ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

組み込みギョーカイの常識・非常識(10):
再び、どんな組み込みエンジニアになりたいですか?
マニュアルを読み、自力で調べ、自身の言葉で説明できるようになること。それが一流の組み込みエンジニアになる道だ(2007/5/28)

組み込みギョーカイの常識・非常識(9):
組み込みソフトに要求されるものとは
MPUやメモリの性能、動作時間、コストなどで条件が制限される中、要求される性能を実現するのが組み込みのプロだ(2007/4/26)

組み込みギョーカイの常識・非常識(8):
組み込みソフトウェアって何?
OSやミドルウェアを使わない組み込みシステムでは、当然その代わりになるソフトウェアを自分で開発する必要がある(2007/3/26)

組み込みギョーカイの常識・非常識(7):
モータ制御などに使われるパルス信号って何?
ステッピングモータやサーボモータなどの制御に使われるPWM方式とPAM方式、デューティー比といった基本を解説する(2007/2/23)

組み込みギョーカイの常識・非常識(6):
デジタル信号、アナログ信号って何?
アナログ信号とデジタル信号を相互に変換するコンバータは、どんな処理をしているのか。グラフを使って具体的に解説してみよう(2007/1/26)

組み込みギョーカイの常識・非常識(5):
CPU・MPUはどうやって動く? 〜 RAMとクロック
「クロックがないと何も動かない」の意味は、メモリの読み込み動作を理解すれば納得がいく。メモリはクロックに同期しているのだ(2006/12/23)

組み込みギョーカイの常識・非常識(4):
CPU・MPUはどうやって動く? 〜 発振器のナゾ
発振器とは、MPUを動作させるための同期信号(クロック)を発生させる回路。具体的にどんな役割を担っているのか解説しよう(2006/11/28)

組み込みギョーカイの常識・非常識(3):
CPU・MPUはどうやって動く?
CPU(MPU)の基礎知識をおさらいする。重要なのは「どこから命令を持ってくるか」と「どこに実行結果を書き込むか」の2点だ(2006/10/27)

組み込みギョーカイの常識・非常識(2):
組み込みシステムって何?
あいまいな使われ方をする「組み込み」という言葉。何をもって組み込みシステムとするか、まずは言葉の定義を共有しておこう(2006/10/6)

組み込みギョーカイの常識・非常識(1):
どんな組み込みエンジニアになりたいですか?
日本の製造業で、組み込みエンジニアの能力低下が問題視されている。若手エンジニアに継承すべき“真の能力”とは何だろうか?(2006/9/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。