ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「環境配慮」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「環境配慮」に関する情報が集まったページです。

イオンリテール、環境配慮の国際認証商品を拡大 魚介類、半分以上切り替え
2020年までに、販売するすしの半分以上について、環境に配慮した方法で調達されたことを示す国際認証を取得した原料にするという。(2019/6/24)

建築・建材展2019:
建装材での可能性も見込める、“板材”へ直接プリント可能な「HP Latex R2000 Plusプリンタ」
日本HPは「建築・建材展2019(第25回)」に出展し、HP Latexインク搭載機で初の板素材への印刷を可能にした「HP Latex R2000 Plusプリンタ」をPRした。環境に配慮された水性のLatexインクによるインクジェット印刷で、テーブルトップ、壁面装飾、インテリアなど、内装デザインの可能性を広げることが見込まれる。(2019/3/6)

コンクリート技術:
産廃の“戻りコン”を再生する環境コンクリ、「藤沢公民館建設」に6000m3適用され藤沢市内の廃棄量600tも削減!
鹿島建設、三和石産、東海大学が共同で開発した環境配慮型コンクリート「エコクリートR3」が、神奈川県・藤沢市で建設が進む複合施設建設工事の建物躯体に6000m3適用された。産廃となるしかない施工で使用できない生コンを再利用するため、藤沢市内で発生する生コンの廃棄量を約600t削減することにつながるという。(2019/1/21)

新建材:
“環境配慮”と“施工性”に優れる放射線遮蔽ボード「RadBoard-X」を開発
竹中工務店は、吉野石膏と共同で、主成分の石こうに天然鉱物を添加した放射線遮蔽(しゃへい)ボード「RadBoard-X」を開発した。RadBoard-Xは、天然素材「重晶石」を用いているため、環境へ配慮しているうえ、不燃認定も取得済みで、病院などをはじめ、各種法令に対応した幅広い内装材として用途が見込まれる。(2019/1/7)

医療技術ニュース:
藻類のデンプン合成の仕組みを解明、環境に優しいプラスチックや医薬品へ
東京工業大学は、藻類がデンプン合成を調整する新たな仕組みとして、GLG1タンパク質のアミノ酸がリン酸化修飾を受け、リン酸化状態がデンプン合成のON/OFFを決定していることを解明した。(2018/11/22)

「草生える」「わびさびを感じる」 全身が芝で覆われた珍カスタム「モトコンポ」がもこもこかわいいと話題に
環境に優しいのか、厳しいのか。(2018/11/19)

需要伸長を見込み:
エリーパワー、滋賀・竜王にリチウムイオン電池生産工場の建設用地を取得
エリーパワーは、滋賀竜王工業団地(滋賀県蒲生郡竜王町)に新工場建設用地を取得したことを発表した。災害に強く、環境に配慮した全自動のリチウムイオン電池生産工場を建設する計画。2019年中に着工、2021年中の稼働開始を予定する。(2018/7/17)

スマートシティ:
横浜にスマートシティがオープン、街と地域が一体でSDGsを目指す
パナソニックなどが建設を進めていたスマートシティプロジェクト「Tsunashima サスティナブル・スマートタウン」がまちびらきを迎えた。環境に優しいスマートシティを中心に、周辺地域や企業・大学・自治体が一体となってイノベーション共創に取り組む。(2018/3/28)

環境に優しい「ツチニカエルでんち」、NTTが作製 いたる場所にセンサーが使われるIoT時代に向けて
肥料や生物由来の成分から構成された、土壌や生物へ悪影響を与えない電池。(2018/2/21)

スマートドライビング向け:
より安全、よりコネクテッド、より環境に優しい
STマイクロエレクトロニクスは、「オートモーティブ ワールド 2018」で、「より安全」「よりコネクテッド」「より環境に優しい」自動車を実現するための半導体ソリューションを紹介した。(2018/1/19)

アース製薬、「殺虫剤」の呼び方を「虫ケア用品」に変更 人体や環境にやさしいイメージに
アース製薬広報に聞きました。(2017/11/29)

工場ニュース:
高性能炭素繊維の創出に向けて開発設備を導入
東レは、愛媛工場の敷地内に新たに炭素繊維開発設備を導入すると発表した。同設備により、環境配慮型製品向けの高性能炭素繊維を開発し、航空機をはじめ自動車、エネルギー関連産業にも用途を広げ、高付加価値製品として展開していく。(2017/8/28)

