ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「酵素」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「酵素」に関する情報が集まったページです。

製造マネジメントニュース:
希少アミノ酸の量産技術確立に向け長瀬産業と日立が協業、化粧品や健康食品向けで
長瀬産業と日立製作所、日立プラントサービスは2022年4月19日、バイオテクノロジーとデジタル技術を組み合わせたスマートセルの生産能力を高めるプロセスの確立に向けて共同開発を実施すると発表した。2022年度(2023年3月期)中に化粧品向け、2023年度(2024年3月期)中に健康食品向けの量産成功を目指す。(2022/4/20)

医療技術ニュース:
白いワラビーが生まれる原因を遺伝子的に解明
京都大学は、体色が白いワラビーが生まれる遺伝的原因を解明した。メラニン色素の合成に関与するチロシナーゼ遺伝子の配列に、無関係な転移因子が挿入していることを明らかにした。(2022/2/7)

医療技術ニュース:
効果が長期間持続する、筋ジストロフィーのゲノム編集治療に成功
京都大学iPS細胞研究所は、ゲノム編集治療に利用できる脂質ナノ粒子輸送システムを開発し、筋ジストロフィーモデルマウスのゲノム編集に成功した。効果が長期間持続し、かつ繰り返し投与できるため、骨格筋疾患の新しい治療法として期待できる。(2021/12/23)

Innovative Tech:
指に貼れるバンドエイド型発電機 タイピングや睡眠時に電気を生成
米カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームは、汗をかいたり押したりしたときに少量の電気を生み出す、薄くて柔軟なバンドエイド型デバイスを開発。指の腹に装着し、軽く押すだけで発電するため、タイピングなどの動作で発電できる。(2021/11/26)

医療技術ニュース:
高齢、肥満、糖尿病が新型コロナの重症化リスクである理由
大阪大学は、新型コロナウイルス感染症において、高齢、肥満、糖尿病が重症化のリスク因子となるメカニズムとして、脂肪組織とシャペロンタンパク質GRP78の関与を発表した。(2021/11/17)

水沢アリー、“ハリウッドスター”のレオナルド・ディカプリオ邸で起きた珍事件を告白 「とんでもない事が起きた」
ビッグネームすぎる。(2021/11/16)

ナチュラル&オーガニックコスメの「Cosme Kitchen」の福袋 店頭のベストセラーアイテムが約半額のお得なキット
「ちょっといい美容」にチャレンジしてみたいあなたに。(2021/11/11)

川口春奈、動画で公開した“洗髪ルーティン”が予想の斜め上 「全部の動きが豪快」「内なるおっさんが遠慮していない」
洗髪の勢いがすごい。(2021/11/8)

医療技術ニュース:
アトピー性皮膚炎の尿中バイオマーカーとなり得る、脂質代謝産物を発見
東京大学は、アトピー性皮膚炎のモデルマウスやアトピー性皮膚炎患者の尿中に、脂質の代謝産物が多く排せつされていることを確認した。採血を必要としないバイオマーカーの開発につながることが期待される。(2021/10/20)

「過去イチ痩せた」「顔が全然違う」 エハラマサヒロ、ビジュアル激変で話題のファスティングの経過をYouTubeで公開
1週間で−6.3キロの減量に成功。(2021/10/6)

あらゆる病気の治療薬をAIで発見? 九大などが査読前論文を発表 「タンパク質の立体構造を使わず高速に探せる」
九州大学などの研究チームは、疾病の原因であるタンパク質のアミノ酸配列から治療薬を見つけ出すAI「LIGHTHOUSE」を開発したと発表。実験では、新たな抗がん剤や抗菌薬を見つけられたという。(2021/9/27)

医療技術ニュース:
死滅した上気道常在菌や培養の口腔菌が経鼻ワクチンの効果を高める
東京大学は、上気道常在菌を死滅させると、その死滅した常在菌が免疫応答を増加させ、経鼻ワクチンの効果が上がることを明らかにした。また、培養した口腔菌をワクチンに混ぜて経鼻投与した場合、経鼻ワクチンの効果が上がることが分かった。(2021/9/7)

PFN、AI創薬技術を開発 コロナ治療薬の「リード化合物」発見
PFNがAI創薬プラットフォームを開発。京都薬科大学との共同研究で新型コロナ治療薬の「リード化合物」の有望株を発見した。(2021/9/6)

医療機器ニュース:
自動測定装置用の新型コロナウイルス中和抗体測定キットを開発
慶應義塾大学と医学生物学研究所は、新型コロナウイルスに対する中和抗体を自動測定装置で測定するキットを開発した。1時間あたり最大で270検体の処理能力があり、血清のサンプリングから19分以内で結果を得られる。(2021/8/27)

