ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

「Digital Signature Algorithm(DSA)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Digital Signature Algorithm(DSA)」に関する情報が集まったページです。

OSS脆弱性ウォッチ(10):
IoT用途で増加?――LibSSHを「サーバとして」用いた場合にのみ発生する脆弱性
連載「OSS脆弱性ウォッチ」では、さまざまなオープンソースソフトウェアの脆弱性に関する情報を取り上げ、解説する。今回は、LibSSHを「サーバとして」用いた場合にのみ発生する脆弱性について。(2018/12/7)

WPA2に次ぐ新たなプロトコル
無線LANの新プロトコル「WPA3」への移行が必要な理由
新たに策定された無線LANのセキュリティプロトコル「WPA3」には、さまざまな強化点がある。本記事では、企業がWPA3に移行すべき理由を考える。(2018/11/8)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(58):
細か過ぎて伝わってないけど開発者が知っておきたいAndroid Mの新機能まとめ
Google I/O 2015で発表された次期版Android M。Google Now on tapで使うアシストAPIや、App Links、App Permissions、省電力のDoze/App Stanby、決済機能Android Payなどで使う指紋認証機能など新機能を分類して紹介。(2015/6/23)

導入事例:
企業情報サイト運営のディレクターズ、新暗号方式のSSLサーバ証明書でサーバ負荷を軽減
上場企業の情報サイトなどを運営するディレクターズは、新暗号方式に対応したベリサインのSSLサーバ証明書を導入。Webサーバでの負荷の軽減を確認したという。(2013/6/7)

RSA3072ビット相当の強度を実現:
PR:短い暗号鍵長「ECC」でパフォーマンスとセキュリティの両立図るベリサイン
SSLサーバ証明書において標準となっているRSAに加え、「ECC(Elliptic Curve Cryptography:楕円曲線暗号)」と「DSA(Digital Signature Algorithm:デジタル署名)」という2つの暗号アルゴリズムの提供を開始したベリサイン。その背景と狙いとは?(2013/3/21)

常時SSL時代に求められるサーバ証明書の「新標準」:
PR:選ばれ続ける理由――日本ベリサインが提供する安心、安全
SSLサーバ証明書を発行する「認証局」がらみの不正アクセス事件が多発する一方で、業界で長い経験と実績を有するベリサインは、高いサービス品質を保ち続けてきた。その背景には、確固たるポリシーと運用、物理面も含む厳密なセキュリティ対策がある。SSLサーバ証明書の対応アルゴリズム拡大やバンドルサービスの充実にも取り組むことで、業界をリードしている同社の取り組みを聞いた。(2013/3/11)

サーバ負荷軽減に効果:
ベリサイン、SSLサーバ証明書で楕円曲線暗号とDSAに対応
日本ベリサインは、SSLサーバ証明書発行サービス「マネージド PKI for SSL」の対応アルゴリズムを拡大し、RSAに加え「楕円曲線暗号(Elliptic CurveCryptography:ECC)」と「デジタル署名アルゴリズム(Digital Signature Algorithm:DSA)」に対応する。(2013/2/15)

SSLサーバ証明書に新たな暗号方式を導入へ、ベリサイン
日本ベリサインは、SSLサーバ証明書の暗号アルゴリズムにECC 256ビットとDSA 2048ビットをオプションとして追加する。ECC 256ビットでは既存のRSA 2048ビットよりもパフォーマンスが向上するという。(2013/2/14)

ユーザーがだまされる恐れ:
OpenSSLのアップデートが公開、署名チェックの脆弱性に対処
署名チェックの脆弱性を修正した「OpenSSL 0.9.8j」が公開された。(2009/1/9)

データの受け手にも配慮を:
暗号の2010年問題――「運用見直しが迫る」とRSA
米国立標準技術研究所は、2010年以降に一部の暗号技術の利用をやめるよう勧告している。企業などでは、強度の高い暗号への移行を迫られる可能性がある。(2008/11/21)

SourceForge.jpではじめるオープンソースプロジェクト:
第6回 ソースコードの管理をしよう(CVS編)
プロジェクトを立ち上げ、その初期タスクもすべて片付きました。では、実際の開発作業を始めるためのソース管理の設定を行いましょう。今回は、CVSの設定方法を説明します。(2007/7/13)

Beginner's Guide:
SSHのセキュリティを高めるためのハウツー
SSHといえどもデフォルトのままで使っているなら、そこには危険な落とし穴が存在する。本稿では、SSHのセキュリティを高めるのに役立つ簡単な方法を幾つか紹介する。(2007/4/5)

デファクトスタンダード暗号技術の大移行(6):
システムの利用期間に見合った暗号技術の選択へ向けて
(2006/9/27)

デファクトスタンダード暗号技術の大移行(4):
これだけは知っておきたいアルゴリズム 〜ハッシュ関数・公開鍵暗号・デジタル署名編
(2006/7/11)

「DSA(Digital Signature Algorithm)」とは
「DSA(Digital Signature Algorithm)」とは、DLP(Discrete Logarithm Problem:離散対数問題)の困難性をベースとしたElGamal方式を改良して、署名の長さを160bit×2に短縮し、秘密鍵の生成などを特定の方法で運用するデジタル署名アルゴリズムである。(2019/3/25)

「電子署名」とは、「デジタル署名」とは
「電子署名」とは、コンピュータ上での正当性を証明する手段である。(2019/3/18)

PKI基礎講座(4):
ECを加速する電子署名法
〜その目的と意味を考察する〜(2001/1/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。