基礎から学ぶ「グリーンビルディング認証」(4):
人と環境に優しい低VOC材、日本でLEED・WELLのクレジット取得率が低い理由
建築物の環境性能を評価する認証制度には、さまざまな種類がある。その1つであり、国際的な認証制度として普及が進んでいるのが「LEED認証」だ。本連載では一般社団法人グリーン ビルディング ジャパンのメンバーが、こうしたLEEDをはじめとする「グリーンビルディング認証」の概要や、取得のための仕組みを解説する。第4回で最終回となる本稿では、LEEDおよびWELL認証における低VOC放散評価とGREENGUARD認証について解説する。(2017/5/22)

電気自動車:
ホンダと日本郵便が電動二輪で配達、郵便局に充電ステーションも整備
日本郵便とホンダは、郵便配達での電動二輪車の活用に向けた協業の検討を開始する。地球環境に配慮した郵便配達業務を行うため、現行の二輪車に代わる電動車両の導入や、郵便局での充電の実証実験に取り組む。効率的な車両運行に向けてテレマティクスサービスの活用も進める。(2017/3/24)

IoTで節電も:
ローソン、最新の省エネ店舗をオープン 電力使用6割削減
ローソンは、最新の環境配慮モデル店舗を東京都小平市にオープン。IoT(モノのインターネット)による節電制御システムや空調効率を向上させる設備などを導入。電力使用量を約60%削減する。(2017/2/17)

水曜インタビュー劇場(新素材公演):
「石灰石」がこの世を変えるかもしれない、これだけの理由
「LIMEX(ライメックス)」という新素材をご存じだろうか。石灰石を原料にして紙やプラスチックをつくることができるわけだが、どのようなメリットがあるのか。商品を開発したTBMの担当者に聞いたところ、環境に優しいだけではなく……。(2016/11/16)

自然エネルギー:
キノコから竹までエネルギー源に、バイオマス産業都市に全国16市町村
政府が選定するバイオマス産業都市に新たに16市町村が加わった。地域のバイオマス資源を生かして産業の創出と環境にやさしい街づくりを目指すプロジェクトだ。北海道から4つの町と村が選ばれたのをはじめ、各市町村が政府の支援を受けながらバイオマス発電や燃料化に取り組んでいく。(2016/10/11)

自然エネルギー:
暑い夏に「霧」はどれほど効果があるのか、東京都の新橋駅で実証開始
パナソニックと東京都港区は、気化熱を用いて、オープンスペースの暑さをやわらげ、環境に優しい「グリーンエアコン」の実証実験を、東京都港区の新橋駅前で実施する。(2016/8/8)

自然エネルギー:
木質バイオマスへの切り替えで8000トンのCO2を削減、環境配慮型建材工場へ
大手建材メーカーの大建工業は、岡山工場において環境負荷低減に向け木質バイオマスボイラーを増設し、このほど稼働を開始した。LNGボイラーからの切り替えにより温室効果ガスの排出量を年間8000トン削減するという。(2016/8/5)

三星ダイヤモンド工業 Mera-AQUA:
環境に優しい過熱蒸気処理装置、樹脂成形用金型の洗浄などに活用
三星ダイヤモンド工業は、過熱蒸気技術を活用した環境ビジネス事業への参入を発表。トクデン製「UPSS」を搭載した過熱蒸気処理装置の開発、製造、販売を行う。(2016/8/3)

三菱電機:
屋根には太陽電池パネル、発電容量1.8MWを確保する環境配慮型倉庫
三菱電機は、和歌山県和歌山市にある冷熱システム製作所の外部倉庫を統合・集約し、新たに環境配慮型倉庫「岩出物流センター」を建設、稼働を開始した。(2016/7/7)

太陽光:
和歌山県内で最大規模のエコ倉庫、1.8MWのメガソーラーを採用
三菱電機は、和歌山県和歌山市の冷熱システム製作所における外部倉庫を統合・集約し、新たに環境配慮型倉庫「岩出物流センター」を建設。2016年6月15日に稼働を開始した。(2016/6/16)

正極側に電解液兼ねる液体の活物質を適用:
レアメタル不要の共融系二次電池を開発
産業技術総合研究所(産総研)と三菱自動車工業は2016年6月9日、レアメタルを使わず、安価で環境に優しい二次電池を開発したと発表した。(2016/6/9)

蓄電・発電機器:
災害時に役立つ太陽光と蓄電池装備の駐車場、さいたま市で開設
三井不動産リアルティは、環境配慮・非常時対応型駐車場の整備・拡大に向けてさいたま市と協定を締結し、レジリエンス対応型駐車場を開設した。(2016/3/23)

