ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「dynabook R542」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「dynabook R542」に関する情報が集まったページです。

CEATEC JAPAN 2012:
東芝、Windows 8搭載コンバーチブルUltrabookを公開
東芝がタッチ/ノートPCスタイルに可変する12.5型サイズのUltrabookの“日本仕様版”をCEATECで公開。Windows 8を搭載する2012年PC秋冬モデルとしてリリースされると思われる。(2012/10/2)

PC USER 週間ベスト10:
Ultrabookにも“Retina”の兆し(2012年7月30日〜8月5日)
先週のアクセスランキングでは、Ultrabookの注目機種、OS X Mountain Lionの便利機能、新旧MacBook Airの発熱テスト、Outlook.comなどの記事がトップ10に入りました。(2012/8/6)

なんと、1792×768ドットですと:
ギョッと驚く超〜横長ディスプレイ、使い勝手はどう?──新提案Ultrabook「dynabook R542」検証
Ultrabook初の「ウルトラワイド」な液晶ディスプレイ。1792×768ドットの解像度ってどうよ? 一見キワモノだが実は違う、「dynabook R542」の使い勝手をチェックする。(2012/8/3)

2012年PC夏モデル:
超横長、Ivy対応+新色などUltrabook拡充、新デザインREGZA PCも──東芝「dynabook」夏モデル第2弾
東芝がPC夏モデル第2弾を発表。“超横長”ディスプレイ採用モデル、新色+新CPUなどUltrabookのラインアップ拡充に加え、新デザインのREGZA PC、主力モバイルも性能が強化された。(2012/6/11)

2012年PC夏モデル:
“Ultraワイド”な新Ultrabook、21:9の超横長液晶を搭載──「dynabook R542」
東芝のUltrabook第2弾シリーズは“超横長”。「dynabook R542」は、シネスコサイズの映画コンテンツを画面いっぱいに表示できるアスペクト比21:9のディスプレイを採用した。14.4型サイズで重量は1.68キロ。(2012/6/11)

2012年PC夏モデル:
REGZA/AV連携強化、すべて第3世代Core i7搭載──東芝「dynabook」、夏の新モデル
東芝がPC夏商戦向け新モデルを発表。地デジ液晶一体型の「REGZA PC」、AVノート「Qosmio」、スタンダードノート「dynabook」の各シリーズを“Ivy Bridge”世代の新CPUに刷新した。5月25日より順次発売する。(第2弾追加)(2012/5/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。