ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「エポック社」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「エポック社」に関する情報が集まったページです。

ラジカセがトートバッグに、カセットテープがポーチに変身! インパクト抜群のファッション小物がカプセルトイに登場
ラジカセトートの外ポケットにカセットポーチが入るなど、組み合わせる楽しみも。(2021/4/8)

シルバニアのハッピーセット、16日から 第1弾は文房具 予告ツイートで話題に
日本マクドナルドの「ハッピーセット」に「シルバニアファミリー」が登場する。文房具など8種にシークレット1種を加えた全9種。(2021/4/8)

ハンバーガーセットに変身したシルバニアの赤ちゃんが食べたちゃいたいかわいさ 公式ショップで4月10日から限定発売
ユニークなコスチュームがなんともかわいい!(2021/4/6)

今度のハッピーセットはシルバニアファミリー!? マクドナルド公式の予告ツイートにファン歓喜「きたーー!」「買いに行かないと!!」
ハッキリ明言こそされていませんが、どう見ても……!(2021/4/5)

今度のハッピーセット? 別商品の画像がTwitterで出回る
ハッピーセットの予告ツイートが「シルバニアファミリーか」と注目を集めた。しかし別商品の画像を使ったツイートも見受けられる。(2021/4/5)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
2500円ガチャ時代到来!? 激化するカプセルトイ市場は次なるステージへ
500円のカプセルトイにも驚きましたが……。(2021/4/1)

シルバニアファミリーに“ロングヘア”のポニーの女の子が仲間入り シリーズ初のヘアアレンジ遊びができる「おしゃれにスタイリング! ビューティーヘアサロン」発売
さらさらの金髪がインパクトある。(2021/3/5)

材料技術:
機械学習を適用し、超合金粉末の製造条件を数回の試行で最適化
物質・材料研究機構は、機械学習を適用することで、航空機エンジン用材料として有望なNi-Co基超合金の高品質粉末を、高い収率で生産できる条件を探索することに成功した。複雑な製造条件を数回の試行で最適化し、粉末の製造コストを削減する。(2020/12/10)

産業用AR活用:
現場と遠隔地をつなぐ、ARを活用したリアルタイム遠隔支援「Vuforia Chalk」
withコロナの時代において、現地対応を余儀なくされる従業員/スタッフの安全と顧客ニーズの双方を満たす、新たなコミュニケーション手段が求められている。その解決策としてPTCは、リアルタイム遠隔支援「Vuforia Chalk」を訴求する。その特長、活用メリットとは?(2020/12/10)

3Dプリンタニュース:
スパコン「富岳」の研究成果から生まれたフェイスシールド、設計データを公開
凸版印刷とサントリー酒類は、理化学研究所(理研)のスーパーコンピュータ「富岳」の研究成果を基に開発した「飲食用フェイスシールド」の設計情報をオープンデータとして公開した。(2020/12/9)

CAEニュース:
航空機向け機械式動力伝達装置サプライヤーがSPDM基盤に「SimManager」を採用
MSC Softwareは、航空機の機械式動力伝達システムを手掛けるフランスのSafran Transmission Systemsが同社のシミュレーションプロセスおよびデータ管理(SPDM)プラットフォーム「SimManager」を採用したことを発表した。(2020/12/9)

アイデアを「製品化」する方法、ズバリ教えます!(2):
一度決めると簡単には変更できない!? 「製品化の日程」を検討する際のポイント
自分のアイデアを具現化し、それを製品として世に送り出すために必要なことは何か。素晴らしいアイデアや技術力だけではなし得ない、「製品化」を実現するための知識やスキル、視点について詳しく解説する。第2回のテーマは「製品化の日程」だ。製品化までの日程は、多くの関係者と調整し、展示会や法規制認証申請などの予定も考慮しながら慎重に検討しなければならない。日程検討の基本的なポイントについて詳しく見ていこう。(2020/12/9)