スマートシティ:
ソーラーの電気で照明、“コケ”で空気清浄化を行う駐車場が登場
三井不動産リアルティは、環境配慮・非常時対応・地域貢献型駐車場のモデル事業地として「三井のリパーク」栄2丁目駐車場(名古屋市中区)をこのほど開設した。(2016/3/4)

太陽光:
ビルの外壁で太陽光発電、光害問題を解決して2017年度商品化へ
NEDOはカネカとの共同研究「太陽光発電多用途化実証プロジェクト」で、壁面設置型の低反射環境配慮型太陽光発電システムを開発し実証試験を開始した。壁面設置型の大きな課題である光害対策のための防眩機能を有し、また多彩な色をつけることで意匠性を高め、るなど壁面設置に最適なシステムを構築。ZEBの実現を補助するシステムとして2017年の商品化を目指す。(2016/2/29)

環境に優しいカプセルトイ「ミニペダルゴミ箱」
(2016/2/24)

環境配慮型の新冷媒を採用したエアコン、三菱重工業から
「ビーバーエアコン」の新製品3シリーズが登場。全機種に環境負荷を抑えた新しい冷媒「R32」を採用した。R32は、地球温暖化係数が従来の「R410A」に比べて約3分の1になるという。(2016/1/28)

蓄電・発電機器:
ハイブリッドソーラーシステムで市内観光を便利に、岡山市が駐車場に工夫
岡山市が実施した貯金事務センター跡地活用事業者公募で選定された三井不動産リアルティ中国は、同跡地に回遊性向上・環境配慮・非常時対応を追求した駐車場「三井のリパーク 岡山市役所前」をこのほど開設した。(2016/1/6)

エネルギー列島2015年版(22)静岡:
富士山と共存できる発電所を増やす、風力や地熱で観光と環境教育
静岡県の再生可能エネルギーは世界文化遺産の富士山と共存することが重要だ。景観を損ねる発電設備の建設を排除する自治体も出てきた。その一方では環境にやさしいエネルギーとして風力や地熱を観光や教育に利用する町がある。太陽光や水力を含めて豊富な資源の活用法を模索する試みは続く。(2015/9/15)

完全養殖の本マグロ、イオンが2000店舗で販売 環境配慮PBで
イオンは、完全養殖によるクロマグロの刺身「トップバリュ グリーンアイ 奄美うまれ生本まぐろ」を全国2000店舗で販売する。(2015/6/5)

エネルギー管理:
日本のデータセンター半分が集積する東京都、省エネ強化へ助成金
省エネ化などの環境に配慮したデータセンターの普及に向け、東京都が日本データセンター協会と共同で新たな認定制度を設立する。さらに主に中小企業を対象とする「クラウド化による省エネ支援助成事業」も開始し、利用者が省エネ性能の高いデータセンターを利用できる仕組みの構築を目指す。(2015/5/13)

自然エネルギー:
ヒツジとヤギの除草効果、太陽光発電に生かす
鳥取県の米子市で運転中のメガソーラーの一角で、ヒツジとヤギによる除草試験が始まる。発電設備に隣接する900平方メートルの草地を、7カ月間にわたって合計4頭で除草する試みだ。草刈り機や除草剤を使わない環境に優しい方法を現地の維持管理に生かしながら地域住民との交流も図る。(2015/4/17)

スマートシティ:
横浜に新たなスマートシティ、住宅から企業の開発拠点までエネルギーを有効活用
パナソニックが野村不動産などと共同で、次世代都市型スマートシティの開発に着手する。横浜市港北区綱島東に位置するパナソニックの事業所跡地を活用するもので、環境配慮型のタウンマネジメント施設の他、集合住宅や技術開発施設も併設する。再生可能エネルギーの導入や、災害時にも利用可能なエネルギーシステムの整備を目指す。(2015/4/2)

自然エネルギー:
風力発電の「戦略的適地」が国内4カ所に、最大500MW級を洋上に展開
地域主導による風力発電を推進するため、環境省は2015年度から「戦略的適地」の開発支援に乗り出す。岩手・鳥取・福岡・長崎の4県で構想中のプロジェクトを対象に、環境に配慮した風力発電事業のモデルを構築する。福岡県と長崎県では洋上に100基を超える大型風車を展開する計画だ。(2015/3/19)

安全で環境に優しい次世代自動車を――富士通といすゞが共同研究で合意
富士通といすゞが、次世代自動車システムの共同研究について合意。エネルギーシフトへの対応、運行安全性の向上、ドライバー負荷低減に関する研究を共同で行う。(2015/3/10)

