ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「デジカメ「超」基礎解説」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「デジカメ「超」基礎解説」に関する情報が集まったページです。

デジカメ「超」基礎解説 番外編:
コンパクトデジカメで夜桜を撮影するコツ
夜桜の撮影は夜間であること、光源の種類や位置もさまざまと、難易度の高い部類に入ります。ですが、ちょっと気を配れば、コンパクトデジカメでもきれいに写真を撮ることができます。(2011/4/8)

デジカメ「超」基礎解説:
番外編 イルミネーションを「キラキラ」撮る方法
ふと街中で足を止めると、さまざまなイルミネーションが街を彩っていますが、ぱっとカメラを向けてもその“キラキラ”感は意外に残しにくいもの。風景としてのイルミネーションを「キラキラ」撮る、ちょっとした方法をご紹介します。(2010/11/30)

デジカメ「超」基礎解説:
「コントラスト」「位相差」2つのAFを理解する
快適な撮影に欠かせないオートフォーカス。デジタルカメラでは主に「コントラストAF」「位相差AF」の2つの方式が用いられています。その仕組みと違いについて理解しましょう。(2010/9/14)

デジカメ「超」基礎解説:
ISO感度と写りの関係を理解する
写真の明るさである露出は絞りとシャッタースピードによって決定されますが、実はもうひとつ、露出に大きな影響を与える要素がデジタルカメラにはあります。それが「ISO感度」です。今回はISO感度について理解を深めましょう。(2010/7/2)

デジカメ「超」基礎解説:
絞りとシャッタースピードの関係を理解する
最近のデジカメは優秀で、フルオートでもきれいな写真が撮れますが、基礎的な事柄を理解するだけでより操作の幅が広がり、さまざまな撮影を楽しめるようになります。そんな基礎を解説していきます。(2010/6/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。