3Dプリンタニュース:
自動車部品を忠実に再現してパーツ設計を効率化、VWによる3Dプリンタ活用
ストラタシス・ジャパンは、Volkswagen(フォルクスワーゲン)がフルカラー&マルチマテリアル対応のPolyJet方式3Dプリンタ「Stratasys J850」を2台導入したことを発表した。(2020/12/8)

CAE最前線:
「富岳」で新型コロナ飛沫の大量計算を実施、感染リスクはどこにある?
理化学研究所のスパコン「富岳」を用い、コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する飛沫の飛散シミュレーションが実施されている。理化学研究所が独自開発する流体シミュレーションソフトウェア「CUBE」による飛散シミュレーションの概要、注目すべき結果などについて、理化学研究所 計算科学研究センター チームリーダー/神戸大学大学院システム情報学研究科 教授の坪倉誠氏に話を聞いた。(2020/12/8)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(7):
いまさら聞けない 3Dプリンタの後処理
3Dプリンタや3Dスキャナ、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第7回は、造形終了後の“後処理”にフォーカスし、その手順について詳しく解説する。(2020/12/7)

製造業DX推進のカギを握る3D設計(5):
3Dデジタルツインを再考する
日本の製造業が不確実性の高まる時代を生き抜いていくためには、ITを活用した企業の大変革、すなわち「デジタルトランスフォーメーション(DX)」への取り組みが不可欠だ。本連載では「製造業DX推進のカギを握る3D設計」をテーマに、製造業が進むべき道を提示する。第5回は製造業の新しい働き方を実現する有効な手段であり、それを支える「3Dデジタルツイン」について再考する。(2020/12/2)

ノスタルジー誘いまくる「寝台特急」のカプセルトイ登場、「カシオペア」「北斗星」など全12種類
「光り具合が昭和っぽくていい」などと早速話題です。(2020/10/9)

「バーコードバトラー」初のミニチュア化! 「野球盤」や「ドンケツゲーム」など懐かしいゲームがカプセルトイに
そこら辺のバーコードかき集めて怒られた記憶。(2020/10/6)

黒電話をジ〜コロロと回せるカプセルトイに第2弾 懐かしい音と感触を再現
「ボタンを押す」じゃなくて「ダイヤルを回す」って言っちゃうみんなー!(2020/9/8)

シルバニア赤ちゃんは、あなたを待っている――シルバニアファミリーの赤ちゃんのかわいさをめいっぱいお伝えするコラム
かわいい赤ちゃんの写真で癒されていってね。(2020/7/4)

やすこーんの「くらしの鉄道」:
あぁ懐かしの「いい旅チャレンジ20000km」 令和のデジタル環境で国鉄時代の濃いアナログゲームやってみた
「あの頃」にマジ参戦していた達人の皆さんをお呼びして、いざ! ……ホントにできるのか?(2020/6/24)

90歳の「ゲーマーおばあちゃん」がギネス世界記録に認定 「『GTA V』は楽しいですよ」「ゲームを覚えて人生バラ色」
こんな老後に憧れる。(2020/5/19)

つなぎまくりたい プラグを電源タップに差し込んで遊べるカプセルトイ「配線の世界」
実用的な6個口タップもあります。(2020/5/20)

シルバニアファミリーの「みつごちゃん」用のベッド、ベビーカー、お世話セットが登場 小さくてかわいすぎる赤ちゃんの暮らしを見守りたい
「かわいい」しか言葉が出ない。(2020/2/11)

道端で見かける「ボロボロになった三角コーン」のカプセルトイ発売 黒ずみや穴あき、軍手被りを再現
なぜか欲しくなる。(2020/2/2)

黒電話を「ジーコジーコ」回せるカプセルトイ あの感触と音を再現
昭和の思い出。(2020/1/10)

メカ設計 年間ランキング2019:
暑いぞ熊谷! ニコンの熱いモノづくり、戦い激しいガチャ市場、意匠法は今風に
2019年に公開したメカ設計フォーラムの全記事を対象とした「人気記事ランキング TOP10」(集計期間:2019年1月1日〜12月22日)をご紹介します。(2019/12/25)