車載情報機器:
ICTの融合で次世代商用車を生み出す、富士通といすゞが共同研究
富士通といすゞ自動車(以下、いすゞ)は、いすゞの主力事業である商用車の安全/快適/環境の分野における将来技術の共同研究を行うことで合意した。富士通の最先端のICTと、いすゞの商用車に関する知見を活用/融合して、安全かつ環境に優しい次世代の自動車システムの開発を目指す。(2015/3/9)

製造マネジメントニュース:
取引工場の労働環境に配慮する時代へ! ユニクロが改善計画を発表
ファーストリテイリングは、ユニクロの製品生産に携わる2つの中国関係工場の労働環境について、改善に向けた行動計画を発表した。香港を拠点とするNGO団体が1月11日に公表した報告書を受けてのもの。(2015/1/16)

世界を「数字」で回してみよう(10) 環境問題:
“引きこもり”は環境に優しい?――CO2を数字で見てみる
地球温暖化をもたらす温室効果ガスの中で、最も“敵視”されているものが二酸化炭素(CO2)です。今回、CO2を数字で見てみたところ、意外な“モノ”がCO2を大量に排出していることが分かりました。(2014/12/9)

「ソフトバンク鳥取米子ソーラーパーク」でヤギによる除草試験を実施
環境に配慮して除草にヤギを。(2014/10/10)

人間の介在なく製造業の問題を解決
もう人は要らない――決して無視できない「IoT」のインパクト
IoTは製造業にさまざまな影響を与えている。これらの影響は環境にやさしい持続的なビジネス慣行につながる可能性がある。(2014/9/16)

自然エネルギー:
患者と環境に優しい医療施設、地中熱による空調やコージェネで負荷軽減
建物からのCO2排出量をゼロにする取り組みを続ける大和ハウス工業が医療施設を対象にした新商品を発売した。地中熱を利用した風を出さない空調システムなど、患者と環境に優しいエネルギーの利用法を提案している。ガスコージェネレーションを設置して災害時にも電力と熱を供給する。(2014/8/13)

世界初・バイオマス樹脂製リコーダー、ヤマハが発売
環境に優しいバイオマス由来樹脂を利用したソプラノリコーダーを、ヤマハが10月に発売する。(2014/7/15)

電子書籍リーダーは環境に優しいか
実際問題として、電子書籍リーダーは紙書籍よりも環境に優しいのだろうか。(2014/4/21)

電力供給サービス:
環境に優しい電力会社はどこだ、1位は中部、2位は東京
火力発電の依存度が高まる中、電力会社や新電力のあいだでCO2排出率に大きな差が出ている。環境省が公表した2012年度の実績によると、電力会社10社のうちCO2排出率が最も低かったのは中部電力、2番目は東京電力だった。新電力は総じて電力会社よりもCO2排出率が低めである。(2013/12/26)

エネルギー管理:
ローソンが「雪と太陽のコンビニ」、欲しい答は電気代半額
環境配慮店を毎年新設し、実際の省エネ効果が高かった設備を既存店舗に展開する。ローソンの手法だ。秋田県に新設する店舗では氷雪熱と太陽熱の利用を開始、効果を確認する。(2013/10/31)

スマートハウス:
京都銀行の支店がスマートハウスに変身、技術の使い方に優れる
京都銀行は環境配慮型店舗の取り組みの集大成として、二酸化炭素(CO2)排出量ゼロを目指した店舗を長岡京市に建設する。壁面設置の太陽光発電システムや太陽光による電気自動車の充電などの最新技術はもちろん、自然光や自然風の導入まで、使える手段を総動員した形だ。(2013/10/3)

スマートファクトリ:
環境配慮を目的に自社工場をスマート化、大和ハウス工業が茨城県の工場に25億円を投資
大和ハウス工業は顧客のオフィスや店舗、工場の環境負荷をゼロにする「Smart-Eco Project」を2011年から販売している。2013年8月には自社工場への2つ目の適用例となる竜ヶ崎工場の建て替えを発表、省エネ効果などをうたう。(2013/8/1)

環境に優しい“Beats”、「Ekocycle Studio」登場
ペットボトル3本分のリサイクル材料を使ったヘッドフォンが「Beats By Dr. Dre」から登場した。(2013/7/12)

ウイークエンドQuiz:
電気自動車はガソリン車より石油消費量が多いのか?
電気を使って走る電気自動車。走行時の排気ガスはゼロで環境に優しい。しかし、その電力を作っているのは主に火力発電だ。これでは結局、発電所に負担をたらい回しにしているだけなのではないだろうか。今回のクイズは電気自動車とガソリン車の石油消費量はどちらが多いのかだ。(2013/7/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。