ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「教育機関」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「教育機関」に関する情報が集まったページです。

「最新CPU搭載PCがすぐに欲しい」にどう応える?:
PR:教育機関や研究施設が求めるハイスペックPCを用意、オーダーメイドPCの最適解とは
現在、教育機関や研究施設において、AMD Ryzenを搭載するようなハイエンドPCの需要が高まっている。しかし、供給不足や納期の長期化、公費購入による事務手続きの煩雑さが購入者の課題となっている。解決策とは?(2021/2/26)

NEC、GIGAスクール向け学習用端末のラインアップを強化
NECは、教育機関を対象とした学習者用端末や教育支援サービスなどの製品群の拡充を発表、販売を開始する。(2021/2/25)

Googleが教育機関向けの「G Suite」を「Google Workspace」に改称 サービスを拡充
ビジネス向けに続き、Googleが教育向けのクラウドサービスを「G Suite」から「Google Workspace」に改称することになった。改称に合わせて新しいエディション(サービス体系)を4月から投入し、2022年1月(既存ユーザーは同年7月)からストレージポリシーの改定を行う。(2021/2/18)

学校を襲うランサムウェア攻撃【後編】
「ランサムウェア攻撃」で学校を狙う攻撃者は何を考えているのか?
新型コロナウイルス感染症対策でオンライン教育を整備する教育機関のシステムを狙い、ランサムウェア攻撃が勢いを強めている。攻撃者は何を狙いにしているのか。(2021/1/28)

教育を揺るがすランサムウェア【前編】
「学校を狙うランサムウェア」が猛威 攻撃の手口とは?
米国では教育機関を標的とするランサムウェア攻撃への警戒が広がっている。攻撃者はなぜ教育機関を狙い、どのような手口を用いているのか。(2021/1/27)

学校を襲うランサムウェア攻撃【中編】
学校を襲うランサムウェアはなぜ「Chromebook」よりも「Windows」を狙うのか
教育機関を狙ったランサムウェア攻撃の標的になりやすいのは、「Chromebook」や「iPad」よりも「Windows」デバイスだという。それはなぜなのか。(2021/1/21)

アイロボット、教育市場向けのプログラミングロボット「Root」 小学校向けの無償配布も
アイロボットジャパンは、プログラミングに対応した教育市場向けロボット「Root」を発売する。(2021/1/19)

学校を襲うランサムウェア攻撃【前編】
「ランサムウェア」攻撃で閉鎖した教育機関は、まず何をしたのか?
2020年11月に米国の公立学校区であるBPCSがランサムウェア攻撃を受け、システムがダウンした。連休直前に判明したこの被害を受け、BPCSは何をしたのか。(2021/1/13)

CES 2021:
Intelが教育市場向けのPentium SilverとCeleron N(Jasper Lake)を発表
1月11日(現地時間)、Intelは開発コード名「Jasper Lake」の教育市場向け新プロセッサ「Pentium Silver」「Celeron N」シリーズを発表した。発売は2021年第1四半期の予定だ。(2021/1/12)

ソフトバンクが「Dynabook Chromebook C1」を教育機関向けに発売
ソフトバンクは、Dynabook製11.6型Chromebook「Dynabook Chromebook C1」を3月から法人向けに発売する。(2020/12/24)

アスク、Quadro RTXを搭載した教育機関向けのディープラーニング推奨WSを販売を開始
アスクは、ディープラーニングに適した教育機関向けデスクトップワークステーションの販売を開始する。(2020/12/8)

アスク、「Quadro RTX 5000/RTX 8000」の教育機関向け受注を実施 2021年2月28日までの期間限定
アスクは、ハイエンドグラフィックスカード「Quadro RTX 5000」「同 RTX 8000」の教育機関向け取り扱いを期間限定で実施する。(2020/11/26)

ASUS、教育機関向けの2in1 Chromebook「C214MA」をリニューアル
ASUS JAPANは、タブレットスタイルでも使える2in1機構を備えた学校向けChromebook「ASUS Chromebook Flip C214MA」の新モデルを発表した。(2020/11/18)

コロナ禍で変わる教育現場のデータ活用【後編】
学校間の「データマネジメント」「データ分析」のレベルがコロナ禍で拡大?
オンライン教育の普及は、教育機関の間で「データマネジメント」や「データ分析」に関する取り組みの差を拡大させている。教育機関が直面する課題と、取り組むべき対策とは。(2020/11/18)