電子ブックレット(メカ設計):
カプセルトイ開発の舞台裏、エポック社が推進する3Dツール活用
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、老舗玩具メーカーであるエポック社のカプセルトイ事業の取り組みと3Dツール活用について取り上げた記事「エポック社のカプセルトイが攻め過ぎている理由」をお送りします。(2019/12/23)

メカ設計メルマガ 編集後記:
ニコンの金属3Dプリンタ/エポック社のカプセルトイ/意匠法大改正 〜メカ設計の2019年を振り返る【取材記事編】〜
おかげさまで2019年もたくさんの記事を掲載することができました!(2019/12/3)

3Dプリンタニュース:
フルカラー&マルチマテリアル対応3Dプリンタの新製品「Stratasys J850」登場
ストラタシス・ジャパンは、フルカラー&マルチマテリアル対応のPolyJet方式3Dプリンタの新製品「Stratasys J850」を発表。これに併せて年次イベント「ストラタシス 3Dプリンティングフォーラム 2019」の会場で実機の展示デモを披露した。(2019/11/1)

寡占市場での勝ち残り術:
エポック社のカプセルトイが攻め過ぎている理由【後編】
エポック社のカプセルトイ「カプセルトイができるまで」をご存じでしょうか。成形金型、塗装用のマスク型とスプレーガン、そして梱包用の段ボールと、実際のカプセルトイができるまでの各工程をミニチュア化した製品。そんな斜め上を行く「カプセルトイができるまで」の誕生秘話やカプセルトイづくりの難しさについて、担当者に話を聞いてきました。(2019/10/8)

寡占市場での勝ち残り術:
エポック社のカプセルトイが攻め過ぎている理由【前編】
エポック社のカプセルトイ「カプセルトイができるまで」をご存じでしょうか。成形金型、塗装用のマスク型とスプレーガン、そして梱包用の段ボールと、実際のカプセルトイができるまでの各工程をミニチュア化した製品。そんな斜め上を行く「カプセルトイができるまで」の誕生秘話やカプセルトイづくりの難しさについて、担当者に話を聞いてきました。(2019/10/3)

メカ設計メルマガ 編集後記:
ぐるぐる巻きのセロハンテープに込められた玩具メーカーの思い
成形金型のカプセルトイなんて……絶対買うヤツじゃん!(2019/9/24)

活用事例から学ぶ:
PR:“一歩踏み込んだ”3Dプリンタ活用、エポック社とGROOVE Xによるモノづくり変革
単なる形状確認レベルの試作ではない、モノづくりの在り方そのものを変えるような3Dプリンタ活用の事例として、株式会社エポック社の「シルバニアファミリー」と、GROOVE X株式会社の「LOVOT」の開発における取り組みを紹介する。また、3Dプリンタ活用のステップアップのきっかけとして最適な造形サービス「DFP(Digital Factory Portal)」についても触れる。(2019/8/27)

「また狂ってるガチャが出てた」 “カプセルトイを作る過程そのもの”をカプセルトイ化したカプセルトイが登場
そしてさらなる高次元へ。(2019/8/29)

ぬいぐるみにつける? スタンドで飾る? メガネのカプセルトイ「アイウェアコレクションネオ」にメガネ派大歓喜
テンプルはもちろん動きます。(2019/8/2)

よみがえるお道具箱の記憶……! カプセルトイ「トーヨー教育おりがみポーチ&トート・巾着」にノスタルジーが止まらない
「教育おりがみ」とほぼ同じサイズです。(2019/8/2)

3Dプリンタニュース:
治具作成の内製化により、低コストで安定造形できる3Dプリンタ
ミマキエンジニアリングは、FFF方式の3Dプリンタ「3DFF-222」を2019年4月末に発売する。同プリンタを使用してプリント治具の作成を内製化できるため、低コストで安定した造形ができる。(2019/4/8)

3Dプリンタニュース:
Stratasys、F123シリーズにデスクトップ型3Dプリンタ「F120」を追加
ストラタシス・ジャパンは、産業用途向けのFDM(熱溶解積層)方式3Dプリンタ「F123シリーズ」の新製品「F120」の販売開始を発表した。(2019/4/4)

