIT:
Cookieの削除もSNSのログアウトも効かない! 「個人情報を使わずに、個人を識別できる技術」とは
GDPRの施行やFacebookによる個人情報の流用問題を受け、いまオンラインユーザーのプライバシーを守る動きがますます厳しくなっています。しかし、それでも「抜け穴」は作られるもの。WebサイトにアクセスするユーザーのログインIDや端末IDといった情報がなくても個人を識別できる技術とは、一体何なのでしょうか。(2018/7/10)

あの人のかばんの中身は?:
テーマは「1日を生き延びる」。オトバンク広報佐伯帆乃香さんのかばんの中身
オーディオブックの配信サービス「audiobook.jp」を運営するオトバンクで広報として奮闘する佐伯帆乃香さんのかばんの中身は……?(2018/7/4)

「彼氏かと思った」 松井愛莉、イケメンに抱きつく2ショットでネットをざわつかせる
誤爆かと思った。(2018/5/6)

半径300メートルのIT:
iPhoneで道行く人の名前を知る方法
ちょっと設定を変えるだけでリスクを回避できるのですが、なかなか周知されないようで……。(2018/4/10)

「メールを使う」なら選択肢は無数
脱「Outlook」なら検討したい、代表的な3つの代替製品/サービス
IT担当者がMicrosoft Outlookの代替製品を探すヒントは、そのユーザーが最も必要とする機能を考慮し、それらのニーズに最も適する電子メールクライアントを選択することだ。(2018/4/10)

転職バーのハルカさん(6):
PR:クレイジーフォーユー――狂おしいほど好きよ、タコ
そこそこのエンジニア「シュウヘイ」が「転職バー」で「ブラッディ・シーザー」を飲んでいると、男物のスーツを着た美女が現れた。「自分はスパイだ」と名乗る彼女、何やら大変な秘密があるようで……。(2018/2/1)

Over the AI ―― AIの向こう側に(19):
未来を占う人工知能 〜人類が生み出した至宝の測定ツール
今回は、統計処理技術についてお話します。え? 統計? それってAIなの?――そう思われた読者の方、確かにAI技術とは言えません。ですが、統計処理技術はAIの根底を成すものであり、これを知らないままでは、「英単語を知らずに英語を話そうとする」ようなものなのです。(2018/1/31)

「魔女の宅急便」のツンデレな“先輩魔女”、登場シーンの後を想像した漫画が萌える……!
ツン、スンとしているけど、優しさが隠せない先輩魔女を描いたお話。(2018/1/12)

Android端末は特に注意を
Bluetoothがペアリングなしで乗っ取られる危険、「BlueBorne」からスマホをどう守る
Bluetoothデバイスに対してリモート接続を可能にする脆弱(ぜいじゃく)性「BlueBorne」とは何か。どのような対応が必要か、専門家が解説する。(2017/12/25)

会員が注目した2017年記事ランキング(セキュリティ編)
「WannaCry」「Androidスパイウェア」よりも読者が気になったセキュリティ脅威は?
ランサムウェアからモバイルマルウェアまで多様な脅威が明るみに出た2017年に、TechTargetジャパン会員が最も関心を寄せたセキュリティの話題とは何か。アクセスランキングから探ります。(2017/12/25)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2017年10月版:
他人のCPUを使ってビットコインを採掘、マルウェアなのか
2017年10月のセキュリティクラスタ、話題の中心は「ビットコイン」「WPA2」「新ランサムウェア」でした。Webページの閲覧時にビットコインを採掘させる仕組みがマルウェアではないかと議論に。無線LANで広く使用されている暗号化方式「WPA2」では盗聴などにつながる脆弱(ぜいじゃく)性が見つかりましたが、こちらは尻すぼみ。東欧を中心に広がった新ランサムウェア「Bad Rabbit」では、国内サイトが拡散元となり、驚きを呼びました。(2017/11/13)