コロナ禍で変わる教育現場のデータ活用【前編】
オンライン教育が生む「データ」は学校をどう助け、どう苦しめるのか
新型コロナウイルス感染症の影響で、教育機関はオンライン教育を強いられることになり、データを扱う機会が広がった。これは教育機関にメリットと課題の双方をもたらすと専門家は指摘する。どういうことなのか。(2020/10/28)

Google Meetでの授業中にグループ討論を可能にする「ブレイクアウト セッション」
GoogleのWeb会議サービス「Google Meat」に、会議参加者を少人数のグループに分ける機能「ブレイクアウト セッション」が追加された。まずは教育機関向けエディション「Google Workspace Enterprise for Education」でロールアウト中だ。(2020/10/12)

爆破予告が急増 大学など教育機関に集中、コロナ禍のストレス原因か
AIを使ったSNS分析サービスなどを展開する「Spectee」(スペクティ、東京都千代田区)の調査の結果、コロナ禍で爆破予告が急増していることが分かった。2019年10月からの総件数は計176件で、緊急事態宣言解除後の6月以降増加傾向にある。(2020/10/7)

教育機関にできることとは
Zoom障害でオンライン授業に支障 「全部Zoomのせい」で本当によいのか?
「Zoom」のサービス障害が2020年8月に発生し、新学期を間近に控えた米国の教育機関はトラブルに見舞われた。オンライン授業を支えるWeb会議ツールのサービス障害が浮き彫りにしたものとは。(2020/9/29)

Apple、教育機関向けiPad延長保証「AppleCare+ for Schools」を販売開始
GIGAスクールに関係している人にとっては耳よりな情報。(2020/9/16)

オンライン教育をより良くするデータ分析【後編】
学校は新型コロナ終息後の教育に「データ分析」をどう生かすべきか?
教育機関は、新型コロナウイルス感染症の脅威が過去のものになったときに備えて、データ分析をどのように進めるべきなのか。データ分析を実践する教育機関の取り組みから探る。(2020/9/7)

BIMで建設業界に革命を!10兆円企業を目指す大和ハウス工業のメソッドに学ぶ(8):
【第8回】「産学一体となって日本のBIMを変えてゆこう!」
BIMの技術がどれだけ進歩しても、使うのは「人」である。社内教育も重要だが、BIMを学んだ学生に入社してもらえれば、強力な助っ人になるはず。ところが、日本では海外に比べ、BIMを教えている大学も、手軽にBIMを学べる教育機関も無いという現実から、BIMの学習機会を経験した学生は驚くほど少ない。しかし、徐々にBIMを研究テーマとして扱う大学も出始めており、アカデミックな場でのBIMの議論も進みつつある。大和ハウス工業では、こうした先進的な大学と“産学連携”で手を結び、BIMの可能性を高めるとともに、横のつながりを強めて「人財確保」にもつなげてゆくことを目指している。連載第8回の今回は、海外でのBIM教育などの状況を踏まえ、大和ハウス工業の建設デジタル推進部が、リクルート目的で行っている「BIMインターンシップ」や産学連携について紹介してゆく。(2020/8/28)

オンライン教育をより良くするデータ分析【中編】
学校がオンライン教育中の成績評価に「データ分析」を活用 評価方法は?
初等中等教育機関にとっても新型コロナウイルス感染症対策としてのオンライン教育が急務となる中、その成果をどう評価し、改善につなげるべきか。データ分析でこれらの課題解決に挑む米学区の取り組みを紹介する。(2020/8/26)

オンライン教育をより良くするデータ分析【前編】
学生数2万人の大学が「データ分析」でオンライン教育を評価 その中身とは?
新型コロナウイルス感染症の影響で教育機関はオンライン教育を実施せざるを得なくなった。オンライン教育を推進し、その成果を判断するためにマイアミ大学が目を付けたのがデータ分析だ。具体的に何をしたのか。(2020/8/17)

オンライン学習やWeb授業を「ニューノーマル」に 教育市場におけるインテルの取り組み
インテルが教育市場における取り組みを説明するセミナーを開催した。新型コロナウイルスの感染拡大により、遠隔授業に関する課題がさまざま明らかとなる中で、同社はどのようなことに力を入れているのだろうか。(2020/7/3)

コロナ禍で追い風:
インテル、教育現場のIT化に注力 PC供給、教員用研修で支援
“コロナ禍”で需要が高まるオンライン学習市場は、文部科学省の「GIGAスクール構想」の後押しもあり、活気づいている。インテルは教育市場における今後の取り組みについて記者会見を開いた。(2020/7/3)