医療技術ニュース:
肝臓チップの創薬応用へ、PDMSデバイスの有用性を検討
京都大学iPS細胞研究所は、PDMS製マイクロ流体デバイスに対する薬物収着が薬物の分配係数と相関すること、同デバイスで培養した肝細胞が従来法で培養したヒト肝細胞と同程度の機能を有することを明らかにした。(2021/8/12)

「6年解けなかった構造があっさり」──タンパク質の“形”を予測する「AlphaFold2」の衝撃 GitHubで公開、誰でも利用可能に
米Alphabet傘下の英DeepMindが、遺伝子配列情報からタンパク質の立体構造を解析するAI「AlphaFold2」をGitHub上で無償公開し、ネット上で注目を集めている。(2021/7/20)

DNAに“設計図”以外の新機能を発見 酵素活性を強める効果
東京農工大学大学院は、DNAに「生命の設計図」以外の機能として、酵素活性を強める効果を見つけたと発表した。DNAが、未知の生命現象の制御因子として働いている可能性を初めて示せたとしている。(2021/6/9)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
DXの実現に重要なのは、ビジョンを描き、経営戦略を創り、競争ではなく共創すること
現在、デジタル技術を活用した技術革新により、イノベーションを起こす力を持った経営トップが求められている。そのためには、技術力と経営ビジョンに基づいてDXを実践できる人材の育成が不可欠になる。(2021/5/25)

医療機器ニュース:
変異の有無を識別する新型コロナウイルス向けPCR検査試薬を発売
島津製作所は、N501Y変異を持つ新型コロナウイルスを検出するPCR検査試薬「新型コロナウイルス変異検出コアキット」と「N501Yプライマー/プローブセット」を発売した。今後、他の変異株についても対応していく予定だ。(2021/5/13)

医療技術ニュース:
5分以内にウイルスRNAを1分子レベルで検出する技術を開発
理化学研究所は、新型コロナウイルス由来のウイルスRNAを1分子レベルで識別し、5分以内に検出する検出法「SATORI法」を開発した。(2021/5/10)

家電メーカー進化論:
スピード経営で知られるアイリスオーヤマ、問題発生のたびに躍進できたワケ
アイリスオーヤマは、コロナ禍でもマスク生産拠点をいち早く国内に構えるなど、スピード経営を実践し続ける企業の1つ。アイリスオーヤマ 代表取締役社長 大山晃弘氏に、時代の流れに素早く対応するスピード経営の秘訣と、時勢を見極める製品展開、今後の事業構想について話を聞いた。(2021/4/22)

中尾明慶「健康診断で良くない結果が出ました」 突然の告白に心配の声「身体大切にして」
コメント欄が知恵袋みたいに。(2021/4/21)

バーチャルTECHNO-FRONTIER:
豊田喜一郎氏の言葉が息づく豊田中央研究所、目指す「2つのE」とは
オンライン展示会「バーチャルTECHNO-FRONTIER2021冬」(2021年2月2〜12日)のオンライン基調講演に豊田中央研究所 代表取締役所長の菊池昇氏が登壇。「発明とイノベーションのジレンマ〜日本の研究に足りぬ2つのE」をテーマに、同研究所の役割と、日本の研究者の課題などを紹介した。本稿ではその内容を紹介する。(2021/3/30)

【身の回りの数字】知って得する アメリカ軍のレーション、1食分の平均は何キロカロリー?
そこまでおいしくはないとか。(2021/3/30)

【身の回りの数字】浜崎あゆみのシングルで一番売れた曲は?
どれもめちゃくちゃ売れてます。(2021/3/29)

医療技術ニュース:
アルツハイマー病の病因物質を生み出す酵素の多様性を発見
慶應義塾大学は、アルツハイマー病の原因と考えられているアミロイドβを産生するγ-セクレターゼ複合体が、触媒サブユニットの種類と局在部位における多様性を持つことを、ヒト神経細胞モデルを用いて明らかにした。(2021/3/15)

【身の回りの数字】すき家、カロリーが高いのは?→「チーズ牛丼」「キムチ牛丼」「オム牛丼」
どれもおいしい。(2021/3/7)

【身の回りの数字】“2001年”じゃないのはどれ?→「天体観測」「ゲームボーイアドバンス」「遊戯王デュエルモンスターズ」
20年前か〜。(2021/3/6)

【身の回りの数字】「きのこの山」と「たけのこの里」どっちが高カロリー?
どっちかな?(2021/3/5)

【身の回りの数字】 マクドナルドの200円バーガー、最もカロリーが低いのは?
かなりの接戦。(2021/3/4)

【身の回りの数字】知って得する 「ゴジラ」「キングコング」「ガメラ」公開年が一番早いのは?
特撮ファンには簡単すぎるかも?(2021/3/3)

【身の回りの数字】知って得する テニスの「グランドスラム(4大大会)」始まったのはいつ?
100年以上の歴史があります。(2021/3/2)