3Dプリンタニュース:
XYZプリンティングがフルカラー3Dプリンタの“コンパクト版”を販売
XYZプリンティングジャパンは、FFF(熱溶解樹脂積層)方式フルカラー3Dプリンタ「ダヴィンチ Color」のコンパクト版「ダヴィンチ Color mini」の販売を2019年4月8日から開始すると発表した。(2019/4/4)

3Dプリンタニュース:
Formlabs、SLA方式の最新技術LFSプロセス搭載の3Dプリンタ「Form 3/3L」を発表
Formlabsは、光造形(SLA)方式の最新技術であるLFS(Low Force Stereolithography)プロセスを搭載した新製品「Form 3」と「Form 3L」の2機種を発表した。(2019/4/3)

シーメンスPLMソフトウェア:
産業用3Dプリント技術の本格活用に不可欠な4つの条件
金属3Dプリンタをはじめとする産業用Additive Manufacturing(AM:積層造形)技術を本格的かつ大規模に活用し、真の価値を引き出すためには? シーメンスPLMソフトウェアがそのポイントを解説した。(2019/3/20)

大学によくある机と椅子のセットをミニチュア化 たくさん集めて講義室を再現できる「講義室の椅子」がカプセルトイで登場
座面固くて長時間座ってるのツラくなるタイプ。(2019/3/18)

本当に動く! 野球盤にポカポンゲーム……エポック社の懐かしアナログゲーム7種がちっちゃいカプセルトイに
デパートの展示品で遊んでは親にねだったものです(遠い目)。(2019/3/17)

JAID 1kg展 レポート:
変わりゆくクルマのインテリア、JAID「1kg展」の3Dプリント作品が示すその先
国内自動車メーカー7社のインテリアデザイナーが参加するJAIDが2019年1月12〜25日にかけて3Dプリント作品の展示会「1kg展」を開催した。CASE時代を迎え、人とクルマの間にあるインタフェースでもあるインテリアは、エクステリア以上に大きく変わろうとしている。1kg展ではどのようなインテリアの未来が示されたのだろうか。(2019/3/12)

DMS2019:
すごいでっしゃろ感はなくなった3Dプリンタ、久々に来たから感じた空気の変化
3Dプリンタ関連の展示ブースは、これまでは「設計・製造ソリューション展(DMS)」の一部だったが、今回から「次世代3Dプリンタ展」と銘打って独立した展示会として開催。工業デザイナーによる展示会レポートをお届け。(2019/3/4)

高知県でレトロゲーム展示イベント開催 「PONG」「ブロック崩し」から「ドリームキャスト」まで
実際に遊べる実機デモも用意されます。(2019/2/21)

第1回 次世代3Dプリンタ展:
小さくても高性能、個人利用も意識したフルカラー3DプリンタをXYZが投入
XYZプリンティングジャパンは「第1回 次世代3Dプリンタ展」に出展し、FFF(熱溶解樹脂積層)方式フルカラー3Dプリンタの新製品「ダヴィンチ Color mini」を発表した。本体サイズの小型化と低価格化を実現しながらも、高精度なフルカラー造形が可能だという。(2019/2/14)

第1回 次世代3Dプリンタ展:
Stratasys、金属3Dプリンタの常識を覆す次世代AM技術「LPMテクノロジー」を訴求
ストラタシス・ジャパンは「第1回 次世代3Dプリンタ展」において、次世代メタルAM技術「LPM(Layered Powder Metallurgy)テクノロジー」を用いて造形したサンプルパーツを初公開した。これまで樹脂材料に特化した3Dプリンタ製品を展開してきた同社が、金属積層造形市場にも本格展開する構えを見せる。(2019/2/13)

DMS2019:
紙で作るフルカラー3Dプリンタ、安くて造形物も可燃物として捨てられる
伊藤忠マシンテクノスは、「第1回 次世代3Dプリンタ展」に出展し、紙を材料に使うMcor Technologies製の3Dプリンタ「ArkePro」を披露した。(2019/2/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。