DISが「おてがる遠隔授業パック」を提供開始 インテルがモニター校を募集
ダイワボウ情報システムが、インテルとの連携のもと教育機関における遠隔授業に必要な機材を一括導入できるパッケージの販売を開始する。それに伴い、インテルがこのパッケージのモニター校を募集する。(2020/7/1)

「オンライン授業」実践ガイド【第1回】
「オンライン授業」を難しくする3大課題とは? 新型コロナで脚光のIT活用法
新型コロナウイルス感染症の拡大が、ITを活用した「オンライン授業」の必要性を顕在化させた。だがオンライン授業にハードルを感じる教育機関や教員は少なくない。何が課題なのか。(2020/7/27)

製造ITニュース:
労働災害を“リアルに”追体験、安全教育市場に期待の危険誘発体感装置
VR専門企業として安全教育、研究支援、アミューズメント技術などのVRシステムの開発を進めてきたソリッドレイ研究所は2020年6月8日、VR技術を用いた危険誘発体感装置「セーフマスター」の新製品の販売を開始した。(2020/6/19)

ASUS、軽量設計の11.6型Chromebook「ASUS Chromebook C223NA」の一般向け販売を開始
ASUS JAPANは、法人および教育機関向けに販売を行っていた11.6型Chromebook「ASUS Chromebook C223NA」の一般向け販売を発表した。(2020/6/12)

東京都渋谷区が「Surface Go 2」LTEモデルを1万2500台導入 教育機関向けWi-Fiモデルは5万2580円(税込み)から
全ての児童・生徒にLTE通信機能付きWindowsタブレットを貸与している東京都渋谷区が、その後継端末として「Surface Go 2」のLTEモデルを導入する。その台数は、合計で1万2500台だという。【画像一部差し替え】(2020/5/13)

N高、noteでオンライン授業のノウハウを公開 “ネットの高校”経験生かす
N高等学校は、教育機関がオンラインで授業を行うための知識や経験といったノウハウをnoteで順次公開すると発表した。(2020/5/8)

「課題が出せない」「試験が受けられない」――学校向けSaaS「Classi」がつながりにくい状態に 生徒から不満の声相次ぐ
教育機関向けSaaS「Classi」の各種サービスでつながりにくい状態が発生している。ゴールデンウイーク明けでオンライン教育のみ再開する動きもある中で、「課題が提出できない」「試験が受けられない」など、利用する生徒からは不満の声が上がっている。(2020/5/7)

自宅待機時の教育やテレワークの支援
新型コロナウイルス対策中の学校を支える製品・サービスリンク集
政府は新型コロナウイルス感染の拡大防止のため、全国の小中高校に対して臨時休校措置を取るよう要請した。こうした中、さまざまなベンダーが教育機関の支援策を打ち出している。主要な支援策を紹介する。(2020/4/24)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(72):
Windowsの標準機能でできる、突然始まったリモートワークのためのリモートITサポート
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、企業や教育機関の要請に従いリモートワークやリモート教育に切り替えた人は多いと思います。中には、リモートワーク環境やモバイル環境が十分に整備されていない中、リモートワークを開始したところもあるでしょう。IT部門の担当者自身もまた、出社せずに、リモートワークでのヘルプデスク対応やトラブル対応が求められるかもしれません。事前に準備をしていなかったとしても、Windowsの標準機能である程度対応できます。(2020/4/21)

反復練習をコンセプトに:
プログラミングを「体で覚える」 LABOTが学習サービス「写経」を期間限定で無償提供
LABOTは、タイピングゲームのようにソースコードを入力することでプログラミングを学習するサービス「写経」を、新型コロナウイルス感染拡大の影響でオンライン学習を余儀なくされている教育機関や、自宅待機中の新社会人向けにライセンスを無償提供する。(2020/4/15)

KDDIとメイツが提携 家庭学習支援サービスを提供へ
KDDIとメイツは、4月13日に家庭学習支援サービス提供に向けたパートナーシップ構築を発表。学習塾や中学・高校などの教育機関を対象に2020年夏の提供を予定していたが、一部前倒しで開始する。(2020/4/13)

教育機関向けSaaS「Classi」に不正アクセス 約122万人のユーザーIDなど流出の恐れ
教育機関向けSaaS「Classi」に不正アクセスがあった。約122万人分のIDなどが閲覧できる状態になっていたという。現在は復旧済みで、今後は再発防止に努める方針。(2020/4/13)