【身の回りの数字】知って得する 「GAFA」の中で最も新しい企業は?
創業時期は案外バラバラです。(2021/3/1)

【身の回りの数字】知って得する ディズニーランドができた年
各国のディズニーランド情報。(2021/2/28)

【身の回りの数字】知って得する 「ポテトL」のカロリーの違い
ポテトがたくさん食べたい気分の日、ありませんか。(2021/2/27)

世界を「数字」で回してみよう(65)番外編:
あの医師がエンジニアに寄せた“なんちゃってコロナウイルスが人類を救う”お話
日本でもいよいよ新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種が始まりました。収束のメドが立たない現状においてワクチンが“希望の光”であることは確かですが、やはり恐怖心はそう簡単に拭い去れるものではありません。あの“轢断のシバタ先生”から、長文のメールが届いたのはそんな時でした。今回も超大作のそれには、現役医師によるワクチンの考察と分析がつづられていたのです。(2021/2/26)

【身の回りの数字】 『ジャンプ』『マガジン』『サンデー』連載中で一番巻数が多いのは?
どの作品かな?(2021/2/26)

医療機器ニュース:
室内空調システムに応用可能な新型コロナウイルスの除去不活化技術
三菱重工サーマルシステムズと北里大学は、酵素・尿素製剤による処理、または紫外線発光ダイオード照射により、新型コロナウイルスを除去、不活性化できることを確認した。(2021/2/25)

【身の回りの数字】知って得する アメリカで最古の炭酸飲料は?
そんなに昔からあったのか……!(2021/2/25)

医療機器ニュース:
薬やワクチンの高速注入を可能にした、ニードルポンプパッチを開発
東北大学は、新開発の多孔性ポーラスマイクロニードルと、電気により流れが発生する性質を利用し、電気式の貼る注射「オール有機ニードルポンプパッチ」を開発した。多量かつ高速の注入と、皮下組織液の高速採取を可能にしている。(2021/2/24)

IKKO、すっぴん&カツラなしの59歳ツルツルたまご肌がかわいいと話題に
チャーミングです。(2021/1/22)

うわさのエイトパック! 「劇団4ドル50セント」長谷川晴奈、148センチの美女が繰り出す“バキバキ腹筋”に反響
ストイックの塊。(2021/1/14)

医療技術ニュース:
ビタミン代謝物を簡単に定量できる超分子バイオセンサーを開発
金沢大学と京都大学は、生体試料中のビタミン代謝物を迅速かつ簡便に定量できる超分子バイオセンサー「P6A」を開発した。検体とP6Aを混合して蛍光測定するだけで、熟練スキルと多大な時間が必要だった従来法と同等の結果を得られる。(2021/1/5)

食いしん坊ライター&編集が行く! フードテックの世界:
宇宙で造ったビールで乾杯 とある町工場が本気で挑む“宇宙醸造”への道
宇宙という無重力空間でのビール醸造に挑戦している町工場がある。名古屋市でバルブやポンプなどの製造を手掛ける高砂電気工業だ。なぜビール造りにチャレンジするのか? 地上と宇宙で醸造方法は違うのか? プロジェクトの担当者に聞いた。(2020/11/2)

製品動向:
陰圧管理が可能なユニットハウスに5坪タイプ、多様なレイアウトに対応
アクティオは2020年4月に発売した仮設型ユニットハウス「仮設陰圧ハウス」の5.0坪タイプを開発した。新タイプは、間仕切りを使用することで、さまざまなレイアウトに変更できる。(2020/10/14)

連絡不備で:
森永製菓が「おいしい大豆プロテイン」500個を自主回収
森永製菓は10月12日、自社で販売している「おいしい大豆プロテイン」を自主回収すると発表した。一部商品で、パッケージに記載した成分が配合されていないことが判明したという。(2020/10/13)

34キロ減のゆりやんレトリィバァ、イチオシの“健康カレー”作りに挑戦 ダイエット成功の秘訣は「カロリーあってもいいものを」
ダイエットの一歩は意識改革から。(2020/9/2)

医療技術ニュース:
新型コロナウイルスを検出する超高感度抗原検査法を開発
早稲田大学は、新型コロナウイルスの検出において、従来のPCR検査の手法を大幅に簡略化した「超高感度抗原検査法」を開発した。ウイルス検出感度が高い上に、安価で迅速に検査結果を得られる。(2020/9/2)

医療技術ニュース:
オリーブ油の成分が大動脈解離を抑える分子機序の一部を解明
東京大学と山梨大学は、脂質を代謝する酵素群の生体内機能に関する研究から、血管内皮細胞から分泌される脂質分解酵素がオレイン酸を作り出し、大動脈解離を防ぐ役割を持つことを発見した。(2020/7/22)

高橋メアリージュン、6日の断食で体重3キロ減を報告 “ジョジョ立ち”で抜群なスタイルを披露
キレッキレだ。(2020/6/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。