ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DROID ERIS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「DROID ERIS」に関する情報が集まったページです。

抵抗膜方式か? 静電容量方式か?:
タッチパネル技術の最新動向を追う
「iPhone」や競合製品により、その利便性に対するユーザーの認知度が高まったこともあって、タッチパネルを備えた機器がますます普及しつつある。タッチパネルにはさまざまな方式があるが、それぞれに長所と短所が存在する。本稿では、現在も広く利用されている抵抗膜方式と、注目度がますます高まっている静電容量方式の最新技術について解説するとともに、コントローラICベンダーの新たな取り組みなどを紹介する。(2011/3/1)

Android、第2四半期の米スマートフォン市場で首位に――米NPD調べ
NPDの調査では、複数メーカーが端末を販売しているAndroidが、BlackBerryを抜いて首位になった。(2010/8/5)

Apple、「他社端末も同じ」アンテナ検証ページを削除
iPhone 4のアンテナ問題への批判に対し、Appleが「他社端末も同様」と“検証”したページが削除されていたことが分かった。(2010/8/2)

「他社端末も電波強度弱まる」 Appleが“検証動画”公表
「ほとんどのスマートフォンで持ち方によっては電波の強度が弱まることがある」ことを検証したという結果をAppleが自社サイトで公開。(2010/7/20)

Windows Phone 7を待ち受ける強敵――「iPhone OS 4」と「Android 2.2」
Microsoftは年末に向けて新しいスマートフォンOS「Windows Phone 7」を投入するが、そのころには既に、iPhone OS 4.0やAndroid 2.2など強力なライバルが登場している。(2010/5/31)

Android 2.2でFlashを試す――ロードは遅いが画質は良し
Android 2.2の大きなポイントはFlash対応だ。同OSでFlash Player 10.1βをテストしてみたところ、バッテリーの消耗はなかったが、動画のロードに時間がかかった。(2010/5/26)

iPad対抗同盟?:
Google、Verizonと共同でAndroidタブレットを開発中
iPhoneの独占販売キャリアAT&Tの競合Verizonが、iPad対抗のタブレットPCをGoogleと共同で開発していることを明らかにした。(2010/5/13)

Google代理戦争:
Android端末メーカーのHTC、Appleを反訴
3月にAppleから特許侵害で訴えられたHTCがITCに逆提訴した。iPhone、iPad、iPodが同社の5件の特許を侵害しているとしている。(2010/5/13)

Verizon、Skypeの3Gネットワーク利用を可能に
「Skype mobile」をインストールしたBlackBerryやAndroid搭載スマートフォンで、3Gネットワーク経由の通話が可能になる。(2010/2/17)

Nexus Oneを使ってみた――軽快だが音声入力はいまいち
Googleのスマートフォン「Nexus One」は薄くて格好よく、動作は軽快でiPhone 3GSよりも一段速い。だが、音声入力や3G接続の問題など、直すべき欠点も見られた。(2010/1/18)

Google AndroidはWindows Mobileを駆逐するか
Androidがモバイル市場で急速に勢力を伸ばしており、iPhoneキラーになるかもしれないとも言われている。だがむしろ、Android台頭で打撃を受けるのはMicrosoftだろう。(2009/12/11)

DROIDの出足は順調――だが“Google Phone”の足音も
MotorolaのDROIDは発売1週間で25万台販売と順調だが、Google自身がオリジナルのAndroid携帯を準備中とのうわさが浮上している。(2009/11/20)

「8Gバイトで99ドル」の廉価版iPhone 3GS登場のうわさ
AppleとAT&Tが年末商戦向けに、8GバイトのiPhone 3GSを99ドルで発売するのではないかとのうわさが流れている。(2009/11/10)

妹分「DROID ERIS」も同時発売:
Android 2.0携帯「DROID」発売――深夜発売店には行列も
米Verizonが初のAndroid 2.0携帯「DROID」とHTC製Android 1.6携帯「DROID ERIS」を同時に発売した。(2009/11/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。