Microsoft Focus:
利用者4400万人を突破 全世界でMicrosoft Teamsが進めるテレワーク支援の全容とは
全世界にCOVID-19が猛威をふるう中、テレワークにTeamsを活用する組織が急激に増えている。大企業や中小企業から教育機関まで、さまざまな組織のニーズを見据えたTeams活用へ、日本マイクロソフトが提供する支援とは。(2020/4/3)

小学生の息子でも使いこなせる! 教育機関向け2in1 PC「dynabook K50」を試す
Dynabookの「dynabook K50」は、主に教育機関での利用を想定した「GIGAスクール構想」に準拠したデタッチャブル2in1 PC。コンシューマー向けモデル「dynabook K1」も用意されているが、今回はK50の実力を筆者の息子(小学6年生)に使わせてみつつ検証してみた。【訂正】(2020/4/2)

AWSジャパン、政府や地方自治体のクラウド化に照準 公共領域でのパートナー連携を強化し“首位固め”
AWSジャパンが2020年のパートナー戦略を発表。今年は公共領域を担当するパートナー企業の拡大に注力するという。これにより、中央省庁、地方自治体、教育機関、医療機関などへの拡販を目指す。(2020/3/25)

PR:学生に最適な学習用PCを! TSUKUMO×MSIがUnityを全力でバックアップする理由
さまざまな企業だけでなく、教育機関にも広く浸透している統合開発環境のUnityだが、快適に利用するにはPCが欠かせない。この日本で数々の推奨PCを手がけてきたProject White(以下、TSUKUMO)が、長年Unityと手を携えてきたその歩みと、教育機関にかける熱い思いを聞いた。(2020/3/24)

Google、ChromebookとG Suite for Educationを中核に据えた「Google GIGA School Package」を発表
Googleは、「GIGAスクール構想」に対応した教育機関向けソリューション「Google GIGA School Package」の発表を行った。(2020/3/18)

日本マイクロソフト、GIGAスクール構想に対応した教育機関向けライセンス「Microsoft 365 Education GIGA Promo」を4月初旬から提供
日本マイクロソフトは、Windows 10とOffice 365を教育機関向けに提供する日本独自ライセンス「Microsoft 365 Education GIGA Promo」を発表した。(2020/3/5)

ブイキューブ、Web会議システムを無料提供 教育など非営利団体向けに 5月末まで
国内大手のブイキューブが教育機関や非営利団体向けにWeb会議サービス「V-CUBE ミーティング」の無料提供を始めた。(2020/3/2)

Microsoft Focus:
プログラミング必修化で日本PC市場にバブルが来るか ついに始まった「GIGAスクール構想」
義務教育機関におけるICT教育の計画として「GIGAスクール構想」がスタートした。2023年までに小中学校の児童生徒が1人1台端末を持ち、高速大容量の通信を利用できる環境構築を目指す。これはPCでベンダーにとって大きなバブルとなるのか。(2020/3/10)

スペックは「議論して決定」:
1人1台のPCで教育のICT化を推進――日本マイクロソフトが「GIGAスクールパッケージ」を提供開始
日本マイクロソフトが、文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」に準拠するPCやソリューションを一括提供するパッケージを発表。教育機関向けに販売を開始した。(2020/2/4)

三谷商事、教育機関での“1人1台端末”に対応する「Chromebookオールインワンパッケージ」 1台5万円程度を想定
三谷商事は、文部科学省の「GIGAスクール構想」への対応を想定したChromebookセットパッケージを発表した。(2020/2/3)

メカ設計ニュース:
法人、教育機関向けにデスクトップ型レーザーカッターの取り扱いを開始
SB C&Sは、法人、教育機関向けにMakeblock製のデスクトップ型スマートレーザーカッター「Laserbox」の取り扱いを開始した。ボタンを押すだけで切断や彫刻ができ、専用ソフトと複数の安全機能が搭載されているため、誰もが安心して使用できる。(2020/2/3)

エイサー、「GIGAスクール構想」仕様に準拠した学校導入向け11.6型2in1ノートPC
日本エイサーは、学習者用端末用の標準仕様に準拠した教育市場向け11.6型2in1ノートPC「TMB311R-31-A14P」を発表した。(2020/1/28)

マウス、文教向け2in1ノート「MousePro-P116B-EDU」の教育機関向けモニターを募集 計50台
マウスコンピューターは、小中高教育機関に向けた文教向け2in1ノートPCのモニター募集を告知した。(2019/11/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。