膨大な数のデバイスに影響
Bluetoothが危ない 背筋が凍る8つの脆弱性「BlueBorne」とは?
Bluetoothには8つの脆弱(ぜいじゃく)性があり、総称してBlueBorneと呼ぶ。専門家によれば、BlueBorneは膨大な数のデバイスに影響を及ぼし、深刻な問題を引き起こす恐れがあるという。(2017/10/31)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第12回】
実は危険な“無料Wi-Fiスポット”、カフェでのモバイルワークに必須のセキュリティとは
カフェやホテルが提供する無料の公衆無線LANを利用してモバイルワークをするのは便利なもの。ただし情報漏えいのリスクが潜んでいることを留意しなければいけません。(2017/10/25)

クラウド向けセキュリティ「CASB」にも注目
「個人用Gmailの業務利用」はどう考えても危険、それでも使う?
BYOD(私物端末の業務利用)戦略の一環として個人用Gmailアカウントを業務利用するのは企業にとって高いリスクをはらむ。その理由を解説する。(2017/9/13)

Wordのマクロ機能を悪用
WindowsにもMacにも感染、マルウェアのクロスプラットフォーム化は進むか
クロスプラットフォームマルウェアは、Microsoft Word文書を利用して攻撃を仕掛ける。攻撃の仕組みと攻撃を防ぐための対策を解説する。(2017/9/7)

半径300メートルのIT:
無意識の設定であなたの居場所がダダ漏れに? iPhoneのこんな設定に注意
なぜ、このアプリが位置情報を使ってるの? 無意識に行ったスマホのプライバシー設定であなたの位置情報がダダ漏れしてるとしたら……。(2017/9/5)

今さら? 今こそ! データベースセキュリティ(5):
データベース暗号化が必要な「理由」と「3大方式」を理解する
本連載では、データベースセキュリティの「考え方」と「必要な対策」をおさらいし、Oracle Databaseを軸にした「具体的な実装方法」や「Tips」を紹介していきます。今回は、「なぜ、データベースを暗号化しなければならないのか」について解説します。(2017/8/31)

司書メイドの同人誌レビューノート:
ガーターベルトに仕込みメガネ メガネフリークしか出てこない1ページまんが「めがねのね〜眼鏡の音〜」が狂気の沙汰
「委員長の眼鏡ふきを煎じて飲んで、心を落ち着かせよう」(2017/7/23)

期待のデバイス連携機能とは
「Windows 10 Fall Creators Update」でiPhoneとAndroid、そしてWindowsの壁がなくなる
「Windows 10 Fall Creators Update」の新機能により、開発者はより一貫したクロスプラットフォームアプリを作成でき、ユーザーはさまざまなデバイスを連携させて使えるようになるかもしれない。(2017/5/25)

ITはみ出しコラム:
脳にチップを埋め込む時代はもうすぐ? イーロン・マスクが目指すこと
イーロン・マスク氏は未来に生きていますね。(2017/4/30)

情報収集に懸念も
徹底レビュー:Windows 10 Creators Update、うれしい新機能と気になるプライバシー問題
2017年4月11日にリリースされた「Windows 10 Creators Update」では、操作性が良くなる新機能が加わった。しかし、プライバシー設定に関する懸念事項も発生している。(2017/4/22)

問われる企業の対応
「強制パスワードリセット」は正しい措置なのか? Yahoo!情報流出事件に学ぶ
米Yahoo!からユーザー情報が流出した事件で、経営陣がパスワードの強制リセットを拒んだと伝えられている。パスワード強制リセットは正しい対応なのだろうか?(2017/4/20)

浅野忠信、背中一面の刺青で圧倒的なラスボス感を醸し出す
映画「新宿スワンII」の滝マサキ役を演じるにあたって描かれたもの。(2017/2/5)

2017年4月に提供開始か
「Windows 10 Creators Update」で何が変わる? 担当者歓迎の新プライバシー設定とは
「Windows 10」の次期大型アップデート「Creators Update」では、OSで収集してMicrosoftに送信するデータの設定においてユーザーやIT管理者による制御範囲が広がるという。(2017/2/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。