ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「組み込み開発の混沌から抜け出そう」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

組み込み開発の混沌から抜け出そう(3):
ある日、社長は“プロセス改善”と叫んだ
組み込み開発の現場では、製品の高度化に伴ってコーディング量の増大や納期短縮といった厳しい現実にさらされている。ソフトウェア開発に新しい手法を導入しなければ、今後の組み込み開発は行き詰まってしまうだろう。連載第3回では、開発プロセスの改善を試みた人たちの苦闘ぶりを紹介する。(2005/11/30)

組み込み開発の混沌から抜け出そう(2):
分業化の悪夢、俺たちは下請けじゃない!
組み込み開発の現場では、製品の高度化に伴ってコーディング量の増大や納期短縮といった厳しい現実にさらされている。ソフトウェア開発に新しい手法を導入しなければ、今後の組み込み開発は行き詰まってしまうだろう。連載第2回では、メカ、エレキの後工程に位置するソフトウェア開発の構造的な問題を掘り起こしてみる。(2005/10/28)

組み込み開発の混沌から抜け出そう(1):
職人芸、あるいはブラックボックスの悲劇
組み込み開発の現場では、製品の高度化に伴ってコーディング量の増大や納期短縮といった厳しい現実にさらされている。ソフトウェア開発に新しい手法を導入しなければ、今後の組み込み開発は行き詰まってしまうだろう。本連載では、組み込み開発の従来手法で何が問題なのかを洗い出し、次なる一歩を踏み出す前提条件を明らかにする。(2005/9